1 ぼくら ふたり ミルン アラン・アレクザンダー(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
2 妖人ゴング 江戸川 乱歩
3 帰依と復活 亀井 勝一郎
4 雨瀟瀟 永井 荷風
5 妾の会つた男の人人 伊藤 野枝
6 雪と血と煙草の進軍 三好 十郎
7 無機物地帯 仲村 渠
8 文明史上の一新紀元 大隈 重信
9 野菊の花 小川 未明
10 人間再建 ——ある病青年の告白—— 北条 民雄
11 永井荷風 佐藤 春夫
12 とうげの茶屋 小川 未明
13 月とあざらし 小川 未明
14 育て力づよく 田村 乙彦
15 スポーツの科学 中谷 宇吉郎
16 しらかばの木 小川 未明
17 沈め 仲村 渠
18 現代学生立身方法 大隈 重信
19 北の冬 小川 未明
20 既成宗教の外 与謝野 晶子
21 汽車は走る 小川 未明
22 鬼哭寺の一夜 夏目 漱石
23 上方者の啖呵 村上 浪六
24 英国の物理学界と物理学者 中谷 宇吉郎
25 浮世絵の鑑賞 永井 荷風
26 磯清水 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
27 北条 民雄
28 赤い鳥居 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
29 美食七十年の体験 北大路 魯山人
30 質屋の小僧 宇野 浩二
31 木菟俗見 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
32 洪川禅師のことども 鈴木 大拙
33 一握の砂 石川 啄木
34 我らの哲学 丘 浅次郎
35 緑雨と一葉 伊庭 心猿
36 乱歩分析 大下 宇陀児
37 世の中へ出る子供たち 小川 未明
38 物語の絵画化についてなど 亀井 勝一郎
39 民族の発展と理科 丘 浅次郎
40 風船虫 小川 未明
41 ひばりのおじさん 小川 未明
42 独り碁 中 勘助
43 母の心 小川 未明
44 箱根の山 田中 英光
45 鼠の湯治 中谷 宇吉郎
46 日本歴史の特性 津田 左右吉
47 日本精神について 津田 左右吉
48 二百十日 小川 未明
49 波荒くとも 小川 未明
50 仲村 渠