1 福翁自伝 02 福翁自伝 福沢 諭吉
2 人類の生存競争 丘 浅次郎
3 クリスマス・カロル ディケンズ チャールズ(著者) / 森田 草平(翻訳者)
4 種山ヶ原 宮沢 賢治
5 銭形平次捕物控 241 人違い殺人 野村 胡堂
6 銭形平次捕物控 243 猿回し 野村 胡堂
7 銭形平次捕物控 242 腰抜け彌八 野村 胡堂
8 銭形平次捕物控 245 春宵 野村 胡堂
9 銭形平次捕物控 246 万両分限 野村 胡堂
10 銭形平次捕物控 269 小判の瓶 野村 胡堂
11 銭形平次捕物控 248 屠蘇の杯 野村 胡堂
12 谷崎 潤一郎
13 二つの絵 芥川竜之介の回想 小穴 隆一
14 露伴先生と神仙道 中谷 宇吉郎
15 東洋文化、東洋思想、東洋史 津田 左右吉
16 銭形平次捕物控 287 血塗られた祝言 野村 胡堂
17 〔『支那思想と日本』初版〕まえがき 津田 左右吉
18 教育と迷信 丘 浅次郎
19 (概念が明白となれば) 中原 中也
20 (女) 中原 中也
21 妾の会つた男の人々(野依秀一、中村弧月印象録) 伊藤 野枝
22 水浴び 仲村 渠
23 冒険 仲村 渠
24 仲村 渠
25 灰色の巨人 江戸川 乱歩
26 戦争はぼくをおとなにした 小川 未明
27 銭形平次捕物控 249 富士見の塔 野村 胡堂
28 盂蘭盆 北条 民雄
29 ある夏の日のこと 小川 未明
30 僧堂教育論 鈴木 大拙
31 娘の結婚 中谷 宇吉郎
32 夜の進軍らっぱ 小川 未明
33 村へ帰った傷兵 小川 未明
34 光ノミ 北原 白秋
35 ナリン殿下への回想 橘 外男
36 北原 白秋
37 長崎留学 中谷 宇吉郎
38 独愁 相馬 御風
39 少年少女におくる言葉 会津 八一
40 孤座 相馬 御風
41 彼のオートバイ、彼女の島 片岡 義男
42 学規 会津 八一
43 母子叙情 岡本 かの子
44 或敵打の話 芥川 竜之介
45 子規居士と余 高浜 虚子
46 銭形平次捕物控 239 群盗 野村 胡堂
47 銭形平次捕物控 238 恋患い 野村 胡堂
48 銭形平次捕物控 236 夕立の女 野村 胡堂
49 銭形平次捕物控 237 毒酒薬酒 野村 胡堂
50 銭形平次捕物控 233 鬼の面 野村 胡堂