1 ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺 温
2 ア、秋 太宰 治
3 ああ玉杯に花うけて 佐藤 紅緑
4 アーサー王物語 テニソン アルフレッド(著者) / 菅野 徳助(翻訳者) / 奈倉 次郎(翻訳者)
5 「ああしんど」 池田 蕉園
6 ああ東京は食い倒れ 古川 緑波
7 アーニイ・パイルの前に立ちて 小林 一三
8 あゝ二十年 やっと御下命画を完成した私のよろこび 上村 松園
9 R漁場と都の酒場で 牧野 信一
10 岡本 かの子
11 宮本 百合子
12 I Am Not A Poet, But I Am A Poet. 牧野 信一
13 藍色の蟇 大手 拓次
14 I駅の一夜 中谷 宇吉郎
15 「愛怨峡」における映画的表現の問題 宮本 百合子
16 哀歌 森川 義信
17 藍瓶 田中 貢太郎
18 相川おけさ 江南 文三
19 I can speak 太宰 治
20 愛卿伝 田中 貢太郎
21 愛国歌小観 斎藤 茂吉
22 『愛国心』私はこう思う 知里 真志保
23 愛国百人一首に関連して 斎藤 茂吉
24 愛国百人一首評釈 斎藤 茂吉
25 愛護若 折口 信夫
26 愛妻家の一例 岸田 国士
27 哀詞序 北村 透谷
28 哀詩数篇 漢那 浪笛
29 逢状 吉井 勇
30 愛書癖 辰野 隆
31 愛人と厭人 宮原 晃一郎
32 合図の旗 宮本 百合子
33 愛する人達 林 芙美子
34 愛読作家についての断片 平林 初之輔
35 愛読した本と作家から 黒島 伝治
36 愛読書の印象 芥川 竜之介
37 愛と婚姻 泉 鏡花
38 「愛と死」 宮本 百合子
39 愛と認識との出発 倉田 百三
40 愛と美について 太宰 治
41 愛と平和を理想とする人間生活 宮本 百合子
42 愛に就ての問題 小川 未明
43 アイヌ語学 知里 真志保
44 アイヌ語のおもしろさ 知里 真志保
45 アイヌ宗教成立の史的背景 知里 真志保
46 アイヌ神謡集 作者不詳 (著者) / 知里 幸恵(編者)
47 アイヌ族の俚謡 知里 真志保
48 愛の詩集 01 孝子実伝 萩原 朔太郎
49 愛の詩集 02 愛の詩集のはじめに 北原 白秋
50 愛の詩集 03 愛の詩集 室生 犀星
51 愛の詩集 04 愛の詩集の終りに 萩原 朔太郎
52 愛の為めに 甲賀 三郎
53 愛の問題(夫婦愛) ——生命の法に随う—— 倉田 百三
54 愛は神秘な修道場 宮本 百合子
55 愛は、力は土より 中沢 臨川
56 あいびき ツルゲーネフ イワン(著者) / 二葉亭 四迷(翻訳者)
57 あひびき 林 芙美子
58 あひびき 堀 辰雄
59 あいびき 堀 辰雄
60 「あひびき」に就て 蒲原 有明
61 愛撫 梶井 基次郎
62 藍微塵の衣服 田中 貢太郎
63 愛よ愛 岡本 かの子
64 アインシュタイン 寺田 寅彦
65 アインシュタインの教育観 寺田 寅彦
66 アインシュタイン博士のこと 長岡 半太郎
67 Ein Zwei Drei 堀 辰雄
68 阿英 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
69 青い石とメダル 小川 未明
70 青い顔 三島 霜川
71 青い顔かけの勇士 鈴木 三重吉
72 青い草 小川 未明
73 青い絨毯 坂口 安吾
74 青い時計台 小川 未明
75 青い花の香り 小川 未明
76 葵原夫人の鯛釣 佐藤 垢石
77 青い紐 田中 貢太郎
78 青い紐 田中 貢太郎
79 青い服の列 西村 陽吉
80 青い風呂敷包 大倉 燁子
81 青いポアン 神西 清
82 青い星の国へ 小川 未明
83 青いボタン 小川 未明
84 青い焔 北条 民雄
85 青い窓 桜間 中庸
86 青い眼鏡 野村 胡堂
87 青い眼の人形 野口 雨情
88 青いゆき 萩原 朔太郎
89 蒼馬を見たり 01 序 石川 三四郎
90 蒼馬を見たり 02 序 辻 潤
91 蒼馬を見たり 03 蒼馬を見たり 林 芙美子
92 青鬼の褌を洗う女 坂口 安吾
93 青鱚脚立釣 佐藤 垢石
94 青木の出京 菊池 寛
95 青草 十一谷 義三郎
96 蒼白い月 徳田 秋声
97 青白き公園 牧野 信一
98 蒼白き巣窟 室生 犀星
99 青白き夢 素木 しづ
100 「青白き夢」序 森田 草平
101 青水仙、赤水仙 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
102 「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
103 青空同人印象記(大正十五年六月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
104 『青空』のことなど 梶井 基次郎
105 青空の梯子 原 民喜
106 青空のリスタート 富田 倫生
107 青空文庫の提案 青空文庫
108 青空文庫ものがたり インターネット図書館の開設から今日まで 野口 英司(著者) / 宮川 典子(著者)
109 青田は果なし 宮本 百合子
110 青猫 萩原 朔太郎
111 「青猫」について 堀 辰雄
112 青葉の下 小川 未明
113 〔青びかる天弧のはてに〕 宮沢 賢治
114 青ひげ ペロー シャルル(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
115 青服の男 甲賀 三郎
116 青森 太宰 治
117 青森 太宰 治
118 青柳教諭を送る 宮沢 賢治
119 青山菊栄様へ 伊藤 野枝
120 阿霞 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
121 赤い牛 田中 貢太郎
122 赤い煙突 渡辺 温
123 赤い貨車 宮本 百合子
124 赤いカブトムシ 江戸川 乱歩
125 赤いガラスの宮殿 小川 未明
126 赤い着物 横光 利一
127 赤いくつ アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
128 あかい雲 小川 未明
129 赤い婚礼 小泉 八雲(著者) / 林田 清明(翻訳者)
130 赤い魚と子供 小川 未明
131 赤い玉 楠山 正雄
132 赤い土の壺 田中 貢太郎
133 赤い壺 種田 山頭火
134 赤い壺(三) 種田 山頭火
135 赤い壺(二) 種田 山頭火
136 赤い手 国枝 史郎
137 赤い手袋 小川 未明
138 赤い電車 桜間 中庸
139 赤い鳥 鈴木 三重吉
140 赤い鳥 小川 未明
141 赤いねこ 沖野 岩三郎
142 赤い旗 槙本 楠郎
143 赤い花 田中 貢太郎
144 赤い斑紋 北条 民雄
145 赤い姫と黒い皇子 小川 未明
146 赤い船 小川 未明
147 赤い船とつばめ 小川 未明
148 赤い船のお客 小川 未明
149 赤い部屋 江戸川 乱歩
150 赤い実 小川 未明
151 〈あかい、やさしい はなもやうが〉 村山 籌子
152 赤い蝋燭 新美 南吉
153 赤いろうそくと人魚 小川 未明
154 赤い蝋燭と人魚 小川 未明
155 赤い腕章 ——俺らの警備隊に贈る—— 波立 一
156 赤絵鉢 柳 宗悦
157 『赤鬼』の作者阪中正夫君 岸田 国士
158 赤蛙 島木 健作
159 赤げっと 支那あちこち 国枝 史郎
160 赤毛連盟 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
161 赤格子九郎右衛門 国枝 史郎
162 赤格子九郎右衛門の娘 国枝 史郎
163 赤坂城の謀略 国枝 史郎
164 明石鯛に優る朝鮮の鯛 北大路 魯山人
165 アカシヤと桑 桜間 中庸
166 アカシヤの花 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
167 赤ずきんちゃん グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
168 赤ちやん 平山 千代子
169 暁と夕の詩 立原 道造
170 赤土へくる子供たち 小川 未明
171 アカデミイの書取 岸田 国士
172 赤とピンクの世界 片山 広子
173 赤とんぼ 新美 南吉
174 茜蜻蛉 牧野 信一
175 赤旗事件の回顧 堺 利彦
176 明るい海浜 宮本 百合子
177 明るい顔 仲村 渠
178 明るい工場 宮本 百合子
179 「明るい文学」について 岸田 国士
180 明るき世界へ 小川 未明
181 明るく・暗く 牧野 信一
182 明るすぎる月 仲村 渠
183 あかんぼの首 田中 貢太郎
184 芥川 竜之介
185 萩原 朔太郎
186 蔵原 伸二郎
187 あきあはせ 樋口 一葉
188 秋が きました 小川 未明
189 秋風 飯田 蛇笏
190 秋風 宮本 百合子
191 秋が深い頃だ 牧野 信一
192 秋霧 宮本 百合子
193 秋草 島崎 藤村
194 秋草と虫の音 若山 牧水
195 秋草の顆 佐左木 俊郎
196 秋毛 宮本 百合子
197 晶子鑑賞 平野 万里
198 晶子詩篇全集 与謝野 晶子
199 晶子詩篇全集拾遺 与謝野 晶子
200 秋雨の絶間 牧野 信一
201 秋雨の追憶 岡本 かの子
202 秋空晴れて 吉田 甲子太郎
203 秋田街道 宮沢 賢治
204 空地利用 岸田 国士
205 秋と漫歩 萩原 朔太郎
206 秋 なげかひ 漢那 浪笛
207 秋日記 原 民喜
208 秋の鮎 佐藤 垢石
209 秋の歌 寺田 寅彦
210 秋の暈 織田 作之助
211 秋の鬼怒沼 木暮 理太郎
212 秋の気魄 豊島 与志雄
213 秋の雲 岸田 国士
214 秋の暮 西東 三鬼
215 秋の修善寺 岡本 綺堂
216 秋の小曲 漢那 浪笛
217 秋の対話 岸田 国士
218 秋の筑波山 大町 桂月
219 秋の七草に添へて 岡本 かの子
220 秋の反射 宮本 百合子
221 秋の日 萩原 朔太郎
222 秋の悲歎 富永 太郎
223 秋の瞳 八木 重吉
224 秋の幻 豊島 与志雄
225 秋の夜がたり 岡本 かの子
226 秋の夜 宮本 百合子
227 秋は淋しい 素木 しづ
228 秋晴れの日 牧野 信一
229 空罎 服部 之総
230 秋深き 織田 作之助
231 秋吹く風 今野 大力
232 秋・二日の話 牧野 信一
233 あきまろに答ふ 正岡 子規
234 空家 宮崎 湖処子
235 空家の冒険 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
236 阿Q正伝 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
237 諦らめアネゴ 坂口 安吾
238 諦めている子供たち 坂口 安吾
239 あきらめろと云うが 竹内 浩三
240 悪因縁の怨 江見 水蔭
241 悪妻論 坂口 安吾
242 悪妻論 坂口 安吾
243 悪獣篇 泉 鏡花
244 悪僧 田中 貢太郎
245 〔あくたうかべる朝の水〕 宮沢 賢治
246 芥川賞(第十八回)選評 岸田 国士
247 芥川賞(第二十回)選評 岸田 国士
248 芥川の原稿 室生 犀星
249 芥川の事ども 菊池 寛
250 芥川竜之介歌集 芥川 竜之介
251 芥川竜之介氏を弔ふ 泉 鏡花
252 (芥川竜之介の書翰に就いて) 堀 辰雄
253 芥川竜之介論 ——芸術家としての彼を論ず—— 堀 辰雄
254 アグニの神 芥川 竜之介
255 アグニの神 芥川 竜之介
256 悪人の娘 野村 胡堂
257 悪筆 牧野 信一
258 悪魔 芥川 竜之介
259 悪魔祈祷書 夢野 久作
260 悪魔の尾 宮原 晃一郎
261 悪魔の顔 野村 胡堂
262 悪魔の舌 村山 槐多
263 悪魔の聖壇 平林 初之輔
264 悪魔の宝 豊島 与志雄
265 悪魔の弟子 浜尾 四郎
266 悪魔の紋章 江戸川 乱歩
267 悪夢 原 民喜
268 悪夢 豊島 与志雄
269 悪夢 中村 地平
270 あけがた 宮沢 賢治
271 暁月夜 樋口 一葉
272 あけび 片山 広子
273 アケビ 牧野 富太郎
274 曙覧の歌 正岡 子規
275 赤穂御崎詠草集 桜間 中庸
276 顎十郎捕物帳 01 捨公方 久生 十蘭
277 顎十郎捕物帳 02 稲荷の使 久生 十蘭
278 顎十郎捕物帳 03 都鳥 久生 十蘭
279 顎十郎捕物帳 04 鎌いたち 久生 十蘭
280 顎十郎捕物帳 05 ねずみ 久生 十蘭
281 顎十郎捕物帳 06 三人目 久生 十蘭
282 顎十郎捕物帳 07 紙凧 久生 十蘭
283 顎十郎捕物帳 08 氷献上 久生 十蘭
284 顎十郎捕物帳 09 丹頂の鶴 久生 十蘭
285 顎十郎捕物帳 10 野伏大名 久生 十蘭
286 顎十郎捕物帳 11 御代参の乗物 久生 十蘭
287 顎十郎捕物帳 12 咸臨丸受取 久生 十蘭
288 顎十郎捕物帳 13 遠島船 久生 十蘭
289 顎十郎捕物帳 14 蕃拉布 久生 十蘭
290 顎十郎捕物帳 15 日高川 久生 十蘭
291 顎十郎捕物帳 16 菊香水 久生 十蘭
292 顎十郎捕物帳 17 初春狸合戦 久生 十蘭
293 顎十郎捕物帳 18 永代経 久生 十蘭
294 顎十郎捕物帳 19 両国の大鯨 久生 十蘭
295 顎十郎捕物帳 20 金鳳釵 久生 十蘭
296 顎十郎捕物帳 21 かごやの客 久生 十蘭
297 顎十郎捕物帳 22 小鰭の鮨 久生 十蘭
298 顎十郎捕物帳 23 猫眼の男 久生 十蘭
299 顎十郎捕物帳 24 蠑螈 久生 十蘭
300 太宰 治
301 竹久 夢二
302 牧野 信一
303 田山 花袋
304 朝居の話 牧野 信一
305 朝おき雀 野口 雨情
306 朝起の人達 佐々木 邦
307 朝顔日記の深雪と淀君 上村 松園
308 朝香宮殿下に侍して南アルプスの旅 木暮 理太郎
309 浅草哀歌 北原 白秋
310 浅草紙 寺田 寅彦
311 浅草公園 或シナリオ 芥川 竜之介
312 浅草灯籠 正岡 容
313 浅草の喰べもの 久保田 万太郎
314 浅草を食べる 古川 緑波
315 朝倉一五〇 田中 貢太郎
316 朝御飯 林 芙美子
317 浅瀬に洗う女 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
318 朝に想い、夜に省みる アレン ジェームズ(著者) / アレン リリー・L(編者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
319 朝に就ての童話的構図 宮沢 賢治
320 浅沼稲次郎の三つの代表的演説 浅沼 稲次郎
321 朝の風 宮本 百合子
322 朝の公園 小川 未明
323 朝の話 宮本 百合子
324 朝の山道 桜間 中庸
325 麻畑の一夜 岡本 綺堂
326 浅原六郎抄 牧野 信一
327 旭川から 小熊秀雄氏の印象 宮本 百合子
328 浅間山麓 若杉 鳥子
329 浅間山麓より 寺田 寅彦
330 あさましきもの 太宰 治
331 浅間噴火口 豊島 与志雄
332 浅間山 岸田 国士
333 「浅間山」の序に代へて 岸田 国士
334 浅見淵君に就いて 梶井 基次郎
335 朝飯 島崎 藤村
336 朝やけ 豊島 与志雄
337 朝夕 林 芙美子
338 海豹 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
339 海豹島 久生 十蘭
340 あし 新美 南吉
341 豊島 与志雄
342 吉川 英治
343 亜細亜諸国との和戦は我栄辱に関するなきの説 福沢 諭吉
344 足跡 石川 啄木
345 足跡 石川 啄木
346 足跡 蔵原 伸二郎
347 足迹 徳田 秋声
348 味瓜畑 小熊 秀雄
349 『跫音』の序にかへて 岸田 国士
350 足利時代を論ず 原 勝郎
351 蘆刈 谷崎 潤一郎
352 あじさい 佐藤 春夫
353 紫陽花 泉 鏡花
354 足相撲 嘉村 礒多
355 明日 新美 南吉
356 明日 豊島 与志雄
357 明日はメーデー 槙村 浩
358 足の裏 蘭 郁二郎
359 足のない男と首のない男 坂口 安吾
360 「味の素」発明の動機 池田 菊苗
361 あしびの花 土田 杏村
362 葦笛(一幕) 宮本 百合子
363 あじゃり 室生 犀星
364 味を知るもの鮮し 北大路 魯山人
365 明日 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
366 飛鳥寺 薄田 泣菫
367 梓川の上流 小島 烏水
368 明日咲く花 宮本 百合子
369 明日の劇壇へ 岸田 国士
370 明日の言葉 ルポルタージュの問題 宮本 百合子
371 明日の実力の為に 宮本 百合子
372 明日の知性 宮本 百合子
373 あすは、明日は、 ツルゲーネフ イワン(著者) / 上田 敏(翻訳者)
374 明日は天気になれ 坂口 安吾
375 明日は天気(二場) 岸田 国士
376 明日への新聞 宮本 百合子
377 吾妻鏡の性質及其史料としての価値 原 勝郎
378 明日を創る 婦人民主クラブ発起人のことば 宮本 百合子
379 明日をつくる力 宮本 百合子
380 岡本 かの子
381 畦道 永井 荷風
382 畦道 永井 荷風
383 阿繊 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
384 あそび 森 鴎外
385 遊びの芸術 相馬 御風
386 薄田 泣菫
387 仇討たれ戯作 林 不忘
388 仇討禁止令 菊池 寛
389 仇討三態 菊池 寛
390 安達が原 楠山 正雄
391 あたまでっかち 下村 千秋
392 頭と足 平林 初之輔
393 頭ならびに腹 横光 利一
394 熱海線私語 牧野 信一
395 熱海へ 牧野 信一
396 新しいアカデミアを 旧き大学の功罪 宮本 百合子
397 新しいアジアのために アジア婦人大会によせて 宮本 百合子
398 新しい一夫一婦 宮本 百合子
399 新しい潮 宮本 百合子
400 新しい歌の味ひ 石川 啄木
401 新しい形の個人主義 太宰 治
402 あたらしい憲法のはなし 文部省
403 新しい国語教育の方角 折口 信夫
404 新しい躾 宮本 百合子
405 新しい芝居 岸田 国士
406 新しい神話を追い求めつつ 中井 正一
407 新らしいスローガンについて 今野 大力
408 新しい卒業生の皆さんへ 宮本 百合子
409 新しい抵抗について 宮本 百合子
410 新しい美をつくる心 宮本 百合子
411 新しい婦人の職場と任務 明日の婦人へ 宮本 百合子
412 新しい船出 女らしさの昨日、今日、明日 宮本 百合子
413 新しい文学の誕生 若い人に贈る 宮本 百合子
414 新しき夫の愛 牢獄の夫より妻への愛の手紙 若杉 鳥子
415 新らしき女の道 伊藤 野枝
416 新らしき悲しみにうつる時 漢那 浪笛
417 新しき声 蒲原 有明
418 新しきシベリアを横切る 宮本 百合子
419 新らしき性格感情 坂口 安吾
420 新らしき性格感情 坂口 安吾
421 新しき世界の為めの新しき芸術 大杉 栄
422 新らしき祖先 相馬 泰三
423 新しき大地 宮本 百合子
424 新しき天地 岸田 国士
425 新らしき文学 坂口 安吾
426 新らしき文学 坂口 安吾
427 「あたりまえ」の一人の主婦 宮本 百合子
428 熱い風 牧野 信一
429 熱い砂の上 牧野 信一
430 熱き茶色 宮本 百合子
431 アッシェンプッテル —灰かぶり姫のものがたり— グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
432 アッシャー家の崩壊 ポー エドガー・アラン(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
433 アッタレーア・プリンケプス ガールシン フセヴォロド・ミハイロヴィチ(著者) / 神西 清(翻訳者)
434 あップルパイを グリーナウェイ ケイト(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
435 吾嬬の森 大町 桂月
436 尾形 亀之助
437 あとがき 「夜の道づれ」 三好 十郎
438 あとがき(『朝の風』) 宮本 百合子
439 あとがき(『明日への精神』) 宮本 百合子
440 あとがき〔『いづこへ』〕 坂口 安吾
441 あとがき(『幸福について』) 宮本 百合子
442 あとがき(『作家と作品』) 宮本 百合子
443 あとがき(『伸子』) 宮本 百合子
444 あとがき(『伸子』第一部) 宮本 百合子
445 あとがき(『二つの庭』) 宮本 百合子
446 あとがき(『宮本百合子選集』第一巻) 宮本 百合子
447 あとがき(『宮本百合子選集』第九巻) 宮本 百合子
448 あとがき(『宮本百合子選集』第五巻) 宮本 百合子
449 あとがき(『宮本百合子選集』第三巻) 宮本 百合子
450 あとがき(『宮本百合子選集』第十巻) 宮本 百合子
451 あとがき(『宮本百合子選集』第十一巻) 宮本 百合子
452 あとがき(『宮本百合子選集』第十五巻) 宮本 百合子
453 あとがき(『宮本百合子選集』第七巻) 宮本 百合子
454 あとがき(『宮本百合子選集』第二巻) 宮本 百合子
455 あとがき(『宮本百合子選集』第二巻) 宮本 百合子
456 あとがき(『宮本百合子選集』第八巻) 宮本 百合子
457 あとがき(『宮本百合子選集』第四巻) 宮本 百合子
458 あとがき(『宮本百合子選集』第六巻) 宮本 百合子
459 あとがき(『モスクワ印象記』) 宮本 百合子
460 あとがき ——『おぢいさんのランプ』後書—— 新美 南吉
461 アド・バルーン 織田 作之助
462 アトモス 原 民喜
463 アトリエの印象 岸田 国士
464 黒島 伝治
465 蘭 郁二郎
466 岡本 綺堂
467 あなうさピーターのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
468 あなたの顔 仲村 渠
469 あなたも私も 久生 十蘭
470 兄貴のような心持 ——菊池寛氏の印象—— 芥川 竜之介
471 兄たち 太宰 治
472 兄と弟 宮本 百合子
473 兄の帰朝 小金井 喜美子
474 素木 しづ
475 姉川合戦 菊池 寛
476 姉へ 今野 大力
477 『亜』の回想 梶井 基次郎
478 あの顔 林 不忘
479 あの顔 大倉 燁子
480 あの顔あの声 岸田 国士
481 あのころ ——幼ものがたり—— 上村 松園
482 あの頃の自分の事 芥川 竜之介
483 あの時分 国木田 独歩
484 あのときの王子くん サン=テグジュペリ アントワーヌ・ド(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
485 あの日あの人 岸田 国士
486 あの星はいつ現はれるか 岸田 国士
487 あの世から便りをする話 ——座談会から—— 海野 十三
488 あの世の入口 ——いわゆる地獄穴について—— 知里 真志保
489 アパートの殺人 平林 初之輔
490 あばばばば 芥川 竜之介
491 アヒルサン ト オネコサン 村山 籌子
492 あひるさん と つるさん 村山 籌子
493 あひるさん と 時計 村山 籌子
494 あひるさん と にはとりさん 村山 籌子
495 あひるさん の かみのけ 村山 籌子
496 あひるさん の くつ 村山 籌子
497 あひると猿 寺田 寅彦
498 アブセンス・オブ・マインド 西田 幾多郎
499 虻のおれい 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
500 蝱の囁き ——肺病の唄—— 蘭 郁二郎
501 油絵新技法 小出 楢重
502 油地獄 斎藤 緑雨
503 「油地獄」を読む (〔斎藤〕緑雨著) 北村 透谷
504 アフリカのスタンレー 豊島 与志雄
505 アフリカの文化 和辻 哲郎
506 阿部一族 森 鴎外
507 阿部定さんの印象 坂口 安吾
508 阿部定という女 (浅田一博士へ) 坂口 安吾
509 阿部正雄君のこと 岸田 国士
510 鴉片 芥川 竜之介
511 阿片の味 南部 修太郎
512 鴉片を喫む美少年 国枝 史郎
513 阿宝 田中 貢太郎
514 あほう鳥の鳴く日 小川 未明
515 ウィード グスターフ(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
516 甘い話 岸田 国士
517 天草四郎の妖術 国枝 史郎
518 天草の春 長谷 健
519 甘口辛口 坂口 安吾
520 甘鯛の姿焼き 北大路 魯山人
521 尼たちへの消息 ——よく生きよとの—— 長谷川 時雨
522 天津教古文書の批判 狩野 亨吉
523 尼になった老婆 田中 貢太郎
524 雨夜草紙 田中 貢太郎
525 雨夜続志 田中 貢太郎
526 雨夜の駅 宮城 道雄
527 竹内 浩三
528 織田 作之助
529 正宗 白鳥
530 織田 作之助
531 雨あがり 山之口 貘
532 雨が降って居る 宮本 百合子
533 〈あめがふつてくりや〉 村山 籌子
534 あめくん 村山 籌子
535 飴だま 新美 南吉
536 飴チョコの天使 小川 未明
537 雨と子供 宮本 百合子
538 雨になる朝 尾形 亀之助
539 〔雨ニモマケズ〕 宮沢 賢治
540 雨の歌 山村 暮鳥
541 雨の回想 若杉 鳥子
542 雨の上高地 寺田 寅彦
543 雨の上高地 寺田 寅彦
544 雨の小やみ 宮本 百合子
545 雨の玉川心中 01 太宰治との愛と死のノート 山崎 富栄
546 雨の玉川心中 02 遺書 太宰 治(著者) / 山崎 富栄(著者)
547 雨の日 宮本 百合子
548 雨の日 辰野 隆
549 雨の日に香を燻く 薄田 泣菫
550 雨の昼 宮本 百合子
551 雨の降る日 (兄のうたへる) 萩原 朔太郎
552 「雨の降る日は天気が悪い」序 土井 晩翠
553 雨の宿 岩本 素白
554 雨の夜 樋口 一葉
555 雨ばけ 泉 鏡花
556 雨ふり坊主 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
557 雨宮紅庵 坂口 安吾
558 あめやさん 村山 籌子
559 雨夜詞 田中 貢太郎
560 亜米利加 今野 大力
561 アメリカ我観 宮本 百合子
562 アメリカ人に問う 三好 十郎
563 アメリカ独立宣言 ジェファーソン トマス(著者) / 福沢 諭吉(翻訳者)
564 アメリカの牛豚 北大路 魯山人
565 アメリカ文化の問題 パール・バックの答に寄せて 宮本 百合子
566 アメリカ文士気質 宮本 百合子
567 あめんちあ 富ノ沢 麟太郎
568 あやかしの鼓 夢野 久作
569 あやしき楽の音 漢那 浪笛
570 怪しき旅僧 田中 貢太郎
571 怪しの者 国枝 史郎
572 怪しの館 国枝 史郎
573 あやつり裁判 大阪 圭吉
574 あやどり 漢那 浪笛
575 あやふやなこと 牧野 信一
576 誤った鑑定 小酒井 不木
577 誤って健康を伝えられた同志たちに 槙村 浩
578 誤まれる姓名の逆列 伊東 忠太
579 鮎釣に過した夏休み 若山 牧水
580 鮎の食い方 北大路 魯山人
581 鮎の試食時代 北大路 魯山人
582 鮎の名所 北大路 魯山人
583 鮎ははらわた 北大路 魯山人
584 鮎を食う 北大路 魯山人
585 荒磯の興味 佐藤 惣之助
586 洗いづくりの美味さ 北大路 魯山人
587 洗いづくりの世界 北大路 魯山人
588 荒雄川のほとり 佐左木 俊郎
589 あらくれ 徳田 秋声
590 寺田 寅彦
591 島崎 藤村
592 あらしの前の木と鳥の会話 小川 未明
593 嵐の夜 小川 未明
594 暴風雨の夜 小酒井 不木
595 新世帯 徳田 秋声
596 アラスカ通信 中谷 宇吉郎
597 アラスカの氷河 中谷 宇吉郎
598 アラスカの氷河 中谷 宇吉郎
599 争われない事実 小林 多喜二
600 新たな世界主義 豊島 与志雄
601 新たなプロレタリア文学 アレゴリーと諷刺 宮本 百合子
602 新たに法学部に入学された諸君へ 末弘 厳太郎
603 改めて民藝について 柳 宗悦
604 曠野 堀 辰雄
605 亜剌比亜人エルアフイ 犬養 健
606 アラビヤンナイト 01 一、アラジンとふしぎなランプ 菊池 寛
607 アラビヤンナイト 03 三、アリ・ババと四十人のどろぼう 菊池 寛
608 アラビヤンナイト 04 四、船乗シンドバッド 菊池 寛
609 アラメダより 沖野 岩三郎
610 あられ笹 宮本 百合子
611 霰ふる 泉 鏡花
612 アラン島 片山 広子
613 有明集 蒲原 有明
614 「有明集」前後 蒲原 有明
615 アリア人の孤独 松永 延造
616 ありがとうございます 宮本 百合子
617 在りし日の歌 亡き児文也の霊に捧ぐ 中原 中也
618 有島さんの死について 宮本 百合子
619 有島氏の死を知って 宮本 百合子
620 有島武郎の死によせて 宮本 百合子
621 アリスの地底めぐり キャロル ルイス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
622 アリスはふしぎの国で キャロル ルイス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
623 アリゾナの女虎 牧 逸馬
624 ありとあらゆるわが思 ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
625 ありときのこ 宮沢 賢治
626 ありや二曲 萩原 朔太郎
627 或る秋の紫式部 岡本 かの子
628 或阿呆の一生 芥川 竜之介
629 或る淫売婦におくる詩 山村 暮鳥
630 ある宇宙塵の秘密 海野 十三
631 或る嬰児殺しの動機 佐左木 俊郎
632 ある男と無花果 小川 未明
633 ある男と牛の話 小川 未明
634 或る男の恋文書式 岡本 かの子
635 ある男の死 岡本 かの子
636 或る男の手記 豊島 与志雄
637 ある男の堕落 伊藤 野枝
638 ある親子の問答(一幕) 岸田 国士
639 或る女 林 芙美子
640 或る女 1(前編) 有島 武郎
641 或る女 2(後編) 有島 武郎
642 或女友達への手紙 リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
643 「或る女」についてのノート 宮本 百合子
644 ある女の裁判 伊藤 野枝
645 或る女の手記 豊島 与志雄
646 ある女の生涯 島崎 藤村
647 或外国の公園で 堀 辰雄
648 ある回想から 宮本 百合子
649 或る画家の祝宴 宮本 百合子
650 ある崖上の感情 梶井 基次郎
651 或敵打の話 芥川 竜之介
652 ある完全犯罪人の手記 酒井 嘉七
653 ある神主の話 田中 貢太郎
654 或旧友へ送る手記 芥川 竜之介
655 或教授の退職の辞 西田 幾多郎
656 歩くこと 三好 十郎
657 或る国のこよみ 片山 広子
658 ある幻想曲の序 寺田 寅彦
659 ある恋の話 菊池 寛
660 ある抗議書 菊池 寛
661 ある幸福 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
662 或る五月の朝の話 牧野 信一
663 ある心の風景 梶井 基次郎
664 或る心持よい夕方 宮本 百合子
665 或る作家の厄日 豊島 与志雄
666 ある自殺者の手記 モーパッサン ギ・ド(著者) / 秋田 滋(翻訳者)
667 ある自殺者の手記 小酒井 不木
668 ある思想家の手紙 和辻 哲郎
669 ある死、次の死 佐佐木 茂索
670 或社会主義者 芥川 竜之介
671 或る少女の死まで 室生 犀星
672 ある職工の手記 宮地 嘉六
673 或る精神異常者 ルヴェル モーリス(著者) / 田中 早苗(翻訳者)
674 ある僧の奇蹟 田山 花袋
675 或る素描 豊島 与志雄
676 ある探偵事件 寺田 寅彦
677 或る探訪記者の話 平林 初之輔
678 或る忠告 太宰 治
679 ある手紙 原 民喜
680 あるとき 長谷川 時雨
681 ある時 今野 大力
682 老ハイデルベルヒ 太宰 治
683 『老ハイデルベルヒ』序 太宰 治
684 ある夏の日のこと 小川 未明
685 あるニュウ・フェイスへの手紙 岸田 国士
686 或る農学生の日誌 宮沢 賢治
687 或るハイカーの記 牧野 信一
688 或売笑婦の話 徳田 秋声
689 或る母の話 渡辺 温
690 ある日 陀田 勘助
691 或日 宮本 百合子
692 或る日 宮本 百合子
693 或る日の運動 牧野 信一
694 「或る日の運動」の続き 牧野 信一
695 或日の大石内蔵助 芥川 竜之介
696 ある日の経験 寺田 寅彦
697 ある日の午後 小川 未明
698 或る日の小せん 吉井 勇
699 ある日の先生と子供 小川 未明
700 或る日の対話 豊島 与志雄
701 或る日の動物園 岸田 国士
702 或る批評 岸田 国士
703 或る風潮について 岸田 国士
704 ある夫婦の歴史 岸田 国士
705 或るまどんなに 西班牙風の奉納物 ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
706 あるまりの一生 小川 未明
707 或る部落の五つの話 佐左木 俊郎
708 ある村の素人劇団 岸田 国士
709 ある眼 竹久 夢二
710 ある遊郭での出来事 公娼存廃論者への参考資料としての実例 若杉 鳥子
711 或る夜の武田麟太郎 豊島 与志雄
712 ある夜の星たちの話 小川 未明
713 或夜 永井 荷風
714 ある夜 竹内 浩三
715 ある夜、ある宵 今野 大力
716 或良人の惨敗 佐々木 邦
717 あるるかんの死 森川 義信
718 ある歴史に就て 今野 大力
719 或恋愛小説 芥川 竜之介
720 或る別れ 北尾 亀男
721 A LETTER FROM PRISON 石川 啄木
722 アワァビット 宮本 百合子
723 淡路人形座訪問 其の現状と由来 竹内 勝太郎
724 淡島寒月氏 幸田 露伴
725 淡島寒月のこと 幸田 露伴
726 淡島椿岳 ——過渡期の文化が産出した画界のハイブリッド—— 内田 魯庵
727 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分) 01 序 条野 採菊(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
728 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分) 02 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分) 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
729 鮑の水貝 北大路 魯山人
730 鮑の宿借り作り 北大路 魯山人
731 泡盛物語 佐藤 垢石
732 淡雪 牧野 信一
733 淡雪 原 民喜
734 あはれ今 ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
735 哀れなトンマ先生 坂口 安吾
736 あはれなる廿日鼠 倉田 百三
737 An Incident 有島 武郎
738 アンケート 大倉 燁子
739 アンゴウ 坂口 安吾
740 鮟鱇一夕話 北大路 魯山人
741 暗号数字 海野 十三
742 暗号の役割 烏啼天駆シリーズ・4 海野 十三
743 暗号舞踏人の謎 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
744 暗号音盤事件 海野 十三
745 暗黒星 ニューコム シモン(著者) / 黒岩 涙香(翻訳者)
746 安吾巷談 01 麻薬・自殺・宗教 坂口 安吾
747 安吾巷談 02 天光光女史の場合 坂口 安吾
748 安吾巷談 03 野坂中尉と中西伍長 坂口 安吾
749 安吾巷談 04 今日われ競輪す 坂口 安吾
750 安吾巷談 05 湯の町エレジー 坂口 安吾
751 安吾巷談 06 東京ジャングル探検 坂口 安吾
752 安吾巷談 07 熱海復興 坂口 安吾
753 安吾巷談 08 ストリップ罵倒 坂口 安吾
754 安吾巷談 09 田園ハレム 坂口 安吾
755 安吾巷談 10 世界新記録病 坂口 安吾
756 安吾巷談 11 教祖展覧会 坂口 安吾
757 安吾巷談 12 巷談師退場 坂口 安吾
758 安吾史譚 05 勝夢酔 坂口 安吾
759 安吾下田外史 坂口 安吾
760 安吾人生案内 01 その一 〔判官巷を往く〕 坂口 安吾
761 安吾人生案内 02 その二 大岡越前守 坂口 安吾
762 安吾人生案内 03 その三 精神病診断書 坂口 安吾
763 安吾人生案内 04 その四 人形の家 坂口 安吾
764 安吾人生案内 05 その五 衆生開眼 坂口 安吾
765 安吾人生案内 06 その六 暗い哉 東洋よ 坂口 安吾
766 安吾人生案内 07 その七 宮様は一級紳士 坂口 安吾
767 安吾人生案内 08 その八 安吾愛妻物語 坂口 安吾
768 安吾新日本風土記 01 「安吾・新日本風土記」(仮題)について 坂口 安吾
769 安吾新日本風土記 02 第一回 高千穂に冬雨ふれり≪宮崎県の巻≫ 坂口 安吾
770 安吾新日本風土記 03 第二回 富山の薬と越後の毒消し≪富山県・新潟県の巻≫ 坂口 安吾
771 安吾の新日本地理 01 安吾・伊勢神宮にゆく 坂口 安吾
772 安吾の新日本地理 02 道頓堀罷り通る 坂口 安吾
773 安吾の新日本地理 03 伊達政宗の城へ乗込む——仙台の巻—— 坂口 安吾
774 安吾の新日本地理 04 飛鳥の幻——吉野・大和の巻—— 坂口 安吾
775 安吾の新日本地理 05 消え失せた沙漠—大島の巻—— 坂口 安吾
776 安吾の新日本地理 06 長崎チャンポン——九州の巻—— 坂口 安吾
777 安吾の新日本地理 07 飛騨・高山の抹殺——中部の巻—— 坂口 安吾
778 安吾の新日本地理 08 宝塚女子占領軍——阪神の巻—— 坂口 安吾
779 安吾の新日本地理 09 秋田犬訪問記——秋田の巻—— 坂口 安吾
780 安吾の新日本地理 10 高麗神社の祭の笛——武蔵野の巻—— 坂口 安吾
781 安吾武者修業 馬庭念流訪問記 坂口 安吾
782 安死術 小酒井 不木
783 安重根 ——十四の場面—— 谷 譲次(著者) / 林 不忘(著者)
784 あんずの花 小川 未明
785 杏の若葉 宮本 百合子
786 アンチの闘士 今村 恒夫
787 闇中問答 芥川 竜之介
788 (アンデルゼンの「即興詩人」) 堀 辰雄
789 安藤昌益 狩野 亨吉
790 案頭の書 芥川 竜之介
791 アンドレアス・タアマイエルが遺書 シュニッツレル アルツール(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
792 アンドレ・ジイド管見 中原 中也
793 アンドロギュノスの裔 渡辺 温
794 案内者 寺田 寅彦
795 案内人風景 黒部 溯郎(著者) / 百瀬 慎太郎(著者)
796 アンナ、パブロオナ 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
797 アンネット 宮本 百合子
798 按摩 小酒井 不木
799 暗夜の格闘 小酒井 不木
800 アンリエツトの転地療養日記 岸田 国士
801 アンリ・ルネ・ルノルマンについて 岸田 国士