1 いいおじいさんの話 小川 未明
2 いい家庭の又の姿 宮本 百合子
3 言いたい事と言わねばならない事と 桐生 悠々
4 飯田蛇笏 芥川 竜之介
5 飯田の町に寄す 岸田 国士
6 飯田橋駅 原 民喜
7 「委員会」のうつりかわり 宮本 百合子
8 「悪」の同意語 牧野 信一
9 長谷川 時雨
10 01 (上) 島崎 藤村
11 02 (下) 島崎 藤村
12 イエスキリストの友誼 新渡戸 稲造
13 イエスとペテロ 片山 広子
14 家なき子 01 (上) マロ エクトール・アンリ(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
15 家なき子 02 (下) マロ エクトール・アンリ(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
16 家のあるじとして気になること カフカ フランツ(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
17 家のめぐり 若山 牧水
18 家康 坂口 安吾
19 家を持つといふこと 柳田 国男
20 イオーヌィチ チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
21 伊賀、伊勢路 近松 秋江
22 雷談義 斎藤 茂吉
23 筏乗り 山村 暮鳥
24 如何なる星の下に 高見 順
25 如何に読書すべきか 三木 清
26 伊賀国 近松 秋江
27 伊香保 寺田 寅彦
28 伊香保土産 島崎 藤村
29 いがみの権太 (明治二十九年一月、明治座) 三木 竹二
30 伊賀山精三君に 岸田 国士
31 伊賀山精三君の『騒音』 岸田 国士
32 怒りの虫 豊島 与志雄
33 斑鳩物語 高浜 虚子
34 怒れる高村軍曹 新井 紀一
35 遺憾の弁 ——芥川賞(第二十四回)選後評—— 岸田 国士
36 生き烏賊白味噌漬け 北大路 魯山人
37 生きた人形 小川 未明
38 生きつつある自意識 宮本 百合子
39 生きている看板 小川 未明
40 生きている空間 ——映画空間論への序曲 中井 正一
41 生きているコタンの銅像 ——アイヌの慈父・高橋房次—— 知里 真志保
42 生きている古典 宮本 百合子
43 生きている戦死者 牧 逸馬
44 生きている腸 海野 十三
45 生きてゆく姿の感銘 宮本 百合子
46 活人形 豊島 与志雄
47 活人形 泉 鏡花
48 壱岐国勝本にて 長塚 節
49 「いき」の構造 九鬼 周造
50 生不動 橘 外男
51 遺教 西郷 隆盛
52 異郷 寺田 寅彦
53 異郷なる中国の詩人たちに 槙村 浩
54 イギリス海岸 宮沢 賢治
55 イギリス海岸 宮沢 賢治
56 生きること作ること 和辻 哲郎
57 生きるための協力者 その人々の人生にあるもの 宮本 百合子
58 生きるための恋愛 宮本 百合子
59 息を止める男 蘭 郁二郎
60 イグアノドンの唄 ——大人のための童話—— 中谷 宇吉郎
61 郁雨に与ふ 石川 啄木
62 育児 坂口 安吾
63 幾度目かの最期 久坂 葉子
64 幾年もたった後 小川 未明
65 行く可き処に行き着いたのです 宮本 百合子
66 遺訓 西郷 隆盛
67 寺田 寅彦
68 池のほとりに柿の木あり 三好 達治
69 池のまはり 牧野 信一
70 池袋の怪 岡本 綺堂
71 池袋の店 山之口 貘
72 生ける銃架 ——満洲駐屯軍兵卒に—— 槙村 浩
73 生ける人形 寺田 寅彦
74 池を掘る 片山 広子
75 遺稿 泉 鏡花
76 遺稿 01 「遺稿」附記 水上 滝太郎
77 遺稿 02 遺稿 泉 鏡花
78 異国さかな雑談 浜田 青陵
79 異国食餌抄 岡本 かの子
80 囲碁雑考 幸田 露伴
81 囲碁修業 坂口 安吾
82 遺恨 坂口 安吾
83 遺言 国木田 独歩
84 居酒屋の聖人 坂口 安吾
85 十六夜 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
86 イーサル川 斎藤 茂吉
87 〔いざ渡せかし おいぼれめ〕 宮沢 賢治
88 伊沢蘭軒 森 鴎外
89 遺産分配書 富永 太郎
90 平山 千代子
91 尾崎 放哉
92 石亀のこと 佐藤 垢石
93 石狩川 本庄 陸男
94 イシカリの川 今野 大力
95 石川五右衛門の生立 上司 小剣
96 石川啄木と小奴 野口 雨情
97 意識と時間との関係 坂口 安吾
98 石工 ベルトラン ルイ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
99 石ころ路 田畑 修一郎
100 縊死体 夢野 久作
101 医師高間房一氏 田畑 修一郎
102 石段上りの街 萩原 朔太郎
103 石段に鉄管 小川 未明
104 異質触媒作用 寺田 寅彦
105 医師と旅行鞄の話 スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 佐藤 緑葉(翻訳者)
106 石の思ひ 坂口 安吾
107 石の思い 坂口 安吾
108 石塀幽霊 大阪 圭吉
109 医者と病人 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
110 医術の進歩 岸田 国士
111 遺書 尾崎 秀実
112 遺書 芥川 竜之介
113 遺書 原 民喜
114 遺書 与謝野 晶子
115 衣裳戸棚 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
116 衣食住雑感 岸田 国士
117 遺書の一部より 伊藤 野枝
118 石を愛するもの 薄田 泣菫
119 石を食う 佐藤 垢石
120 石をしょわずに ——わかい女教師の自殺 村山 俊太郎
121 石を積む 別所 梅之助
122 石を投ぐるもの 宮本 百合子
123 石をのせた車 小川 未明
124 維新史の資料に就て 内藤 湖南
125 いづこへ 坂口 安吾
126 いずこへ 坂口 安吾
127 椅子と電車 原 民喜
128 伊豆の伊東へ 今野 大力
129 伊豆の国にて 平林 初之輔
130 伊豆の旅 島崎 藤村
131 岸田 国士
132 泉ある家 宮沢 賢治
133 泉鏡花作『外科室』 宮崎 湖処子
134 泉鏡花先生のこと 小村 雪岱
135 泉山問題について 宮本 百合子
136 イズムと云ふ語の意味次第 芥川 竜之介
137 イズムの功過 夏目 漱石
138 出雲鉄と安来節 田畑 修一郎
139 異性間の友情と恋愛 岸田 国士
140 異性に対する感覚を洗練せよ 岡本 かの子
141 異性の間の友情 宮本 百合子
142 異性の何処に魅せられるか 宮本 百合子
143 異性の友情 宮本 百合子
144 伊勢之巻 泉 鏡花
145 伊勢物語など 堀 辰雄
146 磯部の若葉 岡本 綺堂
147 偉大なる近代劇場人 岸田 国士
148 板垣先生の銅像を拝して 槙村 浩
149 虎杖採り 田中 貢太郎
150 板ばさみ チリコフ オイゲン(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
151 イタリア人 寺田 寅彦
152 伊太利亜の古陶 宮本 百合子
153 イタリー芸術に在る一つの問題 所謂「脱出」への疑問 宮本 百合子
154 一握の砂 石川 啄木
155 「一握の砂」広告 石川 啄木
156 「一握の砂」序 藪野 椋十
157 一円本流行の害毒と其裏面談 宮武 外骨
158 一月一日 永井 荷風
159 一過程 島木 健作
160 市川九女八 長谷川 時雨
161 市川の桃花 伊藤 左千夫
162 一隅 宮本 百合子
163 一国民としての希望 岸田 国士
164 いちじゅくの木 小川 未明
165 一商人として ——所信と体験—— 相馬 愛蔵(著者) / 相馬 黒光(著者)
166 一条の詭弁 横光 利一
167 一青年異様の述懐 清水 紫琴
168 一挿話 堀 辰雄
169 一日 宮本 百合子
170 一日一筆 岡本 綺堂
171 一日中の楽しき時刻 石川 啄木
172 一日の労苦 太宰 治
173 一年生たちとひよめ 新美 南吉
174 一年の計 佐々木 邦
175 一ノ倉沢 松濤 明
176 一ノ倉沢正面の登攀 小川 登喜男
177 一ノ倉沢南稜 松濤 明
178 一の酉 武田 麟太郎
179 一番気乗のする時 芥川 竜之介
180 一番幌馬車 桜間 中庸
181 一枚絵の女 国枝 史郎
182 一枚の切符 江戸川 乱歩
183 一万尺の山嶽 大町 桂月
184 一問一答 太宰 治
185 一夜 夏目 漱石
186 公孫樹 石川 啄木
187 公孫樹 豊島 与志雄
188 一葉女史の「たけくらべ」を読みて 高山 樗牛
189 一葉の日記 久保田 万太郎
190 いちょうの葉 小川 未明
191 いてふの実 宮沢 賢治
192 いちょうの実 宮沢 賢治
193 一利己主義者と友人との対話 石川 啄木
194 一れつ 新美 南吉
195 一連の非プロレタリア的作品 「亀のチャーリー」「幼き合唱」「樹のない村」 宮本 百合子
196 一老人 犬田 卯
197 市郎の店 豊島 与志雄
198 一家 若山 牧水
199 一家言を排す 坂口 安吾
200 一顆の栗一顆の小なし 小穴 隆一
201 厳島合戦 菊池 寛
202 一景話題 泉 鏡花
203 一刻 宮本 百合子
204 一室 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
205 一週一夜物語 小栗 虫太郎
206 一種の攘夷思想 北村 透谷
207 一緒に歩く亡霊 田中 貢太郎
208 一寸法師 楠山 正雄
209 一世お鯉 長谷川 時雨
210 一夕 永井 荷風
211 一夕観 北村 透谷
212 一席話 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
213 一夕話 芥川 竜之介
214 一僧 ツルゲーネフ イワン(著者) / 上田 敏(翻訳者)
215 一草庵日記 種田 山頭火
216 一太と母 宮本 百合子
217 一対の美果 岸田 国士
218 一灯 太宰 治
219 一匹の馬 原 民喜
220 一疋の昆虫 今野 大力
221 一票の教訓 宮本 百合子
222 一平氏に 岡本 かの子
223 一兵卒 田山 花袋
224 一兵卒と銃 南部 修太郎
225 一片の石 会津 八一
226 一歩前進二歩退却 太宰 治
227 一本足の兵隊 鈴木 三重吉
228 一本のかきの木 小川 未明
229 一本の銀の針 小川 未明
230 一本の釣りざお 小川 未明
231 一本の花 宮本 百合子
232 一本のわら 楠山 正雄
233 偽りのない文化を 宮本 百合子
234 イデオロギー概論 戸坂 潤
235 イデオロギーの論理学 戸坂 潤
236 移轍(Anakoluth) 関口 存男
237 遺伝 小酒井 不木
238 移転記録 岸田 国士
239 井戸 新美 南吉
240 井戸 伊藤 左千夫
241 移動 原 民喜
242 伊東から 芥川 竜之介
243 遺牘 西郷 隆盛
244 糸くず モーパッサン ギ・ド(著者) / 国木田 独歩(翻訳者)
245 糸車 寺田 寅彦
246 いとこ同志 宮本 百合子
247 従妹への手紙 「子供の家」の物語 宮本 百合子
248 糸女覚え書 芥川 竜之介
249 糸繰沼 長谷川 時雨
250 井戸の底に埃の溜つた話 葉山 嘉樹
251 田舎 プレヴォー マルセル(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
252 田舎医師の子 相馬 泰三
253 田舎がえり 林 芙美子
254 田舎から東京を見る 黒島 伝治
255 田舎教師 田山 花袋
256 『田舎教師』について 田山 花袋
257 田舎のお母さん 小川 未明
258 いなか、の、じけん 夢野 久作
259 田舎の新春 横瀬 夜雨
260 田舎の時計他十二篇 萩原 朔太郎
261 田舎風なヒューモレスク 宮本 百合子
262 田舎者 太宰 治
263 田舎者 豊島 与志雄
264 伊那紀行 今井 邦子
265 稲妻 原 民喜
266 いなせな縞の初鰹 北大路 魯山人
267 稲むらの蔭にて 折口 信夫
268 正岡 子規
269 アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
270 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
271 正岡 子規
272 三遊亭 金馬
273 犬養君に就いて 芥川 竜之介
274 犬神 小酒井 不木
275 犬神娘 国枝 史郎
276 犬三態 宮本 百合子
277 いぬさん と おねこさん 村山 籌子
278 犬さんと、くもさんと、かへるさん 村山 籌子
279 犬と人形 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
280 犬と人と花 小川 未明
281 犬と笛 芥川 竜之介
282 犬と古洋傘 小川 未明
283 犬にされたカスペルの話しかけ 佐藤 武夫
284 犬の威厳 水野 仙子
285 犬のいたずら 夢野 久作
286 犬の一年 槙村 浩
287 犬の王様 夢野 久作
288 犬の子 土田 耕平
289 犬のはじまり 宮本 百合子
290 犬の八公 豊島 与志雄
291 犬は鎖に繋ぐべからず 岸田 国士
292 犬酸漿 キングスフォード アンナ(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
293 犬物語 内田 魯庵
294 犬を連れた奥さん チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
295 稲かけ 山村 暮鳥
296 井上正夫におくる手紙 久保田 万太郎
297 稲生播磨守 林 不忘
298 猪鹿蝶 久生 十蘭
299 猪の味 北大路 魯山人
300 イノチガケ ——ヨワン・シローテの殉教—— 坂口 安吾
301 いのちのある智慧 宮本 百合子
302 いのちの初夜 北条 民雄
303 命の鍛錬 関 寛
304 いのちの使われかた 宮本 百合子
305 生命拾ひをした話 坂口 安吾
306 命を弄ぶ男ふたり(一幕) 岸田 国士
307 井の中の正月の感想 北条 民雄
308 位牌田 田中 貢太郎
309 位牌と鼠 田中 貢太郎
310 イーハトーボ農学校の春 宮沢 賢治
311 異版 浅草灯籠 正岡 容
312 伊吹山の句について 寺田 寅彦
313 衣服と婦人の生活 誰がために 宮本 百合子
314 『井伏鱒二選集』後記 太宰 治
315 イプセンの日本語訳 宮原 晃一郎
316 イプセン百年祭講演 久保 栄
317 為文学者経 内田 魯庵(著者) / 三文字屋 金平(著者)
318 遺篇 西郷 隆盛
319 新美 南吉
320 いぼ 新美 南吉
321 『異邦人』に就いて 坂口 安吾
322 異邦人の意欲 豊島 与志雄
323 イボタの虫 中戸川 吉二
324 今、生まれしみどり児 羽仁 もと子
325 想像と装飾の美 それを持つ特殊の個性によって生かさるべし 岸田 劉生
326 今戸狐 小山内 薫
327 今戸心中 広津 柳浪
328 今にわれらも 宮本 百合子
329 今様夫婦気質 清水 紫琴
330 いまわれわれのしなければならないこと 宮本 百合子
331 意味深き今日の日本文学の相貌を 宮本 百合子
332 移民学園 清水 紫琴
333 佐左木 俊郎
334 芋粥 芥川 竜之介
335 芋掘り 長塚 節
336 異妖編 岡本 綺堂
337 意慾的創作文章の形式と方法 坂口 安吾
338 意慾的創作文章の形式と方法 坂口 安吾
339 意欲の窒息 豊島 与志雄
340 伊良湖の旅 吉江 喬松
341 イーリアス 02 例言 土井 晩翠
342 イーリアス 03 イーリアス ホーマー (著者) / 土井 晩翠(翻訳者)
343 イリイッチの長靴 佐藤 武夫
344 入江のほとり 正宗 白鳥
345 海豚と河豚 佐藤 垢石
346 入れ札 菊池 寛
347 入れ札 菊池 寛
348 色褪せた書簡箋に 堀 辰雄
349 いろ扱ひ 泉 鏡花
350 いろいろな花 小川 未明
351 いろ/\の言葉と人 石川 啄木
352 色ガラスの街 尾形 亀之助
353 色のない旗 竹内 浩三
354 「いろは」の五色ガラスについて 木村 荘八
355 色町洋食 古川 緑波
356 ゐろりの中の街 スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 新美 南吉(翻訳者)
357 巌の花 宮本顕治の文芸評論について 宮本 百合子
358 岩本 素白
359 岩清水 萩原 朔太郎
360 岩田豊雄と私 岸田 国士
361 岩田夫人の死を悼む 岸田 国士
362 言はでものこと 岸田 国士
363 岩魚 佐藤 垢石
364 岩魚 蔵原 伸二郎
365 岩魚 ——哀しきわがエレナにささぐ—— 萩原 朔太郎
366 岩魚の怪 田中 貢太郎
367 岩波茂雄宛書簡 01 一九三一年八月十七日 野呂 栄太郎
368 岩波茂雄宛書簡 02 一九三一年九月二十一日 野呂 栄太郎
369 岩波文庫論 岩波 茂雄
370 岩野泡鳴氏 芥川 竜之介
371 所謂今度の事 林中の鳥 石川 啄木
372 いわゆる自然の美と自然の愛 丘 浅次郎
373 いわゆる「反省」は我々を救うか 岸田 国士
374 所謂批評の「科学性」についての考察 戸坂 潤
375 岩を小くする 沖野 岩三郎
376 イワンとイワンの兄 渡辺 温
377 イワンの馬鹿 トルストイ レオ(著者) / 菊池 寛(翻訳者)
378 陰翳礼讃 谷崎 潤一郎
379 陰火 太宰 治
380 因果 小山内 薫
381 「インガ」 ソヴェト文学に現れた婦人の生活 宮本 百合子
382 淫者山へ乗りこむ 坂口 安吾
383 「陰獣」その他 平林 初之輔
384 印象 小酒井 不木
385 印象 九月の帝国劇場 宮本 百合子
386 印象に残った新作家 国枝 史郎
387 インターナショナルとともに 宮本 百合子
388 インチキ鮎 北大路 魯山人
389 インチキ文学ボクメツ雑談 坂口 安吾
390 インテリの感傷 坂口 安吾
391 院展遠望 和辻 哲郎
392 院展日本画所感 和辻 哲郎
393 印度更紗 泉 鏡花
394 印度の詩人 国枝 史郎
395 印度の聖人 松本 文三郎
396 印度の婦人へ ガンジー マハトマ(著者) / 福永 渙(翻訳者)
397 印度の古話 幸田 露伴
398 インドラの網 宮沢 賢治
399 淫売婦 葉山 嘉樹