1 金剛智三蔵と将軍米准那 榊 亮三郎
2 ヴァリエテ 宮本 百合子
3 ヴアン・ダインの作風 平林 初之輔
4 ヰタ・セクスアリス 森 鴎外
5 ヴィタミン研究の回顧 鈴木 梅太郎
6 ウイツテ伯回想記その他 平林 初之輔
7 ウィネッカの秋 中谷 宇吉郎
8 ウィネッカの冬 中谷 宇吉郎
9 初孫 国木田 独歩
10 ヴィヨンの妻 太宰 治
11 ウィリアム・ウィルスン ポー エドガー・アラン(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
12 飢ゑ 原 民喜
13 ヴエスヴイオ山 斎藤 茂吉
14 上杉謙信 吉川 英治
15 烏恵寿毛 佐藤 垢石
16 上田秋成の晩年 岡本 かの子
17 餓えた人々 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
18 飢えたる百姓達 今野 大力
19 ヴェニスに死す マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
20 上野 永井 荷風
21 上野界隈 久保田 万太郎
22 ヴェランダにて 堀 辰雄
23 ヴェルダン 野上 豊一郎
24 ウォーソン夫人の黒猫 萩原 朔太郎
25 魚河岸 芥川 竜之介
26 魚と蠅の祝日 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
27 魚と白鳥 小川 未明
28 魚美人 佐藤 惣之助
29 ウォリクの城 野上 豊一郎
30 ヴォルフの世界 宮本 百合子
31 鵜飼 横光 利一
32 宇賀長者物語 田中 貢太郎
33 浮かぶ飛行島 海野 十三
34 浮雲 林 芙美子
35 浮雲 二葉亭 四迷
36 浮名 萩原 朔太郎
37 浮世絵画家の肉筆 ——花は霞を透してひとしおの風情があるもの—— 上村 松園
38 浮世絵の曲線 寺田 寅彦
39 有喜世新聞の話 岡本 綺堂
40 うぐいす 原 民喜
41 ウグヒスブエヲ フケバ 新美 南吉
42 奥間巡査 池宮城 積宝
43 雨後 堀 辰雄
44 禹貢製作の時代 内藤 湖南
45 動かされないと云う事 宮本 百合子
46 動かぬ鯨群 大阪 圭吉
47 動く絵と新しき夢幻 小川 未明
48 動く海底 宮原 晃一郎
49 蠢く者 葛西 善蔵
50 欝金草売 ベルトラン ルイ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
51 ウサギ 新美 南吉
52 兎さんの本屋とリスの先生 村山 籌子
53 うさぎさん と おほかみさん 村山 籌子
54 兎と猫 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
55 うさぎと二人のおじいさん 小川 未明
56 うさぎのくだものや 村山 籌子
57 うさぎの餅つき 槙村 浩
58 坂口 安吾
59 岡本 綺堂
60 仲村 渠
61 牛女 小川 未明
62 牛車 三遊亭 円朝
63 牛込館 映画館めぐり(十) 渡辺 温
64 牛捨場馬捨場 喜田 貞吉
65 失われた半身 豊島 与志雄
66 失うた帳面を記憶力で書き復した人 南方 熊楠
67 蛆の効用 寺田 寅彦
68 牛山ホテル(五場) 岸田 国士
69 雨情民謡百篇 野口 雨情
70 後立山は鹿島槍ヶ岳に非ざる乎 木暮 理太郎
71 牛若と弁慶 楠山 正雄
72 牛を調弄ふ男 原 民喜
73 牛をつないだ椿の木 新美 南吉
74 薄紅梅 泉 鏡花
75 うづしほ ポー エドガー・アラン(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
76 薄どろどろ 尾上 梅幸
77 ウスナの家 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
78 渦巻ける烏の群 黒島 伝治
79 うづみ火 長谷川 時雨
80 埋れた幻想 今野 大力
81 埋もれた漱石伝記資料 寺田 寅彦
82 うすやみ 萩原 朔太郎
83 渡辺 温
84 新美 南吉
85 太宰 治
86 嘘の効用 末弘 厳太郎
87 嘘をつく日 水野 仙子
88 歌行灯 泉 鏡花
89 右大臣実朝 太宰 治
90 うたうたいは 竹内 浩三
91 歌う白骨 フリーマン リチャード オースティン(著者) / 妹尾 アキ夫(翻訳者)
92 歌へる日まで 牧野 信一
93 疑ひの教育 丘 浅次郎
94 うたかたの記 森 鴎外
95 歌声よ、おこれ 新日本文学会の由来 宮本 百合子
96 討たせてやらぬ敵討 長谷川 伸
97 和歌でない歌 中島 敦
98 うた時計 新美 南吉
99 歌時計 童謡集 水谷 まさる
100 「歌念仏」を読みて 北村 透谷
101 歌のいろ/\ 石川 啄木
102 歌の円寂する時 折口 信夫
103 歌の口調 寺田 寅彦
104 唄立山心中一曲 泉 鏡花
105 歌の話 折口 信夫
106 歌麿懺悔 江戸名人伝 邦枝 完二
107 歌よ、ねがふは ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
108 歌よみに与ふる書 正岡 子規
109 歌よみに与ふる書 正岡 子規
110 歌よみに与ふる書 正岡 子規
111 打あけ話 宮本 百合子
112 内気な娘とお転婆娘 伊藤 野枝
113 内田百間氏 芥川 竜之介
114 打出の小槌 外村 繁
115 内村直也君の『秋水嶺』 岸田 国士
116 内村直也の戯曲 岸田 国士
117 宇宙怪人 江戸川 乱歩
118 雨中記 小熊 秀雄
119 宇宙女囚第一号 海野 十三
120 宇宙戦隊 海野 十三
121 宇宙尖兵 海野 十三
122 宇宙の始まり アレニウス スヴァンテ(著者) / 寺田 寅彦(翻訳者)
123 宇宙の迷子 海野 十三
124 宇宙爆撃 蘭 郁二郎
125 美しい犬 林 芙美子
126 〈美しい王子様のおせなかに〉 村山 籌子
127 美しい日本の歴史 吉川 英治
128 『美しい話』まへがき 岸田 国士
129 美しい村 堀 辰雄
130 美ヶ原 木暮 理太郎
131 「美しかれ、悲しかれ」 窪川稲子さんに 堀 辰雄
132 美しき死の岸に 原 民喜
133 美しき月夜 宮本 百合子
134 美しき敵 富永 太郎
135 美しき日本語と対話 戯曲「二十六番館」と「おふくろ」 岸田 国士
136 美しく豊な生活へ 宮本 百合子
137 鬱屈禍 太宰 治
138 うつす 中井 正一
139 うつせみ 樋口 一葉
140 うつせみ 樋口 一葉
141 うつせみ 樋口 一葉
142 宇都野さんの歌 寺田 寅彦
143 うつり香 近松 秋江
144 雨滴 宮本 百合子
145 「うどんくい」 宮本 百合子
146 うどんのお化け 古川 緑波
147 鰻に呪われた男 岡本 綺堂
148 鰻の話 北大路 魯山人
149 乳母車 新美 南吉
150 姥捨 太宰 治
151 『姥捨』あとがき 太宰 治
152 有髪の僧 今野 大力
153 奪われてなるものか ——施療病院にて—— 今野 大力
154 産屋 萩原朔太郎君に献ず 芥川 竜之介
155 産屋物語 与謝野 晶子
156 猪狩 満直
157 佐左木 俊郎
158 午市 宮本 百合子
159 美味い豆腐の話 北大路 魯山人
160 馬地獄 織田 作之助
161 『馬』と『二十六番館』 岸田 国士
162 馬の脚 芥川 竜之介
163 馬の顔 田中 貢太郎
164 萩原 朔太郎
165 ウマヤノ ソバノ ナタネ 新美 南吉
166 〔馬行き人行き自転車行きて〕 宮沢 賢治
167 生る 今野 大力
168 生まれいずる悩み 有島 武郎
169 生まれ変った赤坂離宮 中井 正一
170 “生れた権利”をうばうな ——寿産院事件について—— 宮本 百合子
171 うまれて 来る 雀達 新美 南吉
172 馬を愛す 今野 大力
173 馬を殺したからす 小川 未明
174 竹内 浩三
175 梶井 基次郎
176 尾崎 放哉
177 太宰 治
178 小川 未明
179 海亀 岡本 綺堂
180 海が呼んだ話 小川 未明
181 海から帰る日 新美 南吉
182 海からきた卵 塚原 健二郎
183 海からきた使い 小川 未明
184 海と少年 小川 未明
185 海と太陽 小川 未明
186 海に生くる人々 葉山 嘉樹
187 海にふぐ山にわらび 北大路 魯山人
188 海のおばあさん 小川 未明
189 海のかなた 小川 未明
190 海の霧 坂口 安吾
191 海の詩 ——人と海—— 中原 中也
192 海の使者 泉 鏡花
193 海の少年 小川 未明
194 生みの力 片上 伸
195 海のほとり 芥川 竜之介
196 海のまぼろし 小川 未明
197 海の誘惑 今野 大力
198 海の誘惑 岸田 国士
199 海へ 小川 未明
200 海へ帰るおじさん 小川 未明
201 海辺小曲(一九二三年二月——) 宮本 百合子
202 海辺にて 山村 暮鳥
203 ウミベノマヒゴ 村山 籌子
204 海辺の窓 三好 達治
205 海坊主 田中 貢太郎
206 海坊主の話 土田 耕平
207 海ほおずき 小川 未明
208 海ぼたる 小川 未明
209 海蛍の話 神田 左京
210 うむどん 佐藤 垢石
211 梅ちらほら 吉川 英治
212 梅津只円翁伝 杉山 萠円(著者) / 夢野 久作(著者)
213 梅にうぐいす 北大路 魯山人
214 梅のにおい 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
215 梅の吉野村 大町 桂月
216 梅原良三郎氏のモンマルトルの画室 与謝野 寛
217 梅龍の話 小山内 薫
218 梅若七兵衛 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
219 埋もれた日本 ——キリシタン渡来文化前後における日本の思想的情況—— 和辻 哲郎
220 右門捕物帖 01 南蛮幽霊 佐々木 味津三
221 右門捕物帖 02 生首の進物 佐々木 味津三
222 右門捕物帖 03 血染めの手形 佐々木 味津三
223 右門捕物帖 04 青眉の女 佐々木 味津三
224 右門捕物帖 05 笛の秘密 佐々木 味津三
225 右門捕物帖 06 なぞの八卦見 佐々木 味津三
226 右門捕物帖 07 村正騒動 佐々木 味津三
227 右門捕物帖 08 卍のいれずみ 佐々木 味津三
228 右門捕物帖 09 達磨を好く遊女 佐々木 味津三
229 右門捕物帖 10 耳のない浪人 佐々木 味津三
230 右門捕物帖 11 身代わり花嫁 佐々木 味津三
231 右門捕物帖 12 毒色のくちびる 佐々木 味津三
232 右門捕物帖 13 足のある幽霊 佐々木 味津三
233 右門捕物帖 14 曲芸三人娘 佐々木 味津三
234 右門捕物帖 15 京人形大尽 佐々木 味津三
235 右門捕物帖 16 七化け役者 佐々木 味津三
236 右門捕物帖 17 へび使い小町 佐々木 味津三
237 右門捕物帖 18 明月一夜騒動 佐々木 味津三
238 右門捕物帖 19 袈裟切り太夫 佐々木 味津三
239 右門捕物帖 20 千柿の鍔 佐々木 味津三
240 右門捕物帖 21 妻恋坂の怪 佐々木 味津三
241 右門捕物帖 22 因縁の女夫雛 佐々木 味津三
242 右門捕物帖 23 幽霊水 佐々木 味津三
243 右門捕物帖 24 のろいのわら人形 佐々木 味津三
244 右門捕物帖 25 卒塔婆を祭った米びつ 佐々木 味津三
245 右門捕物帖 26 七七の橙 佐々木 味津三
246 右門捕物帖 27 献上博多人形 佐々木 味津三
247 右門捕物帖 28 お蘭しごきの秘密 佐々木 味津三
248 右門捕物帖 29 開運女人地蔵 佐々木 味津三
249 右門捕物帖 30 闇男 佐々木 味津三
250 右門捕物帖 31 毒を抱く女 佐々木 味津三
251 右門捕物帖 32 朱彫りの花嫁 佐々木 味津三
252 右門捕物帖 33 死人ぶろ 佐々木 味津三
253 右門捕物帖 34 首つり五人男 佐々木 味津三
254 右門捕物帖 35 左刺しの匕首 佐々木 味津三
255 右門捕物帖 36 子持ちすずり 佐々木 味津三
256 右門捕物帖 37 血の降るへや 佐々木 味津三
257 右門捕物帖 38 やまがら美人影絵 佐々木 味津三
258 右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法 山中 貞雄
259 裏切り 坂口 安吾
260 裏毛皮は無し 滝田菊江さんへの返事 宮本 百合子
261 浦島太郎 楠山 正雄
262 盂蘭盆 北条 民雄
263 恨なき殺人 宮島 資夫
264 恨みの蠑螺 岡本 綺堂
265 うらむらさき 樋口 一葉
266 売られていった靴 新美 南吉
267 浦和充子の事件に関して 参議院法務委員会での証人としての発言 宮本 百合子
268 瓜子姫子 楠山 正雄
269 瓜の涙 泉 鏡花
270 うろこ雲 宮沢 賢治
271 鱗雲 牧野 信一
272 囈語 芥川 竜之介
273 芥川 竜之介
274 運勢 波立 一
275 雲仙岳 菊池 幽芳
276 運動会の風景 葉山 嘉樹
277 海野十三氏の弁 探偵作家お道楽帳・その五 海野 十三
278 海野十三敗戦日記 海野 十三
279 運命 幸田 露伴
280 運命と人 有島 武郎
281 運命のSOS 牧 逸馬
282 運命のままに 豊島 与志雄
283 運命は切り開くもの 幸田 露伴
284 運命論者 国木田 独歩
285 雲母片 宮本 百合子
286 運を主義にまかす男 岸田 国士