1 田中 貢太郎
2 牧野 信一
3 室生 犀星
4 カーライル博物館 夏目 漱石
5 ガール・シヤイ挿話 牧野 信一
6 カール・マルクスとその夫人 宮本 百合子
7 海異記 泉 鏡花
8 怪異暗闇祭 江見 水蔭
9 怪異黒姫おろし 江見 水蔭
10 怪異考 寺田 寅彦
11 海異志 田中 貢太郎
12 怪異に嫌わる 豊島 与志雄
13 開運の鼓 国枝 史郎
14 海援隊約規 坂本 竜馬
15 概括的唐宋時代観 内藤 湖南
16 絵画について 三好 十郎
17 開化の良人 芥川 竜之介
18 開化の殺人 芥川 竜之介
19 絵画の不安 中井 正一
20 貝殻 芥川 竜之介
21 貝殻追放 001 はしがき 水上 滝太郎
22 貝殻追放 002 新聞記者を憎むの記 水上 滝太郎
23 貝殻追放 003 「文明一周年の辞」を読みて 水上 滝太郎
24 貝殻追放 004 「幻の絵馬」の作者 水上 滝太郎
25 貝殻追放 005 永井荷風先生の印象 水上 滝太郎
26 貝殻追放 006 「八千代集」を読む 水上 滝太郎
27 貝殻追放 007 愚者の鼻息 水上 滝太郎
28 貝殻追放 008 「その春の頃」の序 水上 滝太郎
29 貝殻追放 009 「心づくし」の序 水上 滝太郎
30 貝殻追放 010 「海上日記」の序 水上 滝太郎
31 貝殻追放 011 購書美談 水上 滝太郎
32 貝殻追放 012 向不見の強味 水上 滝太郎
33 貝殻追放 013 先生の忠告 水上 滝太郎
34 貝殻追放 014 本年発表せる創作について ——「新潮」の質問に答ふ—— 水上 滝太郎
35 貝殻追放 015 「末枯」の作者 水上 滝太郎
36 貝殻追放 016 女人崇拝 水上 滝太郎
37 貝殻追放 017 泉鏡花先生と里見弴さん 水上 滝太郎
38 怪艦ウルフ号 宮原 晃一郎
39 懐疑思潮に付て 朝永 三十郎
40 怪奇小説の執筆についての覚書 ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
41 怪奇人造島 寺島 柾史
42 懐疑的宣言 岸田 国士
43 階級闘争の彼方へ 与謝野 晶子
44 開業医 長塚 節
45 海郷風物記 木下 杢太郎
46 怪奇四十面相 江戸川 乱歩
47 買食ひ 片山 広子
48 会計課 宮沢 賢治
49 外国語教育 岸田 国士
50 骸骨館 海野 十三
51 骸骨の黒穂 夢野 久作
52 回顧と展望 高木 貞治
53 開墾 宮沢 賢治
54 開墾 高村 光太郎
55 開墾地 宮沢 賢治
56 解釈学と修辞学 三木 清
57 怪獣 岡本 綺堂
58 街上スケツチ 牧野 信一
59 海上の道 柳田 国男
60 海城発電 泉 鏡花
61 海城発電 泉 鏡花
62 灰燼十万巻 (丸善炎上の記) 内田 魯庵
63 怪人と少年探偵 江戸川 乱歩
64 海神に祈る 田中 貢太郎
65 かいじん二十めんそう 江戸川 乱歩
66 かいじん二十めんそう 江戸川 乱歩
67 怪人二十面相 江戸川 乱歩
68 怪人の眼 田中 貢太郎
69 海神別荘 泉 鏡花
70 海水浴 寺田 寅彦
71 怪星ガン 海野 十三
72 怪青年モセイ 夢野 久作
73 解説(『風知草』) 宮本 百合子
74 改善は頭から 丘 浅次郎
75 凱旋祭 泉 鏡花
76 怪僧 田中 貢太郎
77 快走 岡本 かの子
78 回想録 高村 光太郎
79 海賊と遍路 黒島 伝治
80 カイダイ 平山 千代子
81 『開拓地帯』の序 岸田 国士
82 買出し 永井 荷風
83 階段 海野 十三
84 階段 牧野 信一
85 怪談覚帳 田中 貢太郎
86 怪談女の輪 泉 鏡花
87 怪談会 序 泉 鏡花
88 怪談会の怪異 田中 貢太郎
89 怪談綺談 小酒井 不木
90 怪談劇 岡本 綺堂
91 怪譚小説の話 田中 貢太郎
92 怪談牡丹灯籠 01 序 坪内 逍遥(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
93 怪談牡丹灯籠 02 序 総生 寛(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
94 怪談牡丹灯籠 03 序詞 若林 玵蔵(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
95 怪談牡丹灯籠 04 怪談牡丹灯籠 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
96 懐中時計 土原 耕作(著者) / 夢野 久作(著者)
97 解嘲 芥川 竜之介
98 海潮音 上田 敏
99 海潮音 上田 敏
100 開通祝ひ 桜間 中庸
101 海底大陸 海野 十三
102 海底都市 海野 十三
103 海底の魔術師 江戸川 乱歩
104 街底の熔鉱炉 佐左木 俊郎
105 回答 牧野 信一
106 街道 萩原 朔太郎
107 外套 ゴーゴリ ニコライ(著者) / 平井 肇(翻訳者)
108 街頭 (巴里のある夕) 岡本 かの子
109 怪塔王 海野 十三
110 街頭から見た新東京の裏面 杉山 萠円(著者) / 夢野 久作(著者)
111 外套と青空 坂口 安吾
112 海棠の家 牧野 信一
113 街頭の偽映鏡 佐左木 俊郎
114 海島冒険奇譚 海底軍艦 01 序 上村 経吉
115 海島冒険奇譚 海底軍艦 02 序 小笠原 長生
116 海島冒険奇譚 海底軍艦 03 序 肝付 兼行
117 海島冒険奇譚 海底軍艦 04 序 吉井 幸蔵
118 海島冒険奇譚 海底軍艦 05 海島冒険奇譚 海底軍艦 押川 春浪
119 垣内の話 柳田 国男
120 貝鍋の歌 中谷 宇吉郎
121 (概念が明白となれば) 中原 中也
122 概念と心其もの 宮本 百合子
123 「貝の穴に河童がゐる」 堀 辰雄
124 貝の穴に河童の居る事 泉 鏡花
125 貝の火 宮沢 賢治
126 開扉一妖帖 泉 鏡花
127 海豹と雲 北原 白秋
128 海浜一日 宮本 百合子
129 海浜日誌 六月創作評 牧野 信一
130 恢復期 堀 辰雄
131 恢復期 神西 清
132 恢復期 堀 辰雄
133 解剖室 三島 霜川
134 外米と農民 黒島 伝治
135 怪夢 夢野 久作
136 外務大臣の死 小酒井 不木
137 壊滅の序曲 原 民喜
138 壊滅の序曲 原 民喜
139 買ひものをする女 三宅 やす子
140 外遊熱 岸田 国士
141 海洋の旅 永井 荷風
142 外来語所感 九鬼 周造
143 外来語是非 坂口 安吾
144 外来の音楽家に感謝したい 宮本 百合子
145 回覧板への注文 宮本 百合子
146 怪力 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
147 海陸風と夕なぎ 寺田 寅彦
148 海流 宮本 百合子
149 海路 牧野 信一
150 薤露行 夏目 漱石
151 カイロ団長 宮沢 賢治
152 会話一片 牧野 信一
153 カインの末裔 有島 武郎
154 帰つてから 与謝野 晶子
155 かへらじと 日本移動演劇連盟のために 岸田 国士
156 林 芙美子
157 芥川 竜之介
158 林 芙美子
159 カヘルサント、コホロギサン 村山 籌子
160 かえるの王様 グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
161 蛙のゴム靴 宮沢 賢治
162 蛙のゴム靴 宮沢 賢治
163 蛙の鳴声 寺田 寅彦
164 蛙を食う岩魚 佐藤 垢石
165 岸田 国士
166 高村 光太郎
167 宮本 百合子
168 堀 辰雄
169 顔の椿事 原 民喜
170 顔の美について 伊丹 万作
171 香熊 佐藤 垢石
172 顔を語る 宮本 百合子
173 科学映画の一考察 中谷 宇吉郎
174 科学が臍を曲げた話 海野 十三(著者) / 丘 丘十郎(著者)
175 科学時潮 海野 十三(著者) / 佐野 昌一(著者)
176 科学者とあたま 寺田 寅彦
177 科学者と芸術家 寺田 寅彦
178 科学者と夜店商人 海野 十三(著者) / 佐野 昌一(著者)
179 科学上における権威の価値と弊害 寺田 寅彦
180 科学上の骨董趣味と温故知新 寺田 寅彦
181 科学的研究と探偵小説 小酒井 不木
182 科学的新聞記者 桐生 悠々
183 科学的精神とは何か ——日本文化論に及ぶ—— 戸坂 潤
184 科学的の神秘 宮原 晃一郎
185 科学と科学の観念 戸坂 潤
186 科学と文化 中谷 宇吉郎
187 科学と文学 寺田 寅彦
188 科学に志す人へ 寺田 寅彦
189 科学の常識のため 宮本 百合子
190 科学の精神を 宮本 百合子
191 科学の不思議 ファーブル ジャン・アンリ(著者) / 伊藤 野枝(翻訳者) / 大杉 栄(翻訳者)
192 科学批判の課題 三木 清
193 科学方法論 戸坂 潤
194 科学論 戸坂 潤
195 荷花公主 田中 貢太郎
196 かかし 村山 籌子
197 画学校時代 上村 松園
198 書かでもの記 永井 荷風
199 画家とセリセリス 南部 修太郎
200 画家の午後 富永 太郎
201 鏡川 槙村 浩
202 鏡地獄 牧野 信一
203 鏡地獄 江戸川 乱歩
204 〔鏡に顎をつき出して〕 桜間 中庸
205 鏡二題 長谷川 時雨
206 鏡の中の月 宮本 百合子
207 鏡餅 宮本 百合子
208 輝ける朝 水野 仙子
209 篝火の女 吉川 英治
210 書かれざる作品 豊島 与志雄
211 花間文字 泉 鏡花
212 谷崎 潤一郎
213 土田 耕平
214 かき チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
215 我鬼 坂口 安吾
216 餓鬼阿弥蘇生譚 折口 信夫
217 柿色の紙風船 海野 十三
218 遺書に就て 渡辺 温
219 鍵から抜け出した女 海野 十三
220 カキツバタ一家言 牧野 富太郎
221 垣隣り 宮城 道雄
222 柿の種 寺田 寅彦
223 柿の実 林 芙美子
224 牡蠣船 田中 貢太郎
225 牡蠣船 田中 貢太郎
226 かき・みかん・かに 中島 哀浪
227 鍵屋の辻 直木 三十五
228 学位について 寺田 寅彦
229 覚海上人天狗になる事 谷崎 潤一郎
230 学規 会津 八一
231 格さんと食慾 ——最近の宇野浩二氏—— 芥川 竜之介
232 「郭子儀」異変 長谷川 時雨
233 学者アラムハラドの見た着物 宮沢 賢治
234 学者安心論 福沢 諭吉
235 学者と名誉 夏目 漱石
236 各人心宮内の秘宮 北村 透谷
237 「学生警鐘」と風 牧野 信一
238 学生時代 幸田 露伴
239 学生と教養 ——教養と倫理学—— 倉田 百三
240 学生と生活 ——恋愛—— 倉田 百三
241 学生と先哲 ——予言僧日蓮—— 倉田 百三
242 学生と読書 ——いかに書を読むべきか—— 倉田 百三
243 学生の技能と勤労大衆 戸坂 潤
244 楽聖物語 野村 あらえびす(著者) / 野村 胡堂(著者)
245 楽隊 槙村 浩
246 拡大されゆく国道前線 広海 大治
247 咢堂小論 坂口 安吾
248 咢堂小論 坂口 安吾
249 学変臆説 内藤 湖南
250 〔かくまでに〕 宮沢 賢治
251 かくめい 太宰 治
252 革命の研究 クロポトキン ピョートル・アレクセーヴィチ(著者) / 大杉 栄(翻訳者)
253 革命の研究 クロポトキン ピョートル・アレクセーヴィチ(著者) / 大杉 栄(翻訳者)
254 学問ある蛙の話 知里 真志保
255 学問の自由 寺田 寅彦
256 学問のすすめ 福沢 諭吉
257 学問の独立 福沢 諭吉
258 学問の独立 正宗 白鳥
259 学問ハ淵源ヲ深クスルニ在ルノ論 西 周
260 神楽坂 矢田 津世子
261 神楽坂七不思議 泉 鏡花
262 神楽阪の半襟 水野 仙子
263 かくれんぼ 斎藤 緑雨
264 かくれんぼ 村山 籌子
265 芥川 竜之介
266 北原 白秋
267 豊島 与志雄
268 (一幕) 岡本 綺堂
269 筧の話 梶井 基次郎
270 影絵 富永 太郎
271 影絵師 桜間 中庸
272 駆落 リルケ ライネル・マリア(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
273 駈落 佐左木 俊郎
274 駈込み訴え 太宰 治
275 崖下の池 ——近代説話—— 豊島 与志雄
276 懸巣 室生 犀星
277 花月の夜 徳冨 蘆花
278 書けない原稿 北条 民雄
279 書けない探偵小説 夢野 久作
280 崖の下 嘉村 礒多
281 影のない犯人 坂口 安吾
282 かけはしの記 正岡 子規
283 蔭ひなた 牧野 信一
284 影法師 豊島 与志雄
285 駆ける朝 牧野 信一
286 陽炎座 泉 鏡花
287 かげろふ談義 ——菱山修三へ—— 坂口 安吾
288 かげろうの日記 堀 辰雄
289 『かげろふの日記』解説 折口 信夫
290 影を踏まれた女 近代異妖編 岡本 綺堂
291 過古 梶井 基次郎
292 加護 宮本 百合子
293 賈后と小吏 田中 貢太郎
294 画工と幽霊 岡本 綺堂
295 カゴカキ 新美 南吉
296 過去世 岡本 かの子
297 鵞湖仙人 国枝 史郎
298 籠釣瓶 岡本 綺堂
299 過去となつたアイルランド文学 片山 広子
300 長谷川 時雨
301 挿頭花 津村 信夫
302 累物語 田中 貢太郎
303 風見 北原 白秋
304 火山の名について 寺田 寅彦
305 火山の話 今村 明恒
306 鰍沢雪の夜噺(小室山の御封、玉子酒、熊の膏薬) 三遊亭 円朝
307 鰍の卵について 佐藤 垢石
308 火事教育 寺田 寅彦
309 賢い秀雄さんの話 宮原 晃一郎
310 カシタンカ チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
311 佳日 太宰 治
312 夏日小味 北大路 魯山人
313 画室談義 上村 松園
314 画室の言葉 藤島 武二
315 火事とポチ 有島 武郎
316 鍛冶の母 田中 貢太郎
317 菓子の譜 岩本 素白
318 「樫の芽生え」を読みて 牧野 信一
319 貸間を探がしたとき 小川 未明
320 貸家探し 林 芙美子
321 鍛冶屋の子 新美 南吉
322 貸家を探す話 高田 保
323 歌集『仰日』の著者に 宮本 百合子
324 歌集『集団行進』に寄せて 宮本 百合子
325 歌集「嘲笑」序文 石川 啄木
326 夏秋表 立原 道造
327 歌集『涌井』を読む 和辻 哲郎
328 家常茶飯 附・現代思想 リルケ ライネル・マリア(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
329 過剰の意識 中井 正一
330 “歌笑”文化 坂口 安吾
331 花燭 太宰 治
332 かしはばやしの夜 宮沢 賢治
333 かしわばやしの夜 宮沢 賢治
334 潮霧 有島 武郎
335 カズイスチカ 森 鴎外
336 かすかな声 太宰 治
337 粕壁夜行記 大町 桂月
338 春日若宮御祭の研究 折口 信夫
339 カストリ社事件 坂口 安吾
340 数の子は音を食うもの 北大路 魯山人
341 竹久 夢二
342 火星探険 海野 十三
343 火星の運河 江戸川 乱歩
344 火星の芝居 石川 啄木
345 火星の魔術師 蘭 郁二郎
346 火星兵団 海野 十三
347 『火星兵団』の作者の言葉 海野 十三
348 風立ちぬ 堀 辰雄
349 風と木 からすときつね 小川 未明
350 風と裾 岡本 かの子
351 風と光と二十の私と 坂口 安吾
352 風に乗って来るコロポックル 宮本 百合子
353 風に飜へる梧桐の実 牧野 富太郎
354 風の寒い世の中へ 小川 未明
355 風の便り 太宰 治
356 『風の便り』あとがき 太宰 治
357 風野又三郎 宮沢 賢治
358 風の又三郎 宮沢 賢治
359 風ばか 豊島 与志雄
360 風博士 坂口 安吾
361 風博士 坂口 安吾
362 「風博士」 牧野 信一
363 風は草木にささやいた 01 風は草木にささやいた 山村 暮鳥
364 風は草木にささやいた 02 跋 土田 杏村
365 風はささやく 小川 未明
366 風邪一束 岸田 国士
367 風ふき鳥 小川 未明
368 風邪をひいたお猫さん 村山 籌子
369 仮装観桜会 佐左木 俊郎
370 火葬国風景 海野 十三
371 仮装人物 徳田 秋声
372 火葬と大蔵 焼屍・洗骨・散骨の風俗 喜田 貞吉
373 仮装の妙味 宮本 百合子
374 家族 中原 中也
375 華族のお医者 三遊亭 円朝
376 雅俗貧困譜 岸田 国士
377 花袋・秋声の祝賀会に際して 宮本 百合子
378 片田舎にあった話 小川 未明
379 カタカナニツイテ 伊丹 万作
380 仇討姉妹笠 国枝 史郎
381 かたき討雑感 岡本 綺堂
382 敵討札所の霊験 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
383 かたくり 水野 葉舟
384 片恋 芥川 竜之介
385 勝ずば 岡本 かの子
386 烏百態 宮沢 賢治
387 片すみにかがむ死の影 宮本 百合子
388 片隅の幸福 種田 山頭火
389 菊池 寛
390 かたつむり 鈴木 三重吉
391 カタツムリノ ウタ 新美 南吉
392 蝸牛の角 和辻 哲郎
393 潟に関する聯想 柳田 国男
394 傾く日 宮本 百合子
395 片目のごあいさつ 小川 未明
396 語られざる哲学 三木 清
397 「語られる言葉」の美 岸田 国士
398 語部と叙事詩と 折口 信夫
399 花壇工作 宮沢 賢治
400 かちかち山 楠山 正雄
401 かちかち山 芥川 竜之介
402 がちゃがちゃ 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
403 鵞鳥 幸田 露伴
404 家長制度 宮沢 賢治
405 鵞鳥の家 牧野 信一
406 家長の心配 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
407 がちょうの たんじょうび 新美 南吉
408 ガチヨウノ タンジヨウビ 新美 南吉
409 鰹釣り 山村 暮鳥
410 閣下 佐々木 邦
411 学界の純粋支持者として 戸坂 潤
412 画期的な企て ——『デカルト選集』推薦の辞—— 岸田 国士
413 学究生活五十年 津田 左右吉
414 学究漫録 朝永 三十郎
415 客居偶録 北村 透谷
416 学校 今野 大力
417 学校教育における図書館の利用 佐野 友三郎
418 学校劇 其の他 岸田 国士
419 学校友だち 芥川 竜之介
420 学校の今昔 正宗 白鳥
421 学校の桜の木 小川 未明
422 学校の説 (一名、慶応義塾学校の説) 福沢 諭吉
423 葛根湯 橘 外男
424 喝采 太宰 治
425 葛飾砂子 泉 鏡花
426 葛飾土産 永井 荷風
427 祭活字子文 成島 柳北
428 合唱 萩原 朔太郎
429 褐色の求道 岡本 かの子
430 滑走 原 民喜
431 勝太郎 兼常 清佐
432 甲冑堂 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
433 月天讃歌(擬古調) 宮沢 賢治
434 活動写真 淡島 寒月
435 カットの文法 中井 正一
436 河童 芥川 竜之介
437 河童 芥川 竜之介
438 河童小僧 岡本 綺堂
439 河童酒宴 佐藤 垢石
440 河童の話 折口 信夫
441 月譜 大町 桂月
442 合本三太郎の日記 序 阿部 次郎
443 合本三太郎の日記の後に 阿部 次郎
444 「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ 北村 透谷
445 桂浜 中谷 宇吉郎
446 桂離宮 野上 豊一郎
447 家庭愛増進術 ——型でなしに 岡本 かの子
448 家庭小言 伊藤 左千夫
449 家庭裁判 宮本 百合子
450 家庭習慣の教えを論ず 福沢 諭吉
451 家庭創造の情熱 宮本 百合子
452 家庭と学生 宮本 百合子
453 家庭の幸福 太宰 治
454 家庭の痛恨 萩原 朔太郎
455 家庭の読書室 内田 魯庵
456 家庭の人へ 寺田 寅彦
457 家庭料理の話 北大路 魯山人
458 加藤正宛書簡 一九三三年三月十三日 野呂 栄太郎
459 画道と女性 ——喜久子姫御用の「春秋屏風」その他—— 上村 松園
460 加藤道夫の死 岸田 国士
461 過渡時代 岸田 国士
462 過渡人 豊島 与志雄
463 門松のはなし 折口 信夫
464 十四日祭の夜 宮本 百合子
465 ガドルフの百合 宮沢 賢治
466 金沢の思ひ出 中原 中也
467 悲しい誤解 豊島 与志雄
468 悲しい新風 坂口 安吾
469 悲しき思出 (野口雨情君の北海道時代) 石川 啄木
470 悲しき玩具 石川 啄木
471 悲しき項羽 牧野 信一
472 かなしき女王 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
473 哀しき父 葛西 善蔵
474 哀しき父 葛西 善蔵
475 かなしみ 高見 順
476 かなしみの日より 素木 しづ
477 悲しめる心 宮本 百合子
478 仮名遣意見 森 鴎外
479 カナヅチ 新美 南吉
480 鉄鎚 夢野 久作
481 可児君の面会日 岸田 国士
482 蟹工船 小林 多喜二
483 蟹の泡 坂口 安吾
484 蟹の怪 田中 貢太郎
485 蟹のしょうばい 新美 南吉
486 蟹満寺縁起 岡本 綺堂
487 金がきたら 竹内 浩三
488 鐘ヶ淵 岡本 綺堂
489 鐘に釁る 寺田 寅彦
490 鐘の声 永井 荷風
491 金持ちと鶏 小川 未明
492 鹿野山 大町 桂月
493 可能性の文学 織田 作之助
494 彼女こゝに眠る 若杉 鳥子
495 彼女たち・そしてわたしたち ロマン・ロランの女性 宮本 百合子
496 かの女の朝 岡本 かの子
497 かの日 漢那 浪笛
498 かの日の歌【一】 漢那 浪笛
499 かの日の歌【二】 漢那 浪笛
500 かの日の歌【三】 漢那 浪笛
501 かの日の歌【四】 漢那 浪笛
502 かの日の歌【五】 漢那 浪笛
503 かのように 森 鴎外
504 河馬 中島 敦
505 河伯令嬢 泉 鏡花
506 加波山 服部 之総
507 革鞄の怪 泉 鏡花
508 鞄らしくない鞄 海野 十三
509 徳田 秋声
510 画筆に生きる五十年 ——皇太后陛下御下命画に二十一年間の精進をこめて上納—— 上村 松園
511 寡婦 モーパッサン ギ・ド(著者) / 秋田 滋(翻訳者)
512 火夫 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
513 荷風戦後日歴 第一 永井 荷風
514 カフエ・ミネルワ 斎藤 茂吉
515 珈琲店より 高村 光太郎
516 歌舞伎劇の将来 岸田 国士
517 歌舞伎とをどり 折口 信夫
518 株式会社科学研究所の使命 仁科 芳雄
519 株式仲買店々員 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
520 株式仲買人 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
521 岡本 綺堂
522 かぶと虫 槙本 楠郎
523 かぶと虫 新美 南吉
524 かぶと虫 新美 南吉
525 寡婦の除夜 内村 鑑三
526 鏑木さん雑感 木村 荘八
527 かぶらずし 中谷 宇吉郎
528 中井 正一
529 貨幣 太宰 治
530 壁の眼の怪 江見 水蔭
531 画舫 ——近代伝説—— 豊島 与志雄
532 南瓜 芥川 竜之介
533 蝦蟇 豊島 与志雄
534 釜石よりの帰り 宮沢 賢治
535 釜ヶ崎 武田 麟太郎
536 鎌倉一見の記 正岡 子規
537 鎌倉時代の布教と当時の交通 原 勝郎
538 釜沢行 木暮 理太郎
539 「鎌と鎚」工場の文学研究会 宮本 百合子
540 竈の中の顔 田中 貢太郎
541 蟇の血 田中 貢太郎
542 蟇の血 田中 貢太郎
543 窯を築いて知り得たこと 北大路 魯山人
544 織田 作之助
545 髪あかきダフウト マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
546 神神の微笑 芥川 竜之介
547 「神々のへど」 堀 辰雄
548 髪切虫 夢野 久作
549 上高地風景保護論 小島 烏水
550 神、国王、国家 ガンジー マハトマ(著者) / 福永 渙(翻訳者)
551 神様の布団 下村 千秋
552 神サマを生んだ人々 坂口 安吾
553 神棚 豊島 与志雄
554 髪床やの大根さん 村山 籌子
555 海野 十三
556 雷嫌いの話 橘 外男
557 雷のさずけもの 楠山 正雄
558 雷門以北 久保田 万太郎
559 神に捧ぐる歌 萩原 朔太郎
560 髪の毛と花びら 岸田 国士
561 〈かみのすくない カテリーナ〉 村山 籌子
562 神の剣 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
563 紙の歴史 桑原 隲蔵
564 神は弱いものを助けた 小川 未明
565 『紙風船』について 岸田 国士
566 紙風船(一幕) 岸田 国士
567 嘉村さん 堀 辰雄
568 亀さん 林 芙美子
569 カメサン ノ サウダン 村山 籌子
570 亀の子を握ったまま 田中 貢太郎
571 カメラに関する覚え書 伊丹 万作
572 カメラの焦点 宮本 百合子
573 カメラをさげて 寺田 寅彦
574 かめれおん日記 中島 敦
575 仮面 正宗 白鳥
576 仮面座の宣言 岸田 国士
577 「仮面」の人々 芥川 竜之介
578 蒲生氏郷 幸田 露伴
579 かもじの美術家 ——墓のうえの物語—— レスコーフ ニコライ・セミョーノヴィチ(著者) / 神西 清(翻訳者)
580 鴨の喜劇 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
581 太宰 治
582 かもめ ——喜劇 四幕—— チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
583 鴎と月 ——童話風景—— 桜間 中庸
584 鴨猟 豊島 与志雄
585 鴨猟 芥川 竜之介
586 火薬庫 岡本 綺堂
587 火薬船 海野 十三
588 蚊帳の釣手 沖野 岩三郎
589 蚊遣り 宮本 百合子
590 蚊遣火 桜間 中庸
591 「花妖」作者の言葉 坂口 安吾
592 カライ博士の臨終 人生の最も厳粛であるべき瞬間に、わたくしがもし笑ひの衝動をおさへることができぬとしたら、いつたいどんな罪に問はれるであらう? 岸田 国士
593 カラカラ鳴る海 小川 未明
594 我楽多玩具 岡本 綺堂
595 涸沢の岩小屋のある夜のこと 大島 亮吉
596 からす 小川 未明
597 シュミットボン ウィルヘルム(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
598 からすうりの花と蛾 寺田 寅彦
599 烏瓜の花と蛾 寺田 寅彦
600 犂氏の友情 久生 十蘭
601 からすとうさぎ 小川 未明
602 からすとかがし 小川 未明
603 鴉と唱歌 寺田 寅彦
604 鴉と正覚坊 若山 牧水
605 硝子戸の中 夏目 漱石
606 烏の北斗七星 宮沢 賢治
607 烏の北斗七星 宮沢 賢治
608 硝子窓 石川 啄木
609 硝子を破る者 中谷 宇吉郎
610 徳田 秋声
611 からたち 宮本 百合子
612 からたちの垣根 萩原 朔太郎
613 空手道の起原と其の沿革 島袋 源一郎
614 樺太脱獄記 コロレンコ ウラジミール・ガラクティオノヴィチ(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
615 カラマゾフの兄弟 01 上 ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ(著者) / 中山 省三郎(翻訳者)
616 唐模様 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
617 ガリヴア旅行記 原 民喜
618 雁坂越 幸田 露伴
619 雁の童子 宮沢 賢治
620 ガリバー旅行記 スウィフト ジョナサン(著者) / 原 民喜(翻訳者)
621 加利福尼亜の宝島 (お伽冒険談) 国枝 史郎
622 狩太農場の解放 有島 武郎
623 嘉陵紀行 木暮 理太郎
624 軽井沢 寺田 寅彦
625 軽井沢で 芥川 竜之介
626 軽井沢にて 正宗 白鳥
627 軽井沢の夏と秋 片山 広子
628 軽女 上村 松園
629 ガルスワーシーの家 岡本 かの子
630 CARTE POSTALE 堀 辰雄
631 カルナツクの夏の夕 岸田 国士
632 カルメン 芥川 竜之介
633 芥川 竜之介
634 家霊 岡本 かの子
635 かれいの贈物 九鬼 周造
636 枯尾花 関根 黙庵
637 彼が殺したか 浜尾 四郎
638 枯菊の影 寺田 寅彦
639 枯草 野口 雨情
640 彼 第二 芥川 竜之介
641 彼に就いての挿話 牧野 信一
642 彼のオートバイ、彼女の島 片岡 義男
643 枯野抄 芥川 竜之介
644 彼の長所十八 ——南部修太郎氏の印象—— 芥川 竜之介
645 彼はいない ——静岡市議会議員松田辰雄兄へ—— 下川 儀太郎
646 彼は誰を殺したか 浜尾 四郎
647 彼は昔の彼ならず 太宰 治
648 彼等は絶望しなかった 宮本 百合子
649 彼等流浪す 小川 未明
650 カレント・ブックス 宮本 百合子
651 かろきねたみ 岡本 かの子
652 原 民喜
653 岡本 かの子
654 新美 南吉
655 河明り 岡本 かの子
656 「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一編」あとがき 神西 清
657 可愛い女 チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
658 可愛いポール 北条 民雄
659 カハイイ 山羊サン 落合 ユキ子(著者) / 村山 籌子(著者)
660 可愛い山 石川 欣一
661 可愛い山 石川 欣一
662 可哀相な姉 渡辺 温
663 可哀想な彼女 久保田 万太郎
664 川魚料理 大町 桂月
665 河風 長谷川 時雨
666 河上氏に答える 宮本 百合子
667 河上に呈する詩論 中原 中也
668 河霧 国木田 独歩
669 川口一郎君の『二十六番館』 岸田 国士
670 河口湖 伊藤 左千夫
671 川越夜行記 大町 桂月
672 川蒸気は昔のまゝ 牧野 信一
673 河鱸遡上一考 佐藤 垢石
674 変った話 寺田 寅彦
675 革トランク 宮沢 賢治
676 川中島合戦 菊池 寛
677 河の上の職場 大江 鉄麿
678 川の中へおつこちたお猫さん 村山 籌子
679 河沙魚 林 芙美子
680 川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン 梶井 基次郎
681 川端康成へ 太宰 治
682 川端柳 豊島 与志雄
683 川へおちた玉ねぎさん 村山 籌子
684 河原の対面 小寺 菊子
685 変る 豊島 与志雄
686 川を遡りて 牧野 信一
687 カン 長谷川 伸
688 田中 貢太郎
689 がん 小川 未明
690 森 鴎外
691 看痾 宮沢 賢治
692 簡易銷夏法 長塚 節
693 姦淫に寄す 坂口 安吾
694 寛永相合傘 林 不忘
695 寛永武道鑑 直木 三十五
696 棺桶の花嫁 海野 十三
697 感化院の太鼓(二場) 岸田 国士
698 感覚と科学 寺田 寅彦
699 感覚の回生 小川 未明
700 観画談 幸田 露伴
701 観画談 幸田 露伴
702 かんかん虫 有島 武郎
703 カンカン虫殺人事件 大阪 圭吉
704 かんかん虫は唄う 吉川 英治
705 環魚洞風景 牧野 信一
706 歓魚夜曲 萩原 朔太郎
707 玩具 太宰 治
708 玩具 原 民喜
709 『玩具』あとがき 太宰 治
710 玩具の賦 昇平に 中原 中也
711 玩具箱 —人形及び動物のいろいろとその生活— 萩原 朔太郎
712 寒月の「首縊りの力学」その他 中谷 宇吉郎
713 簡潔の美 上村 松園
714 観光事業と文化問題 ——日本観光連盟第六回総会に於ける講演—— 岸田 国士
715 観光について 宮本 百合子
716 監獄挿話 面会人控所 伊藤 野枝
717 監獄部屋 羽志 主水
718 寒桜の話 牧野 富太郎
719 カンザシ 新美 南吉
720 簪につけた短冊 田中 貢太郎
721 簪を挿した蛇 中谷 宇吉郎
722 閑山 坂口 安吾
723 寒山拾得 森 鴎外
724 寒山拾得 森 鴎外
725 寒山拾得 芥川 竜之介
726 寒山拾得縁起 森 鴎外
727 寒山拾得縁起 森 鴎外
728 寒山落木 巻一 正岡 子規
729 元日 夏目 漱石
730 元日の釣 石井 研堂
731 感謝 萩原 朔太郎
732 感謝 ——救援会の人々へ—— 下川 儀太郎
733 かんしやく玉 岸田 国士
734 癇癪批評 岸田 国士
735 患者兼同居人 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
736 頑執妄排の弊 北村 透谷
737 ガンジよ 松本 淳三
738 環礁 ——ミクロネシヤ巡島記抄—— 中島 敦
739 環礁 ——ミクロネシヤ巡島記抄—— 中島 敦
740 感傷主義 X君とX夫人 辰野 隆
741 感情喪失時代 中原 中也
742 感情の動き 宮本 百合子
743 感傷の塔 萩原 朔太郎
744 感傷品 萩原 朔太郎
745 閑人 原 民喜
746 閑人詩話 河上 肇
747 寛政時代の娘納涼風俗 上村 松園
748 岩石の間 島崎 藤村
749 勧善懲悪 織田 作之助
750 感想 北大路 魯山人
751 感想 中原 中也
752 感想 岸田 国士
753 感想 岸田 国士
754 感想家の生れでるために 坂口 安吾
755 肝臓先生 坂口 安吾
756 観想の時 ——長歌体詩篇二十一—— 北原 白秋
757 眼帯記 北条 民雄
758 カンタタ クローデル ポール(著者) / 上田 敏(翻訳者)
759 神田を散歩して 寺田 寅彦
760 含蓄ある歳月 野上弥生子さんへの手紙 宮本 百合子
761 寒中滞岳記 (十月一日より十二月廿一日に至る八十二日間) 野中 至
762 寒中の木の芽 内村 鑑三
763 間諜座事件 海野 十三
764 鑑定 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
765 鑑定 芥川 竜之介
766 カンテラ 新美 南吉
767 旱天実景 下村 千秋
768 閑天地 石川 啄木
769 観点と距離 寺田 寅彦
770 巻頭随筆 坂口 安吾
771 関東防空大演習を嗤う 桐生 悠々
772 カントと現代の科学 戸坂 潤
773 間島パルチザンの歌 槙村 浩
774 カンナとオンナ 北大路 魯山人
775 金成マツとユーカラ 知里 真志保
776 観念性と抒情性 伊藤整氏『街と村』について 宮本 百合子
777 観念的その他 坂口 安吾
778 感応 岩村 透
779 寒の梅 宮本 百合子
780 疳の虫 牧野 信一
781 寒の夜晴れ 大阪 圭吉
782 乾杯 ——近代説話—— 豊島 与志雄
783 ガンバハル氏の実験(ラヂオドラマ) 岸田 国士
784 上林からの手紙 宮本 百合子
785 蒲原有明に帰れ 萩原 朔太郎
786 韓非子解題 小柳 司気太
787 贋物 薄田 泣菫
788 寒鮒 佐藤 垢石
789 勘平の死 岡本 綺堂
790 〔甘藍の球は弾けて〕 宮沢 賢治
791 官立演劇映画学校の提唱 岸田 国士
792 簡略自伝 佐左木 俊郎
793 巌流島 直木 三十五
794 咸臨丸その他 服部 之総
795 還暦反逆 久保田 万太郎
796 甘話休題 古川 緑波