1 紀伊国狐憑漆掻語 谷崎 潤一郎
2 黄色い日日 梅崎 春生
3 黄色な顔 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
4 黄いろのトマト 宮沢 賢治
5 消えた美しい不思議なにじ 小川 未明
6 消えた霊媒女 大倉 燁子
7 帰依と復活 亀井 勝一郎
8 機縁 (友なる画家の画稿に題す) 蒲原 有明
9 既往文化と新文化 ——某氏との談話—— 岸田 国士
10 記憶 萩原 朔太郎
11 記憶 梅崎 春生
12 記憶ちがい 辰野 隆
13 記憶に残る正月の思い出 宮本 百合子
14 記憶のいたづら 岸田 国士
15 記憶のまゝ 長塚 節
16 祇園の枝垂桜 九鬼 周造
17 戯画 北条 民雄
18 機械 横光 利一
19 機会 宮沢 賢治
20 議会見物 佐藤 垢石
21 奇怪な客 正宗 白鳥
22 奇怪な再会 芥川 竜之介
23 奇怪な話 豊島 与志雄
24 議会の印象 寺田 寅彦
25 幾何学と空間 戸坂 潤
26 器楽的幻覚 梶井 基次郎
27 饑餓陣営 一幕 宮沢 賢治
28 飢餓地帯を歩く ——東北農村惨状報告書—— 下村 千秋
29 饑餓の饗宴 ランボー ジャン・ニコラ・アルチュール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
30 棋家の文章など 三好 達治
31 帰還 竹内 浩三
32 祈願 今野 大力
33 機関車 佐左木 俊郎
34 機関車を見ながら 芥川 竜之介
35 奇巌城 アルセーヌ・ルパン ルブラン モーリス(著者) / 菊池 寛(翻訳者)
36 聞書抄 第二盲目物語 谷崎 潤一郎
37 聞きたるまゝ 泉 鏡花
38 危機における理論的意識 三木 清
39 木々の精、谷の精 坂口 安吾
40 帰京記 豊島 与志雄
41 桔梗の別れ 岸田 国士
42 戯曲以前のもの 岸田 国士
43 戯曲及び戯曲作家について 岸田 国士
44 戯曲講座 岸田 国士
45 戯曲時代 岸田 国士
46 戯曲時代去る 岸田 国士
47 戯曲集『鴉』の印象 岸田 国士
48 戯曲二十五篇を読まされた話 岸田 国士
49 戯曲の翻訳 岸田 国士
50 戯曲復興の兆 岸田 国士
51 戯曲を書く私の心持 豊島 与志雄
52 帰去来 太宰 治
53 キキリツツリ 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
54 危機を救ふもの 岸田 国士
55 菊あわせ 泉 鏡花
56 奇遇 芥川 竜之介
57 菊岡久利著「貧時交」 中原 中也
58 菊 食物としての 幸田 露伴
59 「菊池寛全集」の序 芥川 竜之介
60 菊池君 石川 啄木
61 菊池君 石川 啄木
62 菊池さんのおもひで 片山 広子
63 菊人形 宮本 百合子
64 菊の根分をしながら 会津 八一
65 菊模様皿山奇談 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
66 喜劇考 (吾が、アウエルバツハの一節) 牧野 信一
67 義血侠血 泉 鏡花
68 棄権 ——芥川賞(第二十三回)選後評—— 岸田 国士
69 義猴記 田中 貢太郎
70 喜光寺 薄田 泣菫
71 気候と郷愁 坂口 安吾
72 紀行文家の群れ ——田山花袋氏—— 小島 烏水
73 機構への挑戦 ——「場所」から「働き」へ—— 中井 正一
74 帰国 田山 花袋
75 疑獄元兇 宮沢 賢治
76 鬼哭寺の一夜 夏目 漱石
77 擬似新年 大下 宇陀児
78 岸田劉生の日本画 木村 荘八
79 気質と文章 南部 修太郎
80 雉子日記 堀 辰雄
81 岸辺 蔵原 伸二郎
82 汽車 平山 千代子
83 騎士屋 土田 耕平
84 きしやのしよくどう 村山 籌子
85 汽車の中のくまと鶏 小川 未明
86 汽車は走る 小川 未明
87 紀州人 岸田 国士
88 旗手クリストフ・リルケ抄 リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
89 貴種誕生と産湯の信仰と 折口 信夫
90 奇術考案業 長谷川 伸
91 技術的精神とは何か 戸坂 潤
92 技術と科学との概念 戸坂 潤
93 技術の哲学 戸坂 潤
94 技術へ行く問題 戸坂 潤
95 気象台風景 仲村 渠
96 魏志倭人伝 陳 寿
97 鬼神 北条 民雄
98 義人の姿 田中 貢太郎
99 鬼心非鬼心 (実聞) 北村 透谷
100 小林 多喜二
101 傷痕の背景 豊島 与志雄
102 傷だらけの足 ふたたび純潔について 宮本 百合子
103 疵だらけのお秋 三好 十郎
104 鼠頭魚釣り 幸田 露伴
105 痍のあと 長塚 節
106 帰省 漢那 浪笛
107 犠牲者 平林 初之輔
108 既成宗教の外 与謝野 晶子
109 奇蹟 原 民喜
110 気絶人形 原 民喜
111 季節の味 佐藤 垢石
112 季節の変るごとに 片山 広子
113 季節の植物帳 佐左木 俊郎
114 季節の馬車 佐藤 惣之助
115 煙管 芥川 竜之介
116 汽船が太平洋を横断するまで 服部 之総
117 机前に空しく過ぐ 小川 未明
118 汽船の中の父と子 小川 未明
119 寄贈書籍紹介 伊藤 野枝
120 木曾御岳の話 木暮 理太郎
121 木曽御嶽の両面 吉江 喬松
122 木曾川 北原 白秋
123 奇賊は支払う 烏啼天駆シリーズ・1 海野 十三
124 奇賊悲願 烏啼天駆シリーズ・3 海野 十三
125 木曽駒と甲斐駒 木暮 理太郎
126 木曽の一平 豊島 与志雄
127 木曽の怪物 ——「日本妖怪実譚」より 岡本 綺堂
128 木曽の旅人 岡本 綺堂
129 きその日は ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
130 木曽義仲論 芥川 竜之介
131 擬体 豊島 与志雄
132 期待する人 岸田 国士
133 期待と切望 宮本 百合子
134 北風にたこは上がる 小川 未明
135 北軽井沢にて 岸田 国士
136 北国の春 中谷 宇吉郎
137 北国の人 水野 葉舟
138 北岳と朝日岳 木暮 理太郎
139 北と南 坂口 安吾
140 北と南に憧がれる心 小川 未明
141 汚ない家 横光 利一
142 北の国のはなし 小川 未明
143 北の冬 小川 未明
144 北原白秋氏の肖像 木下 杢太郎
145 北へ行く 宮本 百合子
146 北穂天狗の思い出 上村 松園
147 北村透谷君 山路 愛山
148 北村透谷詩集 北村 透谷
149 北村透谷の短き一生 島崎 藤村
150 きたりすナトキンのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
151 来り人の地位と職業 平民申付候事 喜田 貞吉
152 ぎたる弾くひと 萩原 朔太郎
153 奇談クラブ〔戦後版〕 01 第四の場合 野村 胡堂
154 奇談クラブ〔戦後版〕 02 左京の恋 野村 胡堂
155 奇談クラブ〔戦後版〕 03 鍵 野村 胡堂
156 奇談クラブ〔戦後版〕 04 枕の妖異 野村 胡堂
157 奇談クラブ〔戦後版〕 05 代作恋文 野村 胡堂
158 奇談クラブ〔戦後版〕 06 夢幻の恋 野村 胡堂
159 奇談クラブ〔戦後版〕 07 観音様の頬 野村 胡堂
160 奇談クラブ〔戦後版〕 08 音盤の詭計 野村 胡堂
161 奇談クラブ〔戦後版〕 09 大名の倅 野村 胡堂
162 奇談クラブ〔戦後版〕 10 暴君の死 野村 胡堂
163 奇談クラブ〔戦後版〕 11 運命の釦 野村 胡堂
164 奇談クラブ〔戦後版〕 12 乞食志願 野村 胡堂
165 奇談クラブ〔戦後版〕 13 食魔 野村 胡堂
166 奇談クラブ〔戦後版〕 14 第四次元の恋 野村 胡堂
167 奇談クラブ〔戦後版〕 15 お竹大日如来 野村 胡堂
168 奇談クラブ〔戦後版〕 16 結婚ラプソディ 野村 胡堂
169 奇談クラブ〔戦後版〕 17 白髪の恋 野村 胡堂
170 狂女 モーパッサン ギ・ド(著者) / 秋田 滋(翻訳者)
171 気狂い機関車 大阪 圭吉
172 キチガイ地獄 夢野 久作
173 気狂ひ師匠 牧野 信一
174 鬼畜の言葉 宮本 百合子
175 吉日 正宗 白鳥
176 喫煙癖 佐左木 俊郎
177 喫煙四十年 寺田 寅彦
178 ギツコン バツタン 村山 籌子
179 喫茶店にて 萩原 朔太郎
180 永井 荷風
181 新美 南吉
182 蔵原 伸二郎
183 岡本 かの子
184 狐憑 中島 敦
185 狐と狸 田中 貢太郎
186 狐に化された話 土田 耕平
187 狐の田舎わたらひ 折口 信夫
188 狐のつかい 新美 南吉
189 狐の手帳 田中 貢太郎
190 狐の手套〈小序〉 堀 辰雄
191 狐の姐さん 宮本 百合子
192 狐の渡 土田 耕平
193 狐火 豊島 与志雄
194 きつねめさんのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
195 狐物語 林 芙美子
196 汽笛 佐左木 俊郎
197 帰途 水野 葉舟
198 祈祷 萩原 朔太郎
199 祈祷 ——敍情小曲—— 萩原 朔太郎
200 綺堂むかし語り 岡本 綺堂
201 キド効果 海野 十三
202 木と鳥になった姉妹 小川 未明
203 鬼無菊 北村 四海
204 鬼涙村 牧野 信一
205 鬼涙村 牧野 信一
206 気にいらない鉛筆 小川 未明
207 気になったこと 宮本 百合子
208 木に上った子供 小川 未明
209 上村 松園
210 絹と紙の話と師弟の間柄の話 上村 松園
211 気のいい火山弾 宮沢 賢治
212 気のいい火山弾 宮沢 賢治
213 昨日・今日・明日 織田 作之助
214 きのふけふの草花 南方 熊楠
215 きのうときょう 音楽が家庭にもたらすもの 宮本 百合子
216 きのふは嵐けふは晴天 小熊 秀雄
217 (きのふプルウストの……) 堀 辰雄
218 甲乙 泉 鏡花
219 きのこ会議 夢野 久作
220 茸狩り 和辻 哲郎
221 木の子説法 泉 鏡花
222 茸の香 薄田 泣菫
223 茸の舞姫 泉 鏡花
224 城崎を憶ふ 泉 鏡花
225 木下杢太郎『唐草表紙』序 夏目 漱石
226 木の十字架 堀 辰雄
227 気の毒な奥様 岡本 かの子
228 樹の根 和辻 哲郎
229 木の祭り 新美 南吉
230 木の都 織田 作之助
231 木の芽だち 地方文化発展の意義 宮本 百合子
232 黄八丈の小袖 岡本 綺堂
233 キビキビした青年紳士 甲賀 三郎
234 奇病患者 葛西 善蔵
235 義猫の塚 田中 貢太郎
236 貴婦人 泉 鏡花
237 岐阜提灯 田中 貢太郎
238 鬼仏洞事件 海野 十三
239 キフホイザー 野上 豊一郎
240 希望 小川 未明
241 希望 岸田 国士
242 木彫ウソを作った時 高村 光太郎
243 気まぐれの人形師 小川 未明
244 気まま者の日記 山中 貞雄
245 君が家 萩原 朔太郎
246 君達に送る——新しい民衆の精神 ——雑誌『民衆』の創刊号に—— 百田 宗治
247 機密の魅惑 大倉 燁子
248 君のねがひ サッフォ (著者) / 上田 敏(翻訳者)
249 義民甚兵衛 菊池 寛
250 義務 太宰 治
251 気むずかしやの見物 ——女形——蛇つかいのお絹・小野小町—— 宮本 百合子
252 奇面城の秘密 江戸川 乱歩
253 きもの 中 勘助
254 きもの 長谷川 時雨
255 着物 芥川 竜之介
256 きもの 長谷川 時雨
257 着物雑考 林 芙美子
258 疑問と空想 寺田 寅彦
259 疑問の金塊 海野 十三
260 虐殺の記念日 ——カール・ローザ十週年—— 今野 大力
261 逆襲をもって私は戦います 宮本 百合子
262 逆徒 平出 修
263 脚本難 岸田 国士
264 逆行 太宰 治
265 逆行 太宰 治
266 キャラコさん 01 社交室 久生 十蘭
267 キャラコさん 02 雪の山小屋 久生 十蘭
268 キャラコさん 03 蘆と木笛 久生 十蘭
269 キャラコさん 04 女の手 久生 十蘭
270 キャラコさん 05 鴎 久生 十蘭
271 キャラコさん 06 ぬすびと 久生 十蘭
272 キャラコさん 07 海の刷画 久生 十蘭
273 キャラコさん 08 月光曲 久生 十蘭
274 キャラコさん 09 雁来紅の家 久生 十蘭
275 キャラコさん 10 馬と老人 久生 十蘭
276 キャラコさん 11 新しき出発 久生 十蘭
277 「伽羅枕」及び「新葉末集」 北村 透谷
278 キャラメルと飴玉 夢野 久作
279 奇友往来 (引越しをする男) 牧野 信一
280 休刊的終刊 シュピオ小史 蘭 郁二郎
281 泣菫氏が近業一篇を読みて 蒲原 有明
282 泣菫詩抄 薄田 泣菫
283 牛経 大町 桂月
284 吸血鬼 江戸川 乱歩
285 球根 寺田 寅彦
286 旧作 上村 松園
287 窮死 国木田 独歩
288 旧師の家 若杉 鳥子
289 九州の学生とともに 小泉 八雲(著者) / 林田 清明(翻訳者)
290 九州の東海岸 宮本 百合子
291 旧主人 島崎 藤村
292 牛人 中島 敦
293 久助君の話 新美 南吉
294 球体派 豊島 与志雄
295 級長の願い 小林 多喜二
296 旧東京と蝙蝠 正岡 容
297 弓道中祖伝 国枝 史郎
298 牛鍋 森 鴎外
299 牛鍋からすき焼へ 古川 緑波
300 牛肉と馬鈴薯 国木田 独歩
301 牛乳と馬 豊島 与志雄
302 旧藩情 福沢 諭吉
303 キューピー 夢野 久作
304 旧聞日本橋 01 序文/自序 長谷川 時雨(著者) / 三上 於菟吉(著者)
305 旧聞日本橋 02 町の構成 長谷川 時雨
306 旧聞日本橋 03 蕎麦屋の利久 長谷川 時雨
307 旧聞日本橋 04 源泉小学校 長谷川 時雨
308 旧聞日本橋 05 大丸呉服店 長谷川 時雨
309 旧聞日本橋 06 古屋島七兵衛 長谷川 時雨
310 旧聞日本橋 07 テンコツさん一家 長谷川 時雨
311 旧聞日本橋 08 木魚の顔 長谷川 時雨
312 旧聞日本橋 09 木魚の配偶 長谷川 時雨
313 旧聞日本橋 10 勝川花菊の一生 長谷川 時雨
314 旧聞日本橋 11 朝散太夫の末裔 長谷川 時雨
315 旧聞日本橋 12 チンコッきり 長谷川 時雨
316 旧聞日本橋 13 お墓のすげかえ 長谷川 時雨
317 旧聞日本橋 14 西洋の唐茄子 長谷川 時雨
318 旧聞日本橋 15 流れた唾き 長谷川 時雨
319 旧聞日本橋 16 最初の外国保険詐欺 長谷川 時雨
320 旧聞日本橋 17 牢屋の原 長谷川 時雨
321 旧聞日本橋 18 神田附木店 長谷川 時雨
322 旧聞日本橋 19 明治座今昔 長谷川 時雨
323 旧聞日本橋 20 西川小りん 長谷川 時雨
324 旧聞日本橋 21 議事堂炎上 長谷川 時雨
325 旧聞日本橋 22 大門通り界隈一束(続旧聞日本橋・その一) 長谷川 時雨
326 旧聞日本橋 23 鉄くそぶとり(続旧聞日本橋・その二) 長谷川 時雨
327 旧聞日本橋 24 鬼眼鏡と鉄屑ぶとり(続旧聞日本橋・その三) 長谷川 時雨
328 旧聞日本橋 25 渡りきらぬ橋 長谷川 時雨
329 旧友の死 辰野 隆
330 胡瓜 北大路 魯山人
331 窮理日記 寺田 寅彦
332 胡瓜の種 鈴木 三重吉
333 九龍虫 上村 松園
334 丘陵風景 今野 大力
335 キュリー夫人 宮本 百合子
336 キュリー夫人の命の焔 宮本 百合子
337 芥川 竜之介
338 教育映画について 寺田 寅彦
339 教育家の教育 新渡戸 稲造
340 教育心理に関する現下の問題二三 久保 良英
341 教育と文芸 夏目 漱石
342 教育と迷信 丘 浅次郎
343 教育の事 福沢 諭吉
344 教育の最大目的 新渡戸 稲造
345 教育の民主主義化を要求す 与謝野 晶子
346 教育の目的 福沢 諭吉
347 教育の目的 新渡戸 稲造
348 教育の目的 新渡戸 稲造
349 饗宴 宮沢 賢治
350 饗応夫人 太宰 治
351 境界なき差別 丘 浅次郎
352 侠客の種類 幸田 露伴
353 狂歌師赤猪口兵衛 博多名物非人探偵 夢野 久作
354 鏡花氏の文章 中島 敦
355 「鏡花全集」目録開口 芥川 竜之介
356 経帷子の秘密 岡本 綺堂
357 鏡花との一夕 折口 信夫
358 京鹿子娘道成寺 酒井 嘉七
359 「狂気について」など 原 民喜
360 狂気の山脈にて ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
361 教訓談 芥川 竜之介
362 狂言綺語 蒲原 有明
363 狂言の買冠 三遊亭 円朝
364 狂言の神 太宰 治
365 暁光 宮本 百合子
366 行乞記 01 (一) 種田 山頭火
367 行乞記 02 三八九日記 種田 山頭火
368 行乞記 03 (二) 種田 山頭火
369 行乞記 04 (三) 種田 山頭火
370 行乞記 05 室積行乞 種田 山頭火
371 行乞記 06 北九州行乞 種田 山頭火
372 行乞記 07 伊佐行乞 種田 山頭火
373 行乞記 08 大田 種田 山頭火
374 行乞記 09 山口 種田 山頭火
375 行乞記 10 仙崎 種田 山頭火
376 行乞記 11 大田から下関 種田 山頭火
377 行乞記 12 広島・尾道 種田 山頭火
378 恐妻家庭円満術 小野 佐世男
379 共産食堂 クロポトキン ピョートル・アレクセーヴィチ(著者) / 大杉 栄(翻訳者)
380 共産党公判を傍聴して 宮本 百合子
381 共産党宣言 エンゲルス フリードリッヒ(著者) / マルクス カール・ハインリッヒ(著者) / 幸徳 秋水(翻訳者) / 堺 利彦(翻訳者)
382 共産党とモラル 三・一五によせて 宮本 百合子
383 教師 長塚 節
384 『教室の記録』の編集を終えて 村山 俊太郎
385 教師と子供 小川 未明
386 業者と美術家の覚醒を促す 宮本 百合子
387 郷愁 佐左木 俊郎
388 郷愁 太宰 治
389 郷愁 織田 作之助
390 郷愁 仲村 渠
391 郷愁の詩人 与謝蕪村 萩原 朔太郎
392 狂女と犬 小酒井 不木
393 鏡心灯語 抄 与謝野 晶子
394 狂人と鏡 今野 大力
395 狂人日記 ゴーゴリ ニコライ(著者) / 平井 肇(翻訳者)
396 狂人日記 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
397 狂人日記 モーパッサン ギ・ド(著者) / 秋田 滋(翻訳者)
398 狂人は笑う 夢野 久作
399 競漕 久米 正雄
400 恭三の父 加能 作次郎
401 教祖の文学 ——小林秀雄論—— 坂口 安吾
402 教祖の文学 ——小林秀雄論—— 坂口 安吾
403 嬌娜 田中 貢太郎
404 兄妹 岡本 かの子
405 夾竹桃の家の女 中島 敦
406 経つくゑ 樋口 一葉
407 郷土 今野 大力
408 共同耕作 宮本 百合子
409 狂童女の恋 岡本 かの子
410 共同の目標 岸田 国士
411 京都学校の記 福沢 諭吉
412 京都人の生活 宮本 百合子
413 京都人の夜景色 村山 槐多
414 京都帝国大学(十四行詩) 槙村 浩
415 郷土的味覚 寺田 寅彦
416 京都日記 芥川 竜之介
417 京都の朝市 柳 宗悦
418 京都のごりの茶漬け 北大路 魯山人
419 器用な言葉の洒落 薄田 泣菫
420 京に着ける夕 夏目 漱石
421 京の四季 和辻 哲郎
422 きょうの写真 宮本 百合子
423 今日の条件 豊島 与志雄
424 京のその頃 上村 松園
425 京の夏景色 上村 松園
426 狂馬 佐左木 俊郎
427 恐怖 谷崎 潤一郎
428 恐怖教育 原 民喜
429 恐怖城 佐左木 俊郎
430 恐怖について 海野 十三
431 恐怖の季節 三好 十郎
432 恐怖の口笛 海野 十三
433 恐怖の幻兵団員 大倉 燁子
434 今日もまた 今野 大力
435 共軛回転弾 ——金博士シリーズ・11—— 海野 十三
436 梟雄 坂口 安吾
437 「享楽座」のぷろろぐ 辻 潤
438 享楽人 和辻 哲郎
439 狂乱 近松 秋江
440 恐竜艇の冒険 海野 十三
441 恐竜島 海野 十三
442 曲亭馬琴 邦枝 完二
443 玉盃の曲 漢那 浪笛
444 曲馬団の「トッテンカン」 下村 千秋
445 極夜の記 牧野 信一
446 魚玄機 森 鴎外
447 嘘言と云ふことに就いての追想 伊藤 野枝
448 虚構の春 太宰 治
449 挙国一致体制と国民生活 戸坂 潤
450 虚子君へ 夏目 漱石
451 虚弱 三島 霜川
452 巨像を彫るもの 中井 正一
453 漁村の婦人の生活 宮本 百合子
454 去年 伊藤 左千夫
455 去年の木 新美 南吉
456 魚服記 太宰 治
457 魚服記に就て 太宰 治
458 虚妄と真実 蒲原 有明
459 魚紋 吉川 英治
460 魚妖 岡本 綺堂
461 魚妖 岡本 綺堂
462 魚籃坂にて 牧野 信一
463 帰来 阿部 次郎
464 吉良上野の立場 菊池 寛
465 雲母集 北原 白秋
466 斬られたさに 夢野 久作
467 斬られの仙太 三好 十郎
468 原 民喜
469 霧陰伊香保湯煙 三遊亭 円朝
470 霧ヶ峰から鷲ヶ峰へ 徳田 秋声
471 きりぎりす 太宰 治
472 きりぎりす の かひもの 村山 籌子
473 螽蟖の記 室生 犀星
474 切支丹転び 田中 貢太郎
475 『切支丹と旧エタ』について 喜田 貞吉
476 きりしとほろ上人伝 芥川 竜之介
477 希臘及び羅馬と香料 加福 均三
478 希臘十字 高祖 保
479 切捨御免 ——貞操なきジャーナリズム—— 坂口 安吾
480 キリスト者の告白 北条 民雄
481 キリストのヨルカに召された少年 ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ(著者) / 神西 清(翻訳者)
482 霧の旅 吉江 喬松
483 霧の中 ——「正夫の世界」—— 豊島 与志雄
484 霧の中のヨードル 中井 正一
485 桐の花 北原 白秋
486 桐の花とカステラ 北原 白秋
487 霧の蕃社 中村 地平
488 霧の不二、月の不二 小島 烏水
489 霧の夜に 南部 修太郎
490 桐生通信 坂口 安吾
491 きれいなきれいな町 小川 未明
492 きれぎれの追憶 神西 清
493 棄老伝説に就て 南方 熊楠
494 記録狂時代 寺田 寅彦
495 疑惑 南部 修太郎
496 疑惑 芥川 竜之介
497 疑惑の城 牧野 信一
498 極めて家庭的に 木村 好子
499 樹を愛する心 豊島 与志雄
500 金色の秋の暮 宮本 百合子
501 金色の口 宮本 百合子
502 金色のボタン 小川 未明
503 金解禁前後の経済事情 井上 準之助
504 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
505 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
506 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
507 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治
508 銀鼎 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
509 銀河の下の町 小川 未明
510 銀河まつり 吉川 英治
511 近眼芸妓と迷宮事件 夢野 久作
512 近畿地方に於ける神社 内藤 湖南
513 金魚 鈴木 三重吉
514 金魚 豊島 与志雄
515 近況 堀 辰雄
516 近況 岸田 国士
517 近況報告 坂口 安吾
518 金魚売り 小川 未明
519 〔金魚は青空を食べてふくらみ〕 桜間 中庸
520 金魚は死んでいた 大下 宇陀児
521 金魚撩乱 岡本 かの子
522 金銀小判 小川 未明
523 『キング』で得をするのは誰か 宮本 百合子
524 銀座 永井 荷風
525 銀座アルプス 寺田 寅彦
526 銀座街頭 三好 達治
527 近作鉢の会に一言 北大路 魯山人
528 銀座の朝 岡本 綺堂
529 銀座の柳 木村 荘八
530 銀座は昔からハイカラな所 淡島 寒月
531 銀座幽霊 大阪 圭吉
532 銀三十枚 国枝 史郎
533 金山揷話 大鹿 卓
534 近時詩壇寸感 中原 中也
535 近時政論考 陸 羯南
536 近日所感 萩原 朔太郎
537 錦紗 犬田 卯
538 禁酒の心 太宰 治
539 金将軍 芥川 竜之介
540 キンショキショキ 豊島 与志雄
541 近世快人伝 夢野 久作
542 金銭の話 太宰 治
543 金銭無情 坂口 安吾
544 金属女工の彼女 今野 大力
545 金属人間 海野 十三
546 近代劇論 岸田 国士
547 近代支那の文化生活 内藤 湖南
548 金太郎 楠山 正雄
549 金談にからまる詩的要素の神秘性に就て 坂口 安吾
550 禁断の死針 野村 胡堂
551 金時計 泉 鏡花
552 金の魚 小川 未明
553 金のくびかざり 小野 浩
554 銀の匙 中 勘助
555 金の十字架の呪い チェスタートン ギルバート・キース(著者) / 直木 三十五(翻訳者)
556 銀のつえ 小川 未明
557 金の猫の鬼 豊島 与志雄
558 銀の笛と金の毛皮 豊島 与志雄
559 金の目銀の目 豊島 与志雄
560 金の輪 小川 未明
561 金の輪 小川 未明
562 金歯 小川 未明
563 金峰山 木暮 理太郎
564 金鳳釵記 田中 貢太郎
565 きんまくわ 槙本 楠郎
566 金めだか 小川 未明
567 金鱗湖 中谷 宇吉郎
568 金狼 久生 十蘭
569 勤労と文化 岸田 国士