1 句合の月 正岡 子規
2 水野 仙子
3 悔なき青春を 現場録音No.4 No.5をよんで 宮本 百合子
4 偶感 宮本 百合子
5 偶感一語 宮本 百合子
6 偶感一束 岸田 国士
7 空間概念の分析 戸坂 潤
8 空気男 海野 十三(著者) / 丘 丘十郎(著者)
9 偶言 津田 左右吉
10 空襲下の日本 海野 十三
11 空襲警報 海野 十三
12 空襲時に於ける興行非常対策について 岸田 国士
13 空襲葬送曲 海野 十三
14 空襲ドラマ 岸田 国士
15 偶人信仰の民俗化並びに伝説化せる道 折口 信夫
16 グースベリーの熟れる頃 宮本 百合子
17 グーセフ チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
18 偶然の産んだ駄洒落 九鬼 周造
19 『偶像再興』序言 和辻 哲郎
20 偶像崇拝の心理 和辻 哲郎
21 空想日録 寺田 寅彦
22 偶像に就ての雑感 豊島 与志雄
23 ぐうたら戦記 坂口 安吾
24 空中征服 賀川 豊彦
25 空中に消えた兵曹 田中 貢太郎
26 空中漂流一週間 海野 十三
27 空中墳墓 海野 十三
28 苦力頭の表情 里村 欣三
29 空を飛ぶパラソル 夢野 久作
30 九月十月十一月 太宰 治
31 九月十四日の朝 正岡 子規
32 九月十四日の朝 正岡 子規
33 九月の或る日 宮本 百合子
34 九月四日 岡本 綺堂
35 釘抜藤吉捕物覚書 01 のの字の刀痕 林 不忘
36 釘抜藤吉捕物覚書 02 梅雨に咲く花 林 不忘
37 釘抜藤吉捕物覚書 03 三つの足跡 林 不忘
38 釘抜藤吉捕物覚書 04 槍祭夏の夜話 林 不忘
39 釘抜藤吉捕物覚書 05 お茶漬音頭 林 不忘
40 釘抜藤吉捕物覚書 06 巷説蒲鉾供養 林 不忘
41 釘抜藤吉捕物覚書 07 怪談抜地獄 林 不忘
42 釘抜藤吉捕物覚書 08 無明の夜 林 不忘
43 釘抜藤吉捕物覚書 09 怨霊首人形 林 不忘
44 釘抜藤吉捕物覚書 10 宇治の茶箱 林 不忘
45 釘抜藤吉捕物覚書 11 影人形 林 不忘
46 釘抜藤吉捕物覚書 12 悲願百両 林 不忘
47 釘抜藤吉捕物覚書 13 宙に浮く屍骸 林 不忘
48 傀儡の夢(五場) 岸田 国士
49 くぐつ名義考 古代社会組織の研究 喜田 貞吉
50 鵠沼雑記 芥川 竜之介
51 愚言二十七箇条 国枝 史郎
52 草あやめ 泉 鏡花
53 久坂葉子の誕生と死亡 久坂 葉子
54 草津行 長塚 節
55 腐った蜉蝣 蘭 郁二郎
56 草と虫とそして 種田 山頭火
57 草とり 徳冨 蘆花
58 草の親しみ 刈草の匂ひ 1 薄田 泣菫
59 「草野心平詩集」解説 豊島 与志雄
60 草野心平詩集『母岩』 中原 中也
61 草の根元 宮本 百合子
62 草の実 桜間 中庸
63 くさばな 萩原 朔太郎
64 くさびら 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
65 楔を打つ男 今野 大力
66 草枕 夏目 漱石
67 草道 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
68 草みち 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
69 草みち 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
70 草迷宮 泉 鏡花
71 草紅葉 永井 荷風
72 草藪 鷹野 つぎ
73 草藪の中 田中 貢太郎
74 鎖工場 大杉 栄
75 鎖ペンを握って ——三月十九日 夜——  山頭火 種田 山頭火
76 草わかば 蒲原 有明
77 草を分けて 小川 未明
78 クサンチス サマン アルベール(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
79 小川 未明
80 久地の梅林 大町 桂月
81 孔雀 芥川 竜之介
82 孔雀の樹に就いて 国枝 史郎
83 孔雀船 伊良子 清白
84 「孔雀船」解説 中山 省三郎
85 九条武子 長谷川 時雨
86 痀女抄録 矢田 津世子
87 鯨を釣る 佐藤 垢石
88 苦心の学友 佐々木 邦
89 愚人の毒 小酒井 不木
90 愚助大和尚 沖野 岩三郎
91 グスコーブドリの伝記 宮沢 賢治
92 葛のうら葉 清水 紫琴
93 楠の話 豊島 与志雄
94 葛の葉狐 楠山 正雄
95 国栖の名義 喜田 貞吉
96 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
97 薬売り 小川 未明
98 薬売りの少年 小川 未明
99 薬指の曲り 田中 貢太郎
100 崩れる鬼影 海野 十三
101 くせ 吉川 英治
102 喜多村 緑郎
103 九代目団十郎の首 高村 光太郎
104 砕けた瓦 (或る男の手帳から) 種田 山頭火
105 九谷焼 中谷 宇吉郎
106 管笛 小川 未明
107 くだもの 正岡 子規
108 果物の幻想 小川 未明
109 果物屋の広告文 仲村 渠
110 百済観音と夢殿観音と中宮寺弥勒 野間 清六
111 九段 坂口 安吾
112 駆逐されんとする文人 内田 魯庵
113 くちこ 北大路 魯山人
114 くちなし 宮本 百合子
115 唇草 岡本 かの子
116 唇のねじれた男 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
117 口笛を吹く武士 林 不忘
118 クチマネ 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
119 沓掛より 寺田 寅彦
120 屈辱 ——市電の一労働者に代って—— 今野 大力
121 グッド・バイ 太宰 治
122 「グッド・バイ」作者の言葉 太宰 治
123 愚禿親鸞 西田 幾多郎
124 国枝史郎氏の人物と作品 小酒井 不木
125 国貞えがく 泉 鏡花
126 『くにのあゆみ』について 宮本 百合子
127 クねずみ 宮沢 賢治
128 苦悩の年鑑 太宰 治
129 久野さんの死 宮本 百合子
130 久野女史をいたむ 兼常 清佐
131 愚の旗 竹内 浩三
132 首が落ちた話 芥川 竜之介
133 頸飾り モーパッサン ギ・ド(著者) / 辻 潤(翻訳者)
134 虞美人草 夏目 漱石
135 首頂戴 国枝 史郎
136 頸の上のアンナ チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
137 首のない騎馬武者 田中 貢太郎
138 首を失った蜻蛉 佐左木 俊郎
139 窪川稲子のこと 宮本 百合子
140 久保田米斎君の思い出 岡本 綺堂
141 久保田万太郎 牧野 信一
142 久保田万太郎氏 芥川 竜之介
143 久保田万太郎氏著「釣堀にて」 岸田 国士
144 新美 南吉
145 笑劇 一幕 チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
146 熊狩名人 佐藤 垢石
147 熊手と提灯 正岡 子規
148 熊と猪 沖野 岩三郎
149 くまと車掌 木内 高音
150 熊捕り競争 宮原 晃一郎
151 熊の足跡 徳冨 蘆花
152 熊の出る開墾地 佐左木 俊郎
153 熊野奈智山 若山 牧水
154 組合旗を折る 永崎 貢
155 組踊り以前 折口 信夫
156 久米の仙人 薄田 泣菫
157 久米正雄 ——傚久米正雄文体—— 芥川 竜之介
158 久米正雄氏の事 芥川 竜之介
159 山村 暮鳥
160 蜘蛛 豊島 与志雄
161 中原 中也
162 蜘蛛 甲賀 三郎
163 竹内 浩三
164 竹内 浩三
165 雲霧閻魔帳 吉川 英治
166 曇つた秋 中原 中也
167 くもと草 小川 未明
168 雲と子守歌 小川 未明
169 蜘蛛となめくじと狸 宮沢 賢治
170 〔くもにつらなるでこぼこがらす〕 宮沢 賢治
171 蜘蛛の糸 芥川 竜之介
172 雲のいろ/\ 幸田 露伴
173 雲の会 岸田 国士
174 雲の日記 正岡 子規
175 蜘蛛の夢 岡本 綺堂
176 雲のわくころ 小川 未明
177 雲は天才である 石川 啄木
178 雲は天才である 石川 啄木
179 〔雲ふかく 山裳を曳けば〕 宮沢 賢治
180 雲間寸観 石川 啄木(著者) / 大木 頭(著者)
181 くもり日つゞき 牧野 信一
182 〔雲を濾し〕 宮沢 賢治
183 供養 萩原 朔太郎
184 暗い青春 坂口 安吾
185 暗い天候 中原 中也
186 苦楽 ある人の問いに答えて——絵を作る時の作家の心境について私はこう考えています。 上村 松園
187 くらげのお使い 楠山 正雄
188 蔵の二階 豊島 与志雄
189 クララ 林 芙美子
190 クララの出家 有島 武郎
191 クラリネットを吹く男 小川 未明
192 クラリモンド ゴーチェ テオフィル(著者) / 芥川 竜之介(翻訳者)
193 栗毛虫 長塚 節
194 クリスマス 萩原 朔太郎
195 クリスマス・イーヴ アーヴィング ワシントン(著者) / 高垣 松雄(翻訳者)
196 クリスマス・カロル ディケンズ チャールズ(著者) / 森田 草平(翻訳者)
197 クリスマスの贈物 竹久 夢二
198 クリティシズムと認識論との関係 戸坂 潤
199 栗の花 岡本 綺堂
200 栗の花の咲くころ 佐左木 俊郎
201 栗ひろひ週間 槙本 楠郎
202 繰舟で往く家 牧野 信一
203 栗山大膳 森 鴎外
204 狂い凧 梅崎 春生
205 苦しく美しき夏 原 民喜
206 十字架観音 野村 胡堂
207 宮沢 賢治
208 寺田 寅彦
209 車蝦の茶漬け 北大路 魯山人
210 車引耕介に答ふ 岸田 国士
211 車屋の小供 田中 貢太郎
212 廓そだち 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
213 暮れ方の窓 漢那 浪笛
214 呉秀三先生 斎藤 茂吉
215 暮の街 宮本 百合子
216 黒い頭 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
217 黒石の人たち 太宰 治
218 黒い地帯 佐左木 俊郎
219 黒い蝶 田中 貢太郎
220 黒いちょうとお母さん 小川 未明
221 黒い月の世界 中谷 宇吉郎
222 黒い手帳 久生 十蘭
223 黒い塔 小川 未明
224 黒い旗物語 小川 未明
225 黒い人と赤いそり 小川 未明
226 黒い驢馬と白い山羊 宮本 百合子
227 黒岩涙香のこと 平林 初之輔
228 苦労人クウルトリイヌについて 岸田 国士
229 クローズアップ 平林 初之輔
230 クロオデルの「能」 堀 辰雄
231 グローバルタワーにて 福永 信
232 グローリア・スコット号 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
233 『黒影集』の序詞 田中 貢太郎
234 「鉄集」 堀 辰雄
235 くろがね天狗 海野 十三
236 黒壁 泉 鏡花
237 黒髪 近松 秋江
238 黒髪山 堀 辰雄
239 黒川能・観点の置き所 折口 信夫
240 グロスターのふくやさん ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
241 黒田清隆の方針 服部 之総
242 黒田如水 坂口 安吾
243 黒田如水 吉川 英治
244 黒谷村 坂口 安吾
245 黒足袋 吉井 勇
246 黒手組 江戸川 乱歩
247 黒蜥蜴 江戸川 乱歩
248 クロニック・モノロゲ 岸田 国士
249 黒猫 ポー エドガー・アラン(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
250 黒猫 島木 健作
251 黒猫 薄田 泣菫
252 黒猫十三 大倉 燁子
253 黒馬車 宮本 百合子
254 黒檜 北原 白秋
255 黒ぶだう 宮沢 賢治
256 黒船前後 服部 之総
257 黒船来航 服部 之総
258 黒部川奥の山旅 木暮 理太郎
259 黒部川を遡る 木暮 理太郎
260 黒部峡谷 木暮 理太郎
261 クロムランクとベルナアルに就いて 岸田 国士
262 「黒瞳」より アラルコン ペドロ・アントニオ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
263 黒百合 泉 鏡花
264 グロリア・スコット号 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
265 くろん坊 岡本 綺堂
266 黒んぼ会 槙本 楠郎
267 桑摘み 長谷川 時雨
268 鍬と鎌の五月 黒島 伝治
269 桑名の駅 中原 中也
270 くわの怒った話 小川 未明
271 桑の実 鈴木 三重吉
272 桑の虫と小伜 佐藤 垢石
273 軍艦金剛航海記 芥川 竜之介
274 群集 豊島 与志雄
275 群集の人 坂口 安吾
276 勲章を貰う話 菊池 寛
277 〔郡属伊原忠右エ門〕 宮沢 賢治
278 訓導 宮沢 賢治
279 軍服を着た百姓源造の除隊 今野 大力
280 軍用鮫 海野 十三
281 軍用鼠 海野 十三