1 小浅間 寺田 寅彦
2 小鰺釣 佐藤 垢石
3 渡辺 温
4 豊島 与志雄
5 宮沢 賢治
6 岡本 綺堂
7 斎藤 茂吉
8 正岡 子規
9 恋衣 増田 雅子(著者) / 山川 登美子(著者) / 与謝野 晶子(著者)
10 小石川台 大町 桂月
11 恋しき最後の丘 漢那 浪笛
12 碁石を呑んだ八っちゃん 有島 武郎
13 小泉八雲秘稿画本「妖魔詩話」 寺田 寅彦
14 恋妻であり敵であった 薄田 泣菫
15 恋と十手と巾着切 山中 貞雄
16 コイヌ 村山 籌子
17 小犬 鈴木 三重吉
18 小犬と太郎さん 槙村 浩
19 こいぬ の ちびすけ 村山 籌子
20 恋の一杯売 吉行 エイスケ
21 恋文 高田 保
22 小祝の一家 宮本 百合子
23 恋を恋する人 国木田 独歩
24 恋をしに行く(「女体」につゞく) 坂口 安吾
25 好意 豊島 与志雄
26 斯ういう気持 宮本 百合子
27 こういう月評が欲しい 宮本 百合子
28 孔乙己 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
29 行為の価値 宮本 百合子
30 貢院の春 原 勝郎
31 幸運の手紙のよりどころ 宮本 百合子
32 幸運の黒子 海野 十三
33 耕耘部の時計 宮沢 賢治
34 耕耘部の時計 宮沢 賢治
35 行雲流水 坂口 安吾
36 黄英 田中 貢太郎
37 公益に有害の鉱業を停止せざるの儀に付質問書 田中 正造
38 講演会 其他(大正十五年二月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
39 講演軍記 芥川 竜之介
40 公園の花と毒蛾 小川 未明
41 公園へ行く道 牧野 信一
42 紅黄録 伊藤 左千夫
43 好悪の論 折口 信夫
44 号外 国木田 独歩
45 郊外 萩原 朔太郎
46 郊外 国木田 独歩
47 航海 今野 大力
48 公開状 岸田 国士
49 公開書架(Open-shelf-system)につきて 佐野 友三郎
50 郊外生活の一年 大久保にて 岡本 綺堂
51 工学博士末広恭二君 寺田 寅彦
52 甲賀三郎『琥珀のパイプ』序 平林 初之輔
53 甲賀三郎氏に答う 夢野 久作
54 豪華版 宮本 百合子
55 校歌「都の西北」と私 相馬 御風
56 交歓記誌 萩原 朔太郎
57 坑鬼 大阪 圭吉
58 好奇心 織田 作之助
59 後記〔『道鏡』〕 坂口 安吾
60 後記にかえて〔『教祖の文学』〕 坂口 安吾
61 香気の尊さ 佐藤 垢石
62 紅玉 泉 鏡花
63 紅玉 泉 鏡花
64 香魚と水質 佐藤 垢石
65 香魚の讃 佐藤 垢石
66 後記〔『炉辺夜話集』〕 坂口 安吾
67 業苦 嘉村 礒多
68 子うぐいすと母うぐいす 小川 未明
69 行軍一 竹内 浩三
70 行軍二 竹内 浩三
71 工芸の道 柳 宗悦
72 高原 寺田 寅彦
73 高原 木暮 理太郎
74 高原にて 堀 辰雄
75 高原の太陽 岡本 かの子
76 講後 宮沢 賢治
77 口業 竹内 浩三
78 孝行鶉の話 宮原 晃一郎
79 考古学教室の思ひ出話 浜田 青陵
80 広告 伊丹 万作
81 好古小言 成島 柳北(著者) / 濹上漁史 (著者)
82 剛才人と柔才人と 芥川 竜之介
83 黄山谷について 高村 光太郎
84 高山の雪 小島 烏水
85 仔牛 新美 南吉
86 仔牛 新美 南吉
87 孔子 和辻 哲郎
88 孝子実伝 —室生犀星に— 萩原 朔太郎
89 格子縞の毛布 宮本 百合子
90 好日 三好 十郎
91 好日の記 牧野 信一
92 孔子と管仲 狩野 直喜
93 甲州郡内妖怪事件取り調べ報告 井上 円了
94 甲州鎮撫隊 国枝 史郎
95 庚娘 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
96 考城隍 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
97 工場細胞 小林 多喜二
98 工場の窓より 葉山 嘉樹
99 工場労働者の生活について 宮本 百合子
100 好色 芥川 竜之介
101 好色破邪顕正 小酒井 不木
102 好色夢 牧野 信一
103 行人 夏目 漱石
104 好人物 豊島 与志雄
105 香水紳士 大阪 圭吉
106 洪水大陸を呑む 海野 十三
107 香水の虹 牧野 信一
108 「香水の表情」に就いて ——漫談的無駄話—— 大手 拓次
109 郷介法師 国枝 史郎
110 後世 芥川 竜之介
111 校正後に 芥川 竜之介
112 後世への最大遺物 内村 鑑三
113 〔洪積の台のはてなる〕 宮沢 賢治
114 巷説享保図絵 林 不忘
115 光箭 今野 大力
116 「光線の圧力」の話 中谷 宇吉郎
117 光線のように 宮本 百合子
118 高台寺 宮本 百合子
119 小唄のレコード 九鬼 周造
120 孝太郎と悪太郎 槙村 浩
121 巷談師 坂口 安吾
122 講談先生 坂口 安吾
123 講談先生 坂口 安吾
124 高知がえり 寺田 寅彦
125 校長三代 太宰 治
126 黄鳥の嘆き 甲賀 三郎
127 校庭 宮沢 賢治
128 後庭 宮本 百合子
129 皇帝の使者 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
130 鋼鉄 今村 恒夫
131 香奠 豊島 与志雄
132 荒天吉日 岸田 国士
133 黄灯 田中 貢太郎
134 幸徳秋水と僕 ——反逆児の悩みを語る—— 木下 尚江
135 鉱毒飛沫 木下 尚江
136 高度八十マイル 中谷 宇吉郎
137 鴻ノ巣女房 矢田 津世子
138 国府台 大町 桂月
139 勾配 森川 義信
140 紅梅 与謝野 晶子
141 紅梅の客 吉川 英治
142 紅白縮緬組 国枝 史郎
143 公判 平出 修
144 交尾 梶井 基次郎
145 坑夫 夏目 漱石
146 幸福 加藤 一夫
147 幸福な家庭 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
148 幸福に暮らした二人 小川 未明
149 幸福について 宮本 百合子
150 幸福のうわおいぐつ アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
151 幸福の彼方 林 芙美子
152 幸福の感覚 宮本 百合子
153 幸福の建設 宮本 百合子
154 幸福のために 宮本 百合子
155 幸福のはさみ 小川 未明
156 幸福への意志 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
157 幸福への道 素木 しづ
158 幸福を 今野 大力
159 荒蕪地 犬田 卯
160 鉱夫の歌 萩原 朔太郎
161 坑夫の子 葉山 嘉樹
162 神戸 古川 緑波
163 弘法大師の文芸 内藤 湖南
164 高峯の頌 今野 大力
165 幸坊の猫と鶏 宮原 晃一郎
166 傲慢な眼 坂口 安吾
167 紅毛傾城 小栗 虫太郎
168 蝙蝠 桜間 中庸
169 蝙蝠 岡本 かの子
170 蝙蝠の歴史 片山 広子
171 拷問の話 岡本 綺堂
172 曠野 小川 未明
173 高野豆腐 北大路 魯山人
174 高野聖 泉 鏡花
175 高野聖 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
176 香油 水野 葉舟
177 交遊記 牧野 信一
178 交遊断片 豊島 与志雄
179 交遊秘話 牧野 信一
180 交友録より 室生 犀星
181 紅葉山人と一葉女史 宮本 百合子
182 光籃 泉 鏡花
183 「小売商人の不正事実」について 宮本 百合子
184 合理的、同時に多量の人間味 ——相互印象・菊池寛氏—— 芥川 竜之介
185 黄粱夢 芥川 竜之介
186 香爐を盗む 室生 犀星
187 講和問題について 宮本 百合子
188 宮本 百合子
189 声と食物 宮城 道雄
190 声と性格 宮城 道雄
191 声と人柄 宮城 道雄
192 五右衛門と新左 国枝 史郎
193 声をあげて泣く ——私の処女出版 山之口 貘
194 虎媛 田中 貢太郎
195 コーカサスの禿鷹 豊島 与志雄
196 コーヒー五千円 片山 広子
197 コーヒー哲学序説 寺田 寅彦
198 「ゴーリキイ伝」の遅延について 宮本 百合子
199 氷蔵の二階 宮本 百合子
200 氷と後光 宮沢 賢治
201 氷花 原 民喜
202 氷屋ぞめき 古川 緑波
203 氷屋の旗 石川 啄木
204 凍るアラベスク 妹尾 アキ夫
205 ゴールデン・バット事件 海野 十三
206 氷れる花嫁 渡辺 温
207 こほろぎの死 村山 籌子
208 語学修業 正宗 白鳥
209 木蔭の椽 宮本 百合子
210 古歌新釈 折口 信夫
211 小刀の味 高村 光太郎
212 五月 原 民喜
213 五月一日 波立 一
214 五月の朝の花 岡本 かの子
215 五月の詩 坂口 安吾
216 五月の雉 蔵原 伸二郎
217 五月のことば 宮本 百合子
218 五月の空 宮本 百合子
219 五月のはじめ 牧野 信一
220 五月の唯物観 寺田 寅彦
221 五月のように 竹内 浩三
222 五月六日 牧野 信一
223 五月よ 仲村 渠
224 五月より 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
225 小金井の桜 大町 桂月
226 黄金の甕 野口 雨情
227 こがね丸 巌谷 小波
228 黄金虫 ポー エドガー・アラン(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
229 黄金餅 三遊亭 円朝
230 五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍 宮本 百合子
231 五ヵ年計画とソヴェトの芸術 宮本 百合子
232 寺田 寅彦
233 こがらし ——南駅余情—— 岩本 素白
234 木枯紀行 若山 牧水
235 凩日記 牧野 信一
236 木枯の酒倉から ——聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話—— 坂口 安吾
237 木枯の酒倉から 聖なる酔っ払いは神々の魔手に誘惑された話 坂口 安吾
238 木枯の吹くころ 牧野 信一
239 こがらしの ふく ばん 小川 未明
240 後漢書倭伝 范 曄
241 胡弓 ベルトラン ルイ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
242 コキューの憶ひ出 中原 中也
243 故郷 豊島 与志雄
244 故郷 太宰 治
245 故郷 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
246 故郷 豊島 与志雄
247 故郷断想 今野 大力
248 故郷の話 宮本 百合子
249 故郷を想う 金 史良
250 故郷を辞す 室生 犀星
251 ごくあくウサギのものがたり ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
252 黒衣聖母 芥川 竜之介
253 国技館 太宰 治
254 国号の由来 喜田 貞吉
255 国語音韻の変遷 橋本 進吉
256 刻々 宮本 百合子
257 国語尊重 伊東 忠太
258 国語と民俗学 折口 信夫
259 国語の自在性 西田 幾多郎
260 「国語文化講座」監修者の言葉 岸田 国士
261 国際学術会議への旅 仁科 芳雄
262 国際観光局の映画試写会 宮本 百合子
263 国際殺人団の崩壊 海野 十三
264 国際射的大競技 小酒井 不木
265 国際雪氷委員会のことなど 中谷 宇吉郎
266 国際婦人デーへのメッセージ 宮本 百合子
267 国際民婦連へのメッセージ 「女性を守る会」から 宮本 百合子
268 国際無産婦人デーに際して 作家同盟各支部に婦人委員会をつくれ 宮本 百合子
269 国際聯盟とは如何なものか 新渡戸 稲造
270 国産自動車と価格の問題 ——自動車製造工業の一大難関—— 豊田 喜一郎
271 黒死館殺人事件 小栗 虫太郎
272 「黒死館殺人事件」序 甲賀 三郎
273 「黒死館殺人事件」著者之序 小栗 虫太郎
274 穀神としての牛に関する民俗 中山 太郎
275 国柱会 宮沢 賢治
276 獄中記 大杉 栄
277 獄中消息 大杉 栄
278 獄中生活 堺 利彦
279 獄中通信 戸坂 潤
280 獄中の女より男に 原田 皐月
281 獄中のコンミューンの戦士の詩を憶って 槙村 浩
282 獄中への手紙 01 一九三四年(昭和九年) 宮本 百合子
283 獄中への手紙 02 一九三五年(昭和十年) 宮本 百合子
284 獄中への手紙 03 一九三六年(昭和十一年) 宮本 百合子
285 獄中への手紙 04 一九三七年(昭和十二年) 宮本 百合子
286 獄中への手紙 05 一九三八年(昭和十三年) 宮本 百合子
287 獄中への手紙 06 一九三九年(昭和十四年) 宮本 百合子
288 獄中への手紙 07 一九四〇年(昭和十五年) 宮本 百合子
289 獄中への手紙 08 一九四一年(昭和十六年) 宮本 百合子
290 獄中への手紙 09 一九四二年(昭和十七年) 宮本 百合子
291 獄中への手紙 10 一九四三年(昭和十八年) 宮本 百合子
292 獄中への手紙 11 一九四四年(昭和十九年) 宮本 百合子
293 獄中への手紙 12 一九四五年(昭和二十年) 宮本 百合子
294 黒点 ——或る青年の「回想記」の一節—— 豊島 与志雄
295 コクトオの『声』その他を聴く 岸田 国士
296 獄内にてドイツの同志を思う歌 ——高知牢獄にて—— 槙村 浩
297 黒板は何処から来たのか 小倉 金之助
298 黒白ストーリー 杉山 萠円(著者) / 夢野 久作(著者)
299 国分一太郎君の仕事 村山 俊太郎
300 国文学の発生(第一稿) 呪言と敍事詩と 折口 信夫
301 国文学の発生(第三稿) まれびとの意義 折口 信夫
302 国文学の発生(第二稿) 折口 信夫
303 国文学の発生(第四稿) 唱導的方面を中心として 折口 信夫
304 国宝 宮本 百合子
305 国防と文化 岸田 国士
306 小ぐまさん の かんがへちがひ 村山 籌子
307 国民学校への過程 宮本 百合子
308 国民性と文学 綱島 梁川
309 国民と思想 北村 透谷
310 国民の人格向上と科学技術 仁科 芳雄
311 極楽 菊池 寛
312 極楽とんぼ 野口 雨情
313 小倉西高校新聞への回答 宮本 百合子
314 国立国会図書館 中井 正一
315 国立国会図書館について 中井 正一
316 狐狗狸の話 田中 貢太郎
317 古句を観る 柴田 宵曲
318 苔人形 新美 南吉
319 午後 宮本 百合子
320 午後 与謝野 晶子
321 後光殺人事件 小栗 虫太郎
322 湖光島影 琵琶湖めぐり 近松 秋江
323 凍える女 小川 未明
324 ここが楢山 〈母を語る〉 小津 安二郎
325 ココナットの実 夢野 久作
326 ここに弟あり 岸田 国士
327 九つの鍵 野村 胡堂
328 〔こはドロミット洞窟の〕 宮沢 賢治
329 古語復活論 折口 信夫
330 こころ 夏目 漱石
331 こゝろ 宮沢 賢治
332 漢那 浪笛
333 こころ 今野 大力
334 心から送る拍手 宮本 百合子
335 『心』広告文 夏目 漱石
336 『心』自序 夏目 漱石
337 心平かなり 岸田 国士
338 心に疼く欲求がある 宮本 百合子
339 心の王者 太宰 治
340 心の鬼 清水 紫琴
341 〔こゝろの影を恐るなと〕 宮沢 賢治
342 心の河 宮本 百合子
343 心の仕事を 或未知の友への手紙 堀 辰雄
344 心の調べ 宮城 道雄
345 心の姿の研究 石川 啄木
346 心の飛沫 宮本 百合子
347 心の故郷 正宗 白鳥
348 心ひとつ 宮本 百合子
349 心持について 宮本 百合子
350 『心』予告 夏目 漱石
351 孤座 相馬 御風
352 小酒井さんのことども 国枝 史郎
353 小酒井不木氏 平林 初之輔
354 小酒井不木氏スケッチ 国枝 史郎
355 小酒井不木氏の思い出 —その丹念な創作態度— 国枝 史郎
356 「小酒井不木集」はしがき 小酒井 不木
357 小ざかな干物の味 北大路 魯山人
358 小作人への告別 有島 武郎
359 小桜姫物語 01 舌代 浅野 正恭
360 小桜姫物語 02 序 土井 晩翠
361 小桜姫物語 03 小桜姫物語 浅野 和三郎
362 子ざると母ざる 母が子供に読んできかせてやる童話 小川 未明
363 胡氏 田中 貢太郎
364 護持院原の敵討 森 鴎外
365 古事記 01 凡例 武田 祐吉
366 古事記 02 校註 古事記 太 安万侶(著者) / 稗田 阿礼(著者) / 武田 祐吉(校訂者)
367 古事記 03 現代語訳 古事記 太 安万侶(著者) / 稗田 阿礼(著者) / 武田 祐吉(翻訳者)
368 古事記 04 解説 武田 祐吉
369 古事記 05 語句索引 武田 祐吉
370 古事記 06 歌謡各句索引 武田 祐吉
371 五色温泉スキー日記 板倉 勝宣
372 乞食学生 太宰 治
373 五色蟹 岡本 綺堂
374 乞食の子 鈴木 三重吉
375 乞食の名誉 伊藤 野枝
376 古事記物語 鈴木 三重吉
377 古寺巡礼 和辻 哲郎
378 後日譚 岸田 国士
379 小島の春 01 序 高野 六郎
380 小島の春 02 序 下村 海南
381 小島の春 03 序 光田 健輔
382 五〇年代の文学とそこにある問題 宮本 百合子
383 五十年をかえりみて 宮城 道雄
384 五重塔 幸田 露伴
385 五重塔 幸田 露伴
386 古松研 薄田 泣菫
387 悟浄出世 中島 敦
388 悟浄歎異 —沙門悟浄の手記— 中島 敦
389 古城の真昼 野村 胡堂
390 五所川原 太宰 治
391 五所川原 太宰 治
392 五所川原 太宰 治
393 湖水と彼等 豊島 与志雄
394 湖水の女 鈴木 三重吉
395 湖水の鐘 鈴木 三重吉
396 湖水めぐり 野上 豊一郎
397 小杉放庵 木村 荘八
398 小杉未醒氏 芥川 竜之介
399 小鈴 宮本 百合子
400 古図の信じ得可き程度 木暮 理太郎
401 コスモスとお母さま 桜間 中庸
402 個性 北大路 魯山人
403 呉清源 坂口 安吾
404 呉清源 佐藤 垢石
405 個性というもの 宮本 百合子
406 小伜の釣り 佐藤 垢石
407 午前一時に ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
408 五銭のあたま 小川 未明
409 古銭の謎 野村 胡堂
410 こぞうさんの おきょう 新美 南吉
411 五題 山中 貞雄
412 「古代感愛集」読後 堀 辰雄
413 古代研究 追ひ書き 折口 信夫
414 古代国語の音韻に就いて 橋本 進吉
415 古代人の思考の基礎 折口 信夫
416 古代生活に見えた恋愛 折口 信夫
417 古代生活の研究 常世の国 折口 信夫
418 古代中世言語論 折口 信夫
419 五大堂 田沢 稲舟
420 古代に於ける言語伝承の推移 折口 信夫
421 古代之少女 伊藤 左千夫
422 古代民謡の研究 その外輪に沿うて 折口 信夫
423 木精 森 鴎外
424 木精(三尺角拾遺) 泉 鏡花
425 枯淡の風格を排す 坂口 安吾
426 枯淡の風格を排す 坂口 安吾
427 小知恵にとらわれた現代の法律学 末弘 厳太郎
428 古千屋 芥川 竜之介
429 其中日記 01 (一) 種田 山頭火
430 其中日記 02 (二) 種田 山頭火
431 其中日記 03 (三) 種田 山頭火
432 其中日記 04 (四) 種田 山頭火
433 其中日記 05 (五) 種田 山頭火
434 其中日記 06 (六) 種田 山頭火
435 其中日記 07 (七) 種田 山頭火
436 其中日記 08 (八) 種田 山頭火
437 其中日記 09 (九) 種田 山頭火
438 其中日記 10 (十) 種田 山頭火
439 其中日記 11 (十一) 種田 山頭火
440 其中日記 12 (十二) 種田 山頭火
441 其中日記 13 (十三) 種田 山頭火
442 其中日記 14 (十三の続) 種田 山頭火
443 其中日記 15 (十四) 種田 山頭火
444 其中日記 16 (十五) 種田 山頭火
445 五通 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
446 国会図書館のこのごろ 中井 正一
447 国会図書館の窓から 中井 正一
448 国境 黒島 伝治
449 骨董 幸田 露伴
450 骨董 幸田 露伴
451 骨董羹 —寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文— 芥川 竜之介
452 小壺狩 薄田 泣菫
453 骨仏 久生 十蘭
454 ゴッホについて 三好 十郎
455 古典からの新しい泉 宮本 百合子
456 古典風 太宰 治
457 古典竜頭蛇尾 太宰 治
458 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
459 古都 坂口 安吾
460 古陶磁の価値 ——東京上野松坂屋楼上にて—— 北大路 魯山人
461 胡堂百話 野村 胡堂
462 孤独 蘭 郁二郎
463 孤独閑談 坂口 安吾
464 孤独地獄 芥川 竜之介
465 孤独者の愛 豊島 与志雄
466 孤独のことなど 北条 民雄
467 今年印象に残れる作品 平林 初之輔
468 今年改良したき事 宮本 百合子
469 今年心を動かした事 宮本 百合子
470 今年こそは 宮本 百合子
471 今年こそは 宮本 百合子
472 今年の計画 宮本 百合子
473 「今年の傑作小説」 宮本 百合子
474 今年のことば 宮本 百合子
475 今年の文壇で 牧野 信一
476 今年の文壇を回顧する 牧野 信一
477 今年の抱負 大倉 燁子
478 今年発表した一ばん好きな自作について 牧野 信一
479 今年発表の作品 牧野 信一
480 小利根川の桜 大町 桂月
481 ことの真実 宮本 百合子
482 琴のそら音 夏目 漱石
483 琴の音 樋口 一葉
484 琴の音 樋口 一葉
485 言葉言葉言葉 岸田 国士
486 ことばのうみのおくがき 大槻 文彦
487 言葉の不思議 寺田 寅彦
488 言葉の魅力 ——女学校用国語読本のために—— 岸田 国士
489 言葉の魅力[第一稿] 岸田 国士
490 琴平 宮本 百合子
491 子供・子供・子供のモスクワ 宮本 百合子
492 子供たち 林 芙美子
493 子供どうし 小川 未明
494 子供と旅 田山 花袋
495 子供に化けた狐 野口 雨情
496 少年の悲哀 国木田 独歩
497 少年の悲哀 国木田 独歩
498 子供の言葉 片山 広子
499 子供の時分の話 小川 未明
500 子どものすきな神さま 新美 南吉
501 コドモノスケッチ帖 動物園にて 竹久 夢二
502 子供の世界 宮本 百合子
503 子どもの世界 村山 俊太郎
504 子供のために書く母たち 「村の月夜」にふれつつ 宮本 百合子
505 子供のためには 宮本 百合子
506 子供の床屋 小川 未明
507 子供の病気 一游亭に 芥川 竜之介
508 子供の保護 ゴールドマン エマ(著者) / 伊藤 野枝(翻訳者)
509 “子供の本”について 宮本 百合子
510 子供の霊 岡崎 雪声
511 こども風土記 柳田 国男
512 子供役者の死 岡本 綺堂
513 小鳥 宮本 百合子
514 小鳥と兄妹 小川 未明
515 小鳥の如き我は 宮本 百合子
516 粉雪 中谷 宇吉郎
517 湖南の扇 芥川 竜之介
518 子に愛人の出来た場合 宮本 百合子
519 子に与ふ 北 一輝
520 碁にも名人戦つくれ 坂口 安吾
521 子猫 寺田 寅彦
522 仔猫の裁判 槙本 楠郎
523 仔猫の「トラ」 片山 広子
524 「子猫ノハナシ」 片山 広子
525 小ねこはなにを知ったか 小川 未明
526 五年後 原 民喜
527 近衛内閣の常識性 戸坂 潤
528 この子 樋口 一葉
529 『この心の誇り』 パール・バック著 宮本 百合子
530 この頃 宮本 百合子
531 このごろ 太宰 治
532 この頃の皇太子殿下 小泉 信三
533 このごろの人気 宮本 百合子
534 この子を残して 永井 隆
535 この初冬 宮本 百合子
536 このたび大阪 古川 緑波
537 碁の手直り表 菊池 寛
538 この夏 宮本 百合子
539 この握りめし 岸田 国士
540 『この果てに君ある如く』の選後に ここに語られている意味 宮本 百合子
541 木の葉山女魚 佐藤 垢石
542 〔このみちの醸すがごとく〕 宮沢 賢治
543 この三つのことば わたしたちは・平和を・欲している 宮本 百合子
544 古盃 萩原 朔太郎
545 琥珀揚げ 北大路 魯山人
546 琥珀のパイプ 甲賀 三郎
547 小林虐殺一周忌 二月二十日 今野 大力
548 小林さんと私のツキアイ 坂口 安吾
549 小林多喜二の今日における意義 宮本 百合子
550 〔小林秀雄氏への公開状〕 牧野 信一
551 小林秀雄小論 中原 中也
552 小春 萩原 朔太郎
553 小春 国木田 独歩
554 小春の狐 泉 鏡花
555 湖畔手記 葛西 善蔵
556 湖畔亭事件 江戸川 乱歩
557 小日向台 大町 桂月
558 五百句 高浜 虚子
559 五百五十句 高浜 虚子
560 犬田 卯
561 鼓舞さるべき仕事 中野重治「汽車の缶焚き」 宮本 百合子
562 辛夷の花 堀 辰雄
563 瘤とり 楠山 正雄
564 ゴボウ君と大根君 村山 籌子
565 コポオの弟子たち 岸田 国士
566 古木 ——近代説話—— 豊島 与志雄
567 五本の指 ベルトラン ルイ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
568 独楽 高祖 保
569 こま犬 岡本 綺堂
570 駒台の発案者 関根 金次郎
571 小町の芍薬 岡本 かの子
572 駒鳥の胸 牧野 信一
573 駒のいななき 橋本 進吉
574 小むすめ 清水 紫琴
575 ゴムフウセン 桜間 中庸
576 小村淡彩 宮本 百合子
577 犬田 卯
578 米粒の中の仏様 中谷 宇吉郎
579 子もりうた 小川 未明
580 子守つ子 チェーホフ アントン(著者) / 鈴木 三重吉(翻訳者)
581 御門主 与謝野 晶子
582 小山祐士君の『瀬戸内海の子供ら』 岸田 国士
583 小指一本の大試合 山中 峯太郎
584 五葉の松 横瀬 夜雨
585 『暦』とその作者 宮本 百合子
586 娯楽奉仕の心構へ ——酔つてクダまく職人が心構へを説くこと—— 坂口 安吾
587 娯楽論 民衆と娯楽・その積極性と社会性・ 戸坂 潤
588 ゴリオ爺さん バルザック オノレ・ド(著者) / 中島 英之(翻訳者)
589 ごりがん 上司 小剣
590 ゴルバートフ「降伏なき民」 宮本 百合子
591 ゴルフ随行記 寺田 寅彦
592 ゴルフと「悪い仲間」 坂口 安吾
593 ゴルフ・パンツははいていまい 宮本 百合子
594 これから書きます 宮本 百合子
595 これから結婚する人の心持 宮本 百合子
596 これからの戯曲 岸田 国士
597 これでは囚人扱い 宮本 百合子
598 是は現実的な感想 宮本 百合子
599 是名優哉(一幕) 岸田 国士
600 コレラ 原 民喜
601 殺された天一坊 浜尾 四郎
602 ごろぜみ 新美 南吉
603 破落戸の昇天 モルナール フェレンツ(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
604 ごろつきの話 折口 信夫
605 語呂の論理 中谷 宇吉郎
606 コロボックル風俗考 坪井 正五郎
607 コロボックル北海道に住みしなるべし 坪井 正五郎
608 法衣 田中 貢太郎
609 蠱惑 豊島 与志雄
610 ごわごわごむ靴 桜間 中庸
611 乞はない乞食 添田 唖蝉坊
612 こわれた鏡 ジイド知性の喜劇 宮本 百合子
613 壊れたバリコン 海野 十三
614 こわれ指環 清水 紫琴
615 子を奪う 豊島 与志雄
616 子をつれて 葛西 善蔵
617 子をつれて 葛西 善蔵
618 婚姻の媒酌 榊 亮三郎
619 婚期 林 芙美子
620 ごん狐 新美 南吉
621 婚期はずれ 織田 作之助
622 今月の感想 ——文芸時評 岸田 国士
623 今後の寺院生活に対する私考 坂口 安吾
624 今後の寺院生活に対する私考 坂口 安吾
625 ごんごろ鐘 新美 南吉
626 今後を童話作家に 小川 未明
627 権三と助十 岡本 綺堂
628 金色夜叉 尾崎 紅葉
629 今昔茶話 国枝 史郎
630 今昔ばなし抱合兵団 ——金博士シリーズ・4—— 海野 十三
631 今昔物語 21 大江匡衡が歌をよむ話 和田 万吉
632 権助の恋 正岡 子規
633 今世風の教育 新渡戸 稲造
634 こん畜生 竹内 浩三
635 昆虫図 久生 十蘭
636 近藤勇と科学 直木 三十五
637 近藤浩一路氏 芥川 竜之介
638 今度こそ 片岡 鉄兵
639 今度の選挙と婦人 宮本 百合子
640 今度の出し物について 岸田 国士
641 混沌 森 鴎外(著者) / 森 林太郎(著者)
642 渾沌未分 岡本 かの子
643 こんな俳優が欲しい 岸田 国士
644 こんな二人 長谷川 時雨
645 今日になるまで 上村 松園
646 今日の感想 坂口 安吾
647 今日の感想 坂口 安吾
648 今日の作家と読者 宮本 百合子
649 今日の耳目 宮本 百合子
650 今日の女流作家と時代との交渉を論ず 宮本 百合子
651 今日の生活と文化の問題 宮本 百合子
652 今日の生命 宮本 百合子
653 今日の読者の性格 宮本 百合子
654 今日の日本の文化問題 宮本 百合子
655 今日の文学と文学賞 宮本 百合子
656 今日の文学に求められているヒューマニズム 宮本 百合子
657 今日の文学の諸相 宮本 百合子
658 今日の文学の鳥瞰図 宮本 百合子
659 今日の文学の展望 宮本 百合子
660 今日の文化の諸問題 宮本 百合子
661 今日の文章 宮本 百合子
662 こんにゃく売り 徳永 直
663 〔こんにやくの〕 宮沢 賢治
664 菎蒻本 泉 鏡花
665 金春会の「隅田川」 芥川 竜之介
666 金比羅参り 若山 牧水
667 昆布とろ 北大路 魯山人
668 昆布とろの吸い物 北大路 魯山人
669 コンラッドの描きたる自然について 夏目 漱石
670 困惑の弁 太宰 治