1 西園寺公の食道楽 北大路 魯山人
2 西鶴と科学 寺田 寅彦
3 在学理由 豊島 与志雄
4 さいかち淵 宮沢 賢治
5 さいかち淵 宮沢 賢治
6 罪過論 石橋 忍月
7 再刊の言葉 宮本 百合子
8 細木香以 森 鴎外
9 最近欧米に於ける財政経済事情 井上 準之助
10 最近注目した長篇・短篇小説に就て 牧野 信一
11 最近日本の科学論 ——緒論の部—一般的特色について—— 戸坂 潤
12 最近の感想 種田 山頭火
13 最近の戯曲について 岸田 国士
14 最近の菊池寛氏 豊島 与志雄
15 最近の犯罪の傾向に就て 野村 胡堂
16 最近悦ばれているものから 宮本 百合子
17 歳月 岸田 国士
18 歳月 宮本 百合子
19 「歳月」前記 岸田 国士
20 西郷隆盛 芥川 竜之介
21 最古日本の女性生活の根柢 折口 信夫
22 最古日本の女性生活の根柢 折口 信夫
23 最後の一句 森 鴎外
24 最後の一句 森 鴎外
25 最後の大杉 内田 魯庵
26 最後の丘 漢那 浪笛
27 最後の胡弓弾き 新美 南吉
28 最後の勝利者は誰ぞ 北村 透谷
29 最後の手紙 仲村 渠
30 最後の晩餐 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
31 再婚 牧野 信一
32 再婚について 島崎 藤村
33 歳々是好年 宮本 百合子
34 歳時記新註 寺田 寅彦
35 祭日 リルケ ライネル・マリア(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
36 祭日ならざる日々 日本女性の覚悟 宮本 百合子
37 祭日〔二〕 宮沢 賢治
38 最終戦争論 石原 莞爾
39 最終の午後 モルナール フェレンツ(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
40 税所敦子孝養図 上村 松園
41 最小人間の怪 ——人類のあとを継ぐもの—— 海野 十三
42 崔書生 田中 貢太郎
43 最初の印象 大倉 燁子
44 最初の苦悩 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
45 最初の出品画 ——四季美人図—— 上村 松園
46 最初の問い 宮本 百合子
47 最初の悲哀 竹久 夢二
48 再生 田中 貢太郎
49 再生の日の海を眺めて ——その日牢獄を出でたる一革命家の歌える 松本 淳三
50 西大寺の伎芸天女 薄田 泣菫
51 採炭夫の歌 後藤 謙太郎
52 最低の古典 ——新かなづかひと漢字制限—— 折口 信夫
53 咲いてゆく花 素木 しづ
54 斎藤緑雨 内田 魯庵
55 斎藤緑雨と内田不知菴 坪内 逍遥
56 災難雑考 寺田 寅彦
57 罪人 アルチバシェッフ ミハイル・ペトローヴィチ(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
58 才一巧亦不二 芥川 竜之介
59 再版に際して〔『吹雪物語』〕 坂口 安吾
60 再版について(『私たちの建設』) 宮本 百合子
61 再武装するのはなにか MRAについて 宮本 百合子
62 西方の人 芥川 竜之介
63 採峰徘菌愚 佐藤 垢石
64 才丸行き 長塚 節
65 災厄の日 原 民喜
66 『西遊記』の夢 中谷 宇吉郎
67 材料か料理か 北大路 魯山人
68 「ザイルの三人」訳者あとがき 妹尾 アキ夫
69 さをのしづく 樋口 一葉
70 宮本 百合子
71 堺事件 森 鴎外
72 堺水族館の歌 安西 冬衛
73 堺へ帰らう 河井 酔茗
74 坂口安吾君の『黒谷村』を読む 牧野 信一
75 坂口流の将棋観 坂口 安吾
76 酒倉 小川 未明
77 さがしもの 土田 耕平
78 森 鴎外
79 漢那 浪笛
80 逆立ちの公・私 宮本 百合子
81 坂田の場合 ——「小悪魔の記録」—— 豊島 与志雄
82 魚の餌 梅崎 春生
83 魚の序文 林 芙美子
84 魚の憂鬱 薄田 泣菫
85 酒場にあつまる ——春のうた—— 萩原 朔太郎
86 酒場にて 中原 中也
87 さかほがひ 上田 敏
88 坂道 新美 南吉
89 坂道の孤独参昧 牧野 信一
90 坂本竜馬手記 イロハ丸航海日記 坂本 竜馬
91 坂本竜馬手帳摘要 坂本 竜馬
92 サガレンと八月 宮沢 賢治
93 サガレンの浮浪者 広海 大治
94 鷺と鴛鴦 芥川 竜之介
95 〔鷺はひかりの空に餓ゑ〕 宮沢 賢治
96 鷺娘 大倉 燁子
97 砂丘 宮本 百合子
98 作業機械 細井 和喜蔵
99 座興に非ず 太宰 治
100 作男・ゴーの名誉 チェスタートン ギルバート・キース(著者) / 直木 三十五(翻訳者)
101 作画について 上村 松園
102 作者の言分 ——八月創作評を読んで—— 坂口 安吾
103 〔作者の言分〕 (「淡雪」の作者) 牧野 信一
104 作者の言葉(「牛山ホテル」の後に) 岸田 国士
105 作者のことば(『現代日本文学選集』第八巻) 宮本 百合子
106 作者の言葉〔『火 第一部』〕 坂口 安吾
107 作者の言葉(『貧しき人々の群』) 宮本 百合子
108 作者の住む世界 豊島 与志雄
109 作者附記〔「火」『群像』連載第一回〕 坂口 安吾
110 作品と生活のこと 宮本 百合子
111 作品の血脈 宮本 百合子
112 作品の主人公と心理の翳 宮本 百合子
113 作品のテーマと人生のテーマ 宮本 百合子
114 作品のよろこび 創作メモ 宮本 百合子
115 作品の倫理的批評 豊島 与志雄
116 作物の批評 夏目 漱石
117 作物の用意 泉 鏡花
118 岡本 かの子
119 桜枝町その他 坂口 安吾
120 桜さく島 春のかはたれ 竹久 夢二
121 桜さく島 見知らぬ世界 竹久 夢二
122 桜島 梅崎 春生
123 桜島噴火の概況 石川 成章
124 桜と狆と愛国心 コスモポリタンの心理 堺 利彦
125 桜の樹の下には 梶井 基次郎
126 桜の樹の下には 梶井 基次郎
127 桜の園 チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
128 『桜の園』の思ひ出と印象 岸田 国士
129 桜の花 薄田 泣菫
130 サクラの花びら 牧野 信一
131 桜の森の満開の下 坂口 安吾
132 柘榴の花 三好 達治
133 薄田 泣菫
134 正岡 子規
135 酒ぎらい 太宰 治
136 酒と歌 若山 牧水
137 酒盗人 牧野 信一
138 酒のあとさき 坂口 安吾
139 鮭の祟 田中 貢太郎
140 酒の追憶 太宰 治
141 飲酒家 薄田 泣菫
142 鎖骨 寺田 寅彦
143 雑魚寝 吉井 勇
144 左近の怒り 坂口 安吾
145 些細な事件 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
146 些細なやうで重大な事 幸田 露伴
147 栄螺 田畑 修一郎
148 佐々木高綱 岡本 綺堂
149 ザザ虫の佃煮 佐藤 垢石
150 細雪 01 上巻 谷崎 潤一郎
151 山茶花 佐左木 俊郎
152 山茶花 岡本 かの子
153 さしあげた腕 グルモン レミ・ドゥ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
154 さしえ 宮本 百合子
155 挿絵と闘った話 夢野 久作
156 差押へられる話 菊池 寛
157 桟敷の古い形 折口 信夫
158 ざしき童子のはなし 宮沢 賢治
159 さしみ 佐藤 垢石
160 砂上の低唱 漢那 浪笛
161 沙上の夢 野口 雨情
162 佐竹の原へ大仏をこしらえたはなし 高村 光雲
163 左団次一行 岸田 国士
164 殺意(ストリップショウ) 三好 十郎
165 錯覚自我説 辻 潤
166 錯覚した小宇宙 辻 潤
167 錯覚数題 寺田 寅彦
168 錯覚の拷問室 佐左木 俊郎
169 作家研究ノート 『文学古典の再認識』の執筆者の一人として 宮本 百合子
170 作家的思想 豊島 与志雄
171 作家と教養の諸相 宮本 百合子
172 作家と孤独 中原 中也
173 作家と時代意識 宮本 百合子
174 作家としての小酒井博士 平林 初之輔
175 作家としての問題 小川 未明
176 作家に語りかける言葉 『現代文学論』にふれて 宮本 百合子
177 作家の経験 宮本 百合子
178 作家の死 本庄睦男氏のこと 宮本 百合子
179 作家の生活 横光 利一
180 作家の像 太宰 治
181 作家の手帖 太宰 治
182 作家のみた科学者の文学的活動 宮本 百合子
183 作家は戦争挑発とたたかう 宮本 百合子
184 作家への課題 「囚われた大地」について 宮本 百合子
185 作家への新風 著作家組合にふれて 宮本 百合子
186 作家山本人間有三 岸田 国士
187 作家論について 坂口 安吾
188 雑感 寺田 寅彦
189 雑記 種田 山頭火
190 雑記(Ⅰ) 寺田 寅彦
191 雑記帳より(Ⅰ) 寺田 寅彦
192 雑記帳より(Ⅱ) 寺田 寅彦
193 雑記(Ⅱ) 寺田 寅彦
194 雑器の美 柳 宗悦
195 五月晴れ 岸田 国士
196 昨今の話題を 宮本 百合子
197 「昨今横浜異聞」この集を編むについて 岸田 国士
198 昨今横浜異聞(一幕) 岸田 国士
199 雑信(一) 種田 山頭火
200 雑信一束 芥川 竜之介
201 殺人鬼 浜尾 四郎
202 殺神記 田中 貢太郎
203 殺人行者 村山 槐多
204 殺人狂の話 (欧米犯罪実話) 浜尾 四郎
205 雑信(二) 種田 山頭火
206 殺人の涯 海野 十三
207 殺人迷路 06 (連作探偵小説第六回) 橋本 五郎
208 殺人迷路 07 (連作探偵小説第七回) 夢野 久作
209 殺人迷路 08 (連作探偵小説第八回) 浜尾 四郎
210 殺人迷路 09 (連作探偵小説第九回) 佐左木 俊郎
211 殺人迷路 10 (連作探偵小説第十回) 甲賀 三郎
212 雑草一束 国枝 史郎
213 雑談抄 牧野 信一
214 雑沓 宮本 百合子
215 雑筆 芥川 竜之介
216 雑文的雑文 伊丹 万作
217 雑文一束 平林 初之輔
218 札幌 石川 啄木
219 札幌 石川 啄木
220 札幌時代の石川啄木 野口 雨情
221 札幌まで 寺田 寅彦
222 雑録 前進座に就いて 山中 貞雄
223 佐渡 太宰 治
224 里芋の芽と不動の目 森 鴎外
225 砂糖・健忘症 宮本 百合子
226 砂糖泥棒 黒島 伝治
227 佐藤春夫氏 芥川 竜之介
228 佐藤春夫氏の事 芥川 竜之介
229 佐渡が島 長塚 節
230 佐渡が島 波の上 長塚 節
231 佐渡が島から 江南 文三
232 佐渡が島のこと 江南 文三
233 佐渡が島を出て 01 江南 文三
234 佐渡が島を出て 02 江南 文三
235 里の今昔 永井 荷風
236 里の今昔 永井 荷風
237 里の春、山の春 新美 南吉
238 真田幸村 菊池 寛
239 佐野だより 木下 尚江
240 沙漠の古都 国枝 史郎
241 砂漠の情熱 豊島 与志雄
242 沙漠の花 原 民喜
243 砂漠の町とサフラン酒 小川 未明
244 佐橋甚五郎 森 鴎外
245 サバトの門立 ベルトラン ルイ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
246 さびしいお母さん 小川 未明
247 さびしい人生興奮 尾形 亀之助
248 『さびし』の伝統 斎藤 茂吉
249 青玉の十字架 チェスタートン ギルバート・キース(著者) / 直木 三十五(翻訳者)
250 サフラン 森 鴎外
251 サフランの花 牧野 信一
252 三郎爺 宮本 百合子
253 仙人掌と花火の鑑賞 蒲原 有明
254 朱欒の花のさく頃 杉田 久女
255 ザボンの実る木のもとに 室生 犀星
256 さまよう町のさまよう家のさまよう人々 国枝 史郎
257 さまよえる猶太人 芥川 竜之介
258 さまよえるユダヤ人の手記より 寺田 寅彦
259 五月雨 吉江 喬松
260 寒い夜の自我像 中原 中也
261 寒さ 芥川 竜之介
262 莢豌豆の虫 佐藤 垢石
263 座右第一品 上村 松園
264 さようなら 田中 英光
265 小夜啼鳥 アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
266 更級日記など 堀 辰雄
267 サラダの謎 中谷 宇吉郎
268 さらにふたたび リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
269 沙羅の花 芥川 竜之介
270 皿屋敷 田中 貢太郎
271 さらわれた兄よ ——残された妹の歌—— 槙本 楠郎
272 クラルテ ジュール(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
273 芥川 竜之介
274 宮本 百合子
275 猿ヶ京 佐藤 垢石
276 猿ヶ京片耳伝説 国枝 史郎
277 猿ヶ島 太宰 治
278 猿蟹合戦 芥川 竜之介
279 猿かに合戦 楠山 正雄
280 さるかに合戦と桃太郎 寺田 寅彦
281 猿小僧 萠円山人 (著者) / 夢野 久作(著者)
282 『猿・鹿・熊』の序 岸田 国士
283 サルト サムライ 新美 南吉
284 猿飛佐助 織田 作之助
285 猿の顔 寺田 寅彦
286 さるのこしかけ 宮沢 賢治
287 猿の図 三好 十郎
288 猿面冠者 太宰 治
289 猿面冠者 太宰 治
290 『猿面冠者』あとがき 太宰 治
291 サレーダイン公爵の罪業 チェスタートン ギルバート・キース(著者) / 直木 三十五(翻訳者)
292 サロメと体操 ヘツペル先生との挿話 牧野 信一
293 沢氏の二人娘 岸田 国士
294 山庵雑記 北村 透谷
295 山陰の風景 ——歌になるところ—— 木下 利玄
296 山陰土産 島崎 藤村
297 三右衛門の罪 芥川 竜之介
298 三階の家 室生 犀星
299 三角形の恐怖 海野 十三
300 三角と四角 巌谷 小波
301 三角の赤色旗 今野 大力
302 三月三十日 太宰 治
303 三月の自然 今野 大力
304 三月の空の下 小川 未明
305 三月の第四日曜 宮本 百合子
306 三月八日は女の日だ 宮本 百合子
307 サンカ者名義考 ——サンカモノは坂の者 喜田 貞吉
308 山間秘話 中原 中也
309 三狂人 大阪 圭吉
310 山峡新春 宮本 百合子
311 山峡の凧 牧野 信一
312 山峡の村にて 牧野 信一
313 参宮がえり 田中 貢太郎
314 散華 太宰 治
315 ざんげ 鈴木 三重吉
316 山月記 中島 敦
317 山月記 中島 敦
318 ざんげの塔 夢野 久作
319 珊瑚 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
320 三郷巷談 折口 信夫
321 残肴の処理 北大路 魯山人
322 三国志 01 序 吉川 英治
323 三国志 02 桃園の巻 吉川 英治
324 三国志 03 群星の巻 吉川 英治
325 三国志 04 草莽の巻 吉川 英治
326 三国志 05 臣道の巻 吉川 英治
327 三国志 06 孔明の巻 吉川 英治
328 三国志 07 赤壁の巻 吉川 英治
329 三国志 08 望蜀の巻 吉川 英治
330 三国志 09 図南の巻 吉川 英治
331 三国志 10 出師の巻 吉川 英治
332 三国志 11 五丈原の巻 吉川 英治
333 三国志 12 篇外余録 吉川 英治
334 三作家に就ての感想 南部 修太郎
335 三山居士 夏目 漱石
336 惨事のあと 素木 しづ
337 三尺角 泉 鏡花
338 三尺角 泉 鏡花
339 三尺角拾遺 (木精) 泉 鏡花
340 三斜晶系 寺田 寅彦
341 三十五氏 長谷川 時雨
342 三十三の死 素木 しづ
343 三州仕立て小蕪汁 北大路 魯山人
344 三重宙返りの記 海野 十三
345 三十年後の世界 海野 十三
346 三十年後の東京 海野 十三
347 三十年前の島田沼南 内田 魯庵
348 三八年の女性はかく生きよ! 岸田 国士
349 三十六年前 森下 雨村
350 三十歳 坂口 安吾
351 山椒魚 岡本 綺堂
352 山椒魚 北大路 魯山人
353 山上湖 豊島 与志雄
354 山椒大夫 森 鴎外
355 山上の歌 今村 恒夫
356 産褥の記 与謝野 晶子
357 サン・ジョルジュ・ド・ブウエリエについて 岸田 国士
358 三四郎 夏目 漱石
359 『三四郎』予告 夏目 漱石
360 三甚内 国枝 史郎
361 参政取のけは当然 宮本 百合子
362 残雪 原 民喜
363 サンタクロースがさらわれちゃった! ボーム ライマン・フランク(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
364 サンタクロースがやってきた リヴィングストン・ジュニア ヘンリー(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
365 サンタクロースはいるんだ ニューヨーク・サン紙 (著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
366 三太郎の日記 第一 阿部 次郎
367 三太郎の日記 第三 阿部 次郎
368 三太郎の日記 第二 阿部 次郎
369 山地の稜 宮沢 賢治
370 山頂 萩原 朔太郎
371 残冬 今野 大力
372 「サント・ブウヴ選集」推薦の言葉 岸田 国士
373 灰だらけ姫 またの名 「ガラスの上ぐつ」 ペロー シャルル(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
374 山東へやった手紙 三好 十郎
375 サンニー・サイド・ハウス 牧野 信一
376 三人 原 民喜
377 「三人姉妹」のマーシャ 宮本 百合子
378 三人と 二つの りんご 小川 未明
379 三人の師 上村 松園
380 三人の双生児 海野 十三
381 三人の相馬大作 直木 三十五
382 三人の百姓 秋田 雨雀
383 三人の訪問者 島崎 藤村
384 三人法師 谷崎 潤一郎
385 三人目の患者 萩原 朔太郎
386 三年 斎藤 茂吉
387 三年たった今日 日本の文化のまもり 宮本 百合子
388 三年前 宮本 百合子
389 三の字旅行会 大阪 圭吉
390 三の酉 久保田 万太郎
391 三八九雑記 種田 山頭火
392 散髪屋の夜 桜間 中庸
393 三匹のあり 小川 未明
394 三匹 の こぐまさん 村山 籌子
395 三匹の小熊さん 村山 籌子
396 三匹ノ コグマサント キシヤ 村山 籌子
397 三百年後 小倉 金之助
398 散文詩 石川 啄木(著者) / 斎藤 三郎(編者)
399 散文詩・詩的散文 萩原 朔太郎
400 散歩 水野 仙子
401 散歩生活 中原 中也
402 三本の棗 片山 広子
403 三枚続 泉 鏡花
404 三面一体の生活へ 与謝野 晶子
405 三里塚の桜 大町 桂月
406 三稜鏡 (笠松博士の奇怪な外科手術) 佐左木 俊郎
407 日光浴室 桜間 中庸
408 山麓 坂口 安吾
409 聖ロヨラ 野上 豊一郎