1 暗黒公使 夢野 久作
2 田遊び祭りの概念 折口 信夫
3 ダイアナの馬 牧野 信一
4 第一義の道 島木 健作
5 第一回日本アンデパンダン展批評 宮本 百合子
6 大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
7 大宇宙遠征隊 海野 十三
8 大雨の前日 伊藤 左千夫
9 大大阪のれいめい 安西 冬衛
10 大音寺君! 牧野 信一
11 大恩は語らず 太宰 治
12 大会を終りて 中井 正一
13 体格検査 小酒井 不木
14 だいがくの研究 折口 信夫
15 台川 宮沢 賢治
16 台川 宮沢 賢治
17 大叫喚 岩村 透
18 大凶の籤 武田 麟太郎
19 太虚司法伝 田中 貢太郎
20 大空魔艦 海野 十三
21 大硯君足下 石川 啄木
22 醍醐の里 坂口 安吾
23 第五氷河期 海野 十三
24 だいこん 久生 十蘭
25 第三者 サキ (著者) / 妹尾 アキ夫(翻訳者)
26 「第三新生丸」後日譚について 宮本 百合子
27 大使館の始末機関 ——金博士シリーズ・7—— 海野 十三
28 大自然を讃う 豊島 与志雄
29 大師の時代 榊 亮三郎
30 大師の入唐 桑原 隲蔵
31 対酌 宮沢 賢治
32 大衆維新史読本 07 池田屋襲撃 菊池 寛
33 対州厳原港にて 長塚 節
34 大衆闘争についてのノート 宮本 百合子
35 大衆の知恵 中井 正一
36 第十八号室より 石川 啄木
37 大衆文芸作法 直木 三十五
38 大嘗祭の本義 折口 信夫
39 大正十五年の文壇及び劇団に就て語る 牧野 信一
40 大正十二年九月一日の大震に際して 芥川 竜之介
41 大正十二年九月一日よりの東京・横浜間大震火災についての記録 宮本 百合子
42 大正女流俳句の近代的特色 杉田 久女
43 大正東京錦絵 正岡 容
44 大正風俗考 岸田 国士
45 大正文化概論 竹内 浩三
46 大震火災記 鈴木 三重吉
47 大秦景教流行中国碑に就いて 桑原 隲蔵
48 大勢順応 勝 海舟
49 大政翼賛会と文化問題 岸田 国士
50 大雪山二題 中谷 宇吉郎
51 大切な雰囲気 01 序 谷崎 潤一郎
52 大切な雰囲気 02 序 石井 柏亭
53 大切な雰囲気 03 大切な雰囲気 小出 楢重
54 大切な芽 宮本 百合子
55 大戦脱出記 野上 豊一郎
56 橙の種五粒 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 加藤 朝鳥(翻訳者)
57 太一の靴は世界一 豊島 与志雄
58 鯛釣り素人咄 佐藤 垢石
59 焚いてしまふ 原 民喜
60 鯛と赤蛸 佐藤 垢石
61 大導寺信輔の半生 ——或精神的風景画—— 芥川 竜之介
62 大導寺信輔の半生 —或精神的風景画— 芥川 竜之介
63 胎内 三好 十郎
64 第二海豹と雲 北原 白秋
65 第二芸術論について 坂口 安吾
66 第二菎蒻本 泉 鏡花
67 第二邪宗門 北原 白秋
68 第二真珠抄 北原 白秋
69 大日本帝国憲法 日本国
70 大脳手術 海野 十三
71 大脳は厨房である 富永 太郎
72 台風 与謝野 晶子
73 颱風雑俎 寺田 寅彦
74 大仏餅。袴着の祝。新まへの盲目乞食 三遊亭 円朝
75 太平洋魔城 海野 十三
76 太平洋雷撃戦隊 海野 十三
77 大菩薩峠 01 甲源一刀流の巻 中里 介山
78 大菩薩峠 02 鈴鹿山の巻 中里 介山
79 大菩薩峠 03 壬生と島原の巻 中里 介山
80 大菩薩峠 04 三輪の神杉の巻 中里 介山
81 大菩薩峠 05 龍神の巻 中里 介山
82 大菩薩峠 06 間の山の巻 中里 介山
83 大菩薩峠 07 東海道の巻 中里 介山
84 大菩薩峠 08 白根山の巻 中里 介山
85 大菩薩峠 09 女子と小人の巻 中里 介山
86 大菩薩峠 10 市中騒動の巻 中里 介山
87 大菩薩峠 11 駒井能登守の巻 中里 介山
88 大菩薩峠 12 伯耆の安綱の巻 中里 介山
89 大菩薩峠 13 如法闇夜の巻 中里 介山
90 大菩薩峠 14 お銀様の巻 中里 介山
91 大菩薩峠 15 慢心和尚の巻 中里 介山
92 大菩薩峠 16 道庵と鯔八の巻 中里 介山
93 大菩薩峠 17 黒業白業の巻 中里 介山
94 大菩薩峠 18 安房の国の巻 中里 介山
95 大菩薩峠 19 小名路の巻 中里 介山
96 大菩薩峠 20 禹門三級の巻 中里 介山
97 大菩薩峠 21 無明の巻 中里 介山
98 大菩薩峠 22 白骨の巻 中里 介山
99 大菩薩峠 23 他生の巻 中里 介山
100 大菩薩峠 24 流転の巻 中里 介山
101 大菩薩峠 25 みちりやの巻 中里 介山
102 大菩薩峠 26 めいろの巻 中里 介山
103 大菩薩峠 27 鈴慕の巻 中里 介山
104 大菩薩峠 28 Oceanの巻 中里 介山
105 大菩薩峠 29 年魚市の巻 中里 介山
106 大菩薩峠 30 畜生谷の巻 中里 介山
107 大菩薩峠 31 勿来の巻 中里 介山
108 大菩薩峠 32 弁信の巻 中里 介山
109 大菩薩峠 33 不破の関の巻 中里 介山
110 大菩薩峠 34 白雲の巻 中里 介山
111 大菩薩峠 35 胆吹の巻 中里 介山
112 大菩薩峠 36 新月の巻 中里 介山
113 大菩薩峠 37 恐山の巻 中里 介山
114 大菩薩峠 38 農奴の巻 中里 介山
115 大菩薩峠 39 京の夢おう坂の夢の巻 中里 介山
116 大菩薩峠 40 山科の巻 中里 介山
117 大菩薩峠 41 椰子林の巻 中里 介山
118 大菩薩峠芝居話 平山 蘆江
119 退歩主義者 坂口 安吾
120 「炬火おくり」について 岸田 国士
121 大望をいだく河童 坂口 安吾
122 大野人 木下 尚江
123 太陽系統の滅亡 木村 小舟
124 太陽とかわず 小川 未明
125 太陽の子 福士 幸次郎
126 第四次元の男 海野 十三
127 第四階級の文学 中野 秀人
128 第四の夫から 芥川 竜之介
129 平の将門 吉川 英治
130 平将門 幸田 露伴
131 大力物語 菊池 寛
132 大礼服の例外的効果 宮沢 賢治
133 対話 岸田 国士
134 対話 宮本 百合子
135 対話させる術 岸田 国士
136 台湾の姿態 豊島 与志雄
137 下町 林 芙美子
138 他界に対する観念 北村 透谷
139 高尾紀行 正岡 子規
140 高尾ざんげ ——近代説話—— 豊島 与志雄
141 高島異誌 国枝 史郎
142 高瀬舟 森 鴎外
143 高瀬舟 森 鴎外
144 高瀬舟 森 鴎外
145 高瀬舟縁起 森 鴎外
146 高瀬舟縁起 森 鴎外
147 高千穂に思う 豊島 与志雄
148 誰が罪 清水 紫琴
149 鷹とひらめ 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
150 鷹の井戸 片山 広子
151 高橋新吉論 中原 中也
152 高浜虚子著『鶏頭』序 夏目 漱石
153 高浜さんと私 寺田 寅彦
154 高窓に見える青空 ……(ブタ箱にて)…… 今野 大力
155 高御座 折口 信夫
156 宝くじ・その後 始めてから十三年 山之口 貘
157 宝島 01 序 佐々木 直次郎
158 宝島 02 宝島 スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
159 宝塚生い立ちの記 小林 一三
160 宝に食われる 宮本 百合子
161 鷹を貰い損なった話 寺田 寅彦
162 萩原 朔太郎
163 今井 邦子
164 滝口入道 高山 樗牛
165 田木繁に 槙村 浩
166 滝田哲太郎君 芥川 竜之介
167 滝田哲太郎氏 芥川 竜之介
168 滝のある村 牧野 信一
169 滝野川貧寒 正岡 容
170 たき火 国木田 独歩
171 抱茗荷の説 山本 禾太郎
172 託児所をつくれ 小熊 秀雄
173 卓上演説 牧野 信一
174 宅地 宮沢 賢治
175 田口竹男君のこと 岸田 国士
176 啄木と賢治 高村 光太郎
177 啄木とデカルト命題 三枝 博音
178 拓本の話 会津 八一
179 宮本 百合子
180 萩原 朔太郎
181 たけくらべ 樋口 一葉
182 たけくらべ 樋口 一葉
183 他計甚麽(竹島)雑誌 松浦 武四郎
184 武田麟太郎追悼 織田 作之助
185 竹取物語 和田 万吉
186 竹の木戸 国木田 独歩
187 たけのこ 新美 南吉
188 タケノコ 新美 南吉
189 筍の美味さは第一席 北大路 魯山人
190 竹の里人〔一〕 長塚 節
191 竹の里人 一 伊藤 左千夫
192 竹の里人〔三〕 長塚 節
193 竹の里人〔二〕 長塚 節
194 竹の根の先を掘るひと 萩原 朔太郎
195 竹本綾之助 長谷川 時雨
196 竹藪の家 坂口 安吾
197 茸をたずねる 飯田 蛇笏
198 章魚人夫 広海 大治
199 章魚の足 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
200 章魚木の下で 中島 敦
201 蛸の如きもの 豊島 与志雄
202 凧の話 淡島 寒月
203 ダゴン ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / 大堀 竜太郎(翻訳者)
204 太宰治情死考 坂口 安吾
205 太宰治との一日 豊島 与志雄
206 田崎草雲とその子 吉川 英治
207 田沢稲船 長谷川 時雨
208 他山の石 成島 柳北
209 だしの取り方 北大路 魯山人
210 太十と其犬 長塚 節
211 太政官 上司 小剣
212 多神教 泉 鏡花
213 ダス・ゲマイネ 太宰 治
214 ダス・ゲマイネ 太宰 治
215 たずねびと 太宰 治
216 黄昏 水野 葉舟
217 黄昏 宮本 百合子
218 黄昏の告白 浜尾 四郎
219 黄昏の地中海 永井 荷風
220 黄昏の堤 牧野 信一
221 たたかいの中に 今野 大力
222 〔たゞかたくなのみをわぶる〕 宮沢 賢治
223 Tada-Dada of Alangri-Gloriban 辻 潤
224 忠直卿行状記 菊池 寛
225 たゞの文学 坂口 安吾
226 徳田 秋声
227 だだをこねる 辻 潤
228 起ち上る大阪 ——戦災余話 織田 作之助
229 立枯れ 豊島 与志雄
230 立すくむ 今野 大力
231 橘曙覧 折口 信夫
232 橘曙覧評伝 折口 信夫
233 立待岬にいたりて 今野 大力
234 立見の金網について 木村 荘八
235 脱出と回帰 中井 正一
236 脱退問題是非 岸田 国士
237 竜田丸の中毒事件 宮本 百合子
238 ダッタン海峡 ——ダッタン海峡以南、北海道の牢獄にある人民××革命の同志たちに—— 槙村 浩
239 脱帽 斎藤 茂吉
240 竜村平蔵氏の芸術 芥川 竜之介
241 立札 ——近代伝説—— 豊島 与志雄
242 立山の亡者宿 田中 貢太郎
243 多頭蛇哲学 太宰 治
244 たどんの与太さん 竹久 夢二
245 田中君に就いて ——田中英光著『オリムポスの果実』序 太宰 治
246 棚田裁判長の怪死 橘 外男
247 たなばたと盆祭りと 折口 信夫
248 宮沢 賢治
249 宮沢 賢治
250 谷崎潤一郎氏 芥川 竜之介
251 渓三題 木暮 理太郎
252 田螺 北大路 魯山人
253 たにしの出世 楠山 正雄
254 谷丹三の静かな小説 ——あはせて・人生は甘美であるといふ話—— 坂口 安吾
255 谷にうたう女 小川 未明
256 谷間からの手紙 林 芙美子
257 谷間のしじゅうから 小川 未明
258 ダニューヴの花嫁 牧野 信一
259 谷より峰へ峰より谷へ 小島 烏水
260 渓をおもふ 若山 牧水
261 狸石 豊島 与志雄
262 たぬき汁 佐藤 垢石
263 たぬき汁 佐藤 垢石
264 狸と同棲する人妻 田中 貢太郎
265 狸と俳人 田中 貢太郎
266 狸と与太郎 香倶土 三鳥(著者) / 夢野 久作(著者)
267 狸のお祭り 豊島 与志雄
268 狸問答 鈴木 鼓村
269 種紙の青む頃 前田 夕暮
270 たね子の憂鬱 芥川 竜之介
271 種山ヶ原 宮沢 賢治
272 種山ヶ原 宮沢 賢治
273 タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった 宮沢 賢治
274 楽しい会合 今野 大力
275 楽しいソヴェトの子供 宮本 百合子
276 愉しい夢の中にて 坂口 安吾
277 楽しき生涯 韻なき紀律なき一片の真情 内村 鑑三
278 頼母しき求縁(一幕) 岸田 国士
279 煙草と悪魔 芥川 竜之介
280 煙草の歌 富永 太郎
281 田端人 芥川 竜之介
282 田端日記 芥川 竜之介
283 田端の汽車そのほか 宮本 百合子
284 田端の坂 宮本 百合子
285 駄馬と百姓 小川 未明
286 田原氏の犯罪 豊島 与志雄
287 田原坂合戦 菊池 寛
288 駄パンその他 古川 緑波
289 足袋 島崎 藤村
290 正岡 子規
291 旅からのはがき 水野 葉舟
292 旅僧 泉 鏡花
293 旅だち ——近代説話—— 豊島 与志雄
294 旅なかま アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
295 旅日記 種田 山頭火
296 旅日記 02 昭和十三年 種田 山頭火
297 旅日記 03 昭和十四年 種田 山頭火
298 旅日記 東海道線 二葉亭 四迷
299 旅日記から 寺田 寅彦
300 旅の絵 堀 辰雄
301 旅の絵 堀 辰雄
302 旅の苦労 岸田 国士
303 足袋のこと 牧野 信一
304 旅の旅の旅 正岡 子規
305 旅の日記 長塚 節
306 旅人 宮本 百合子
307 旅人の言 豊島 与志雄
308 旅へ出て 宮本 百合子
309 旅への誘い 織田 作之助
310 旅役者の妻より 矢田 津世子
311 たびよりかへれる巡礼のうた 萩原 朔太郎
312 「太平洋漏水孔」漂流記 小栗 虫太郎
313 食べたり君よ 古川 緑波
314 食べもの 佐藤 垢石
315 たべものの木 若山 牧水
316 素木 しづ
317 多摩川 林 芙美子
318 玉川の草 泉 鏡花
319 田巻安里のコーヒー 岸田 国士
320 夢野 久作
321 たまごとおつきさま 村山 籌子
322 魂の喘ぎ 大倉 燁子
323 たましいの教育 羽仁 もと子
324 たましいは生きている 小川 未明
325 魂を刳る美 北大路 魯山人
326 ダマスカスの賢者 鈴木 三重吉
327 玉章 室生 犀星
328 玉突の賦 岸田 国士
329 球突場の一隅 豊島 与志雄
330 玉の輿 正宗 白鳥
331 玉振時計の秘密 小酒井 不木
332 玉虫のおばさん 小川 未明
333 玉藻の前 岡本 綺堂
334 田丸先生の追憶 寺田 寅彦
335 ダミア 岡本 かの子
336 惰眠洞妄語 辻 潤
337 田村将軍 楠山 正雄
338 『田村俊子・野上弥生子・中條百合子集』の序詞 宮本 百合子
339 田山花袋君に答う 夏目 漱石
340 たより 宮本 百合子
341 堕落論 坂口 安吾
342 堕落論〔続堕落論〕 坂口 安吾
343 ダルマ船日記 山之口 貘
344 だるまや百貨店 宮本 百合子
345 垂水 神西 清
346 太宰 治
347 誰か スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 新美 南吉(翻訳者)
348 誰が・何時・何処で・何をした 竹久 夢二
349 誰が何故彼を殺したか 平林 初之輔
350 誰でもない……自分でもない 岸田 国士
351 タレノ カゲ 新美 南吉
352 誰のために インテリゲンツィアと民主主義の課題 宮本 百合子
353 誰も知らぬ 太宰 治
354 太郎と街 梶井 基次郎
355 太郎坊 幸田 露伴
356 田原藤太 楠山 正雄
357 短歌 萩原 朔太郎
358 短歌 宮本 百合子
359 断崖の錯覚 黒木 舜平(著者) / 太宰 治(著者)
360 短歌習作 宮本 百合子
361 短歌の口語的発想 折口 信夫
362 短歌の詩形 寺田 寅彦
363 短歌本質成立の時代 万葉集以後の歌風の見わたし 折口 信夫
364 短歌様式の発生に絡んだある疑念 折口 信夫
365 断橋奇聞 田中 貢太郎
366 檀君の近業について 太宰 治
367 丹下左膳 01 乾雲坤竜の巻 林 不忘
368 丹下左膳 02 こけ猿の巻 林 不忘
369 丹下左膳 03 日光の巻 林 不忘
370 探検実記 地中の秘密 07 末吉の貝塚 江見 水蔭
371 探検実記 地中の秘密 29 お穴様の探検 江見 水蔭
372 炭坑長屋物語 猪狩 満直
373 端午節 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
374 短索 桜間 中庸
375 たんざくの客 片山 広子
376 断食芸人 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
377 男子の本懐 (「願望成就」) 小泉 八雲(著者) / 林田 清明(翻訳者)
378 淡紫裳 佐藤 垢石
379 断酒片 牧野 信一
380 単純化は唯一の武器だ 小川 未明
381 単純な詩形を思う 小川 未明
382 断唱 牧野 信一
383 男女関係について 女房に与えて彼女に対する一情婦の心情を語る文 大杉 栄
384 男女交際より家庭生活へ 宮本 百合子
385 男女同権 太宰 治
386 男女の交際について 坂口 安吾
387 断水の日 寺田 寅彦
388 死の舞踏 野村 胡堂
389 ダンセニーの脚本及短篇 片山 広子
390 断想 北条 民雄
391 断想 宮本 百合子
392 断層顔 海野 十三
393 淡窓先生の教育 中谷 宇吉郎
394 探巣遅日 佐藤 垢石
395 断想的に 牧野 信一
396 『断層』の作者久板栄二郎君へ 岸田 国士
397 タンタレスの春 牧野 信一
398 暖地の冬から山国の春へ 岸田 国士
399 断調 萩原 朔太郎
400 断腸亭日乗 01 〔はしがき〕 永井 荷風
401 断腸亭日乗 02 断膓亭日記巻之一大正六年丁巳九月起筆 永井 荷風
402 断腸亭日乗 03 断膓亭日記巻之二大正七戊午年 永井 荷風
403 断腸亭日乗 04 断腸亭日記巻之三大正八年歳次己未 永井 荷風
404 断腸亭日乗 05 断膓亭日記巻之四大正九年歳次庚申 永井 荷風
405 断腸亭日乗 06 断腸亭日記巻之五大正十年歳次辛酉 永井 荷風
406 探偵戯曲 仮面の男 平林 初之輔
407 探偵小説アルセーヌ・ルパン ルブラン モーリス(著者) / 婦人文化研究会 (翻訳者)
408 探偵小説思い出話 山本 禾太郎
409 探偵小説壇の諸傾向 平林 初之輔
410 探偵小説と音楽 野村 胡堂
411 探偵小説とは 坂口 安吾
412 探偵小説の芸術性 ——文学のメカニズム—— 中井 正一
413 探偵小説の正体 夢野 久作
414 探偵小説の真使命 夢野 久作
415 探偵小説の世界的流行 平林 初之輔
416 探偵小説の「謎」 江戸川 乱歩
417 探偵小説の魅力 南部 修太郎
418 探偵小説漫想 夢野 久作
419 探偵小説を截る 坂口 安吾
420 探偵の巻 坂口 安吾
421 探偵物語の処女作 黒岩 涙香
422 探偵夜話 岡本 綺堂
423 耽溺 岩野 泡鳴
424 丹藤川〔「家長制度」先駆形〕 宮沢 賢治
425 単独行 加藤 文太郎
426 単独犯行に非ず 坂口 安吾
427 丹那トンネル開通祝ひ 原 民喜
428 丹那山の怪 江見 水蔭
429 壇ノ浦の鬼火 下村 千秋
430 「壇」の解体 中井 正一
431 蛋白石 宮本 百合子
432 段梯子の恐怖 小酒井 不木
433 断片 陀田 勘助
434 断片 富永 太郎
435 断片(Ⅰ) 寺田 寅彦
436 断片的なもの 宮本 百合子
437 断片(Ⅱ) 寺田 寅彦
438 田圃にて 山村 暮鳥
439 たんぽぽとおれの感傷 陀田 勘助
440 短命長命 黒島 伝治
441 短夜の頃 島崎 藤村