1 ヂアロオグ・プランタニエ(対話) 岸田 国士
2 地異印象記 和辻 哲郎
3 小さいアルバム 太宰 治
4 小さい芸術 片山 広子
5 小さい子供 宮本 百合子
6 小さい花 林 芙美子
7 小さい婦人たちの発言について 『わたしたちも歌える』まえがき 宮本 百合子
8 小さき家の生活 宮本 百合子
9 小さき花にも 豊島 与志雄
10 小さき者へ 有島 武郎
11 小さき良心 断片 梶井 基次郎
12 小さな赤い花 小川 未明
13 小さな鶯 若山 牧水
14 小さな弟、良ちゃん 小川 未明
15 小さな草と太陽 小川 未明
16 『小さな草と太陽』序 小川 未明
17 小さな旅 富田 木歩
18 小さな出来事 寺田 寅彦
19 小さな年ちゃん 小川 未明
20 小さな部屋 坂口 安吾
21 小さな村 原 民喜
22 小さな山羊の記録 坂口 安吾
23 チェーホフ序説 ——一つの反措定として—— 神西 清
24 チェーホフ試論 ——チェーホフ序説の一部として—— 神西 清
25 チェーホフの短篇に就いて 神西 清
26 智恵子抄 高村 光太郎
27 智恵子の紙絵 高村 光太郎
28 智恵子の半生 高村 光太郎
29 誓之巻 泉 鏡花
30 近頃感じたこと 小川 未明
31 近頃芸術の不振を論ず 中原 中也
32 近頃の感想 宮本 百合子
33 ちかごろの酒の話 坂口 安吾
34 近頃の商売 宮本 百合子
35 近頃の幽霊 芥川 竜之介
36 近頃の話題 宮本 百合子
37 近松半二の死 岡本 綺堂
38 チカモーガ ビアス アンブローズ(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
39 『力としての文化』まえがき 岸田 国士
40 チギウィンクルおばさんのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
41 知己の第一人 長塚 節
42 地球儀 牧野 信一
43 地球儀 牧野 信一
44 地球図 太宰 治
45 「地球図」序 太宰 治
46 地球盗難 海野 十三
47 『地球盗難』の作者の言葉 海野 十三
48 地球の円い話 中谷 宇吉郎
49 地球発狂事件 海野 十三(著者) / 丘 丘十郎(著者)
50 地球はまわる 宮本 百合子
51 地球要塞 海野 十三
52 地球を狙う者 海野 十三
53 蓄音機 寺田 寅彦
54 蓄音器の針 中井 正一
55 畜犬談 —伊馬鵜平君に与える— 太宰 治
56 畜生道 平出 修
57 竹青 太宰 治
58 竹青 田中 貢太郎
59 千曲川のスケッチ 島崎 藤村
60 竹林生活 ——震災手記断片—— 北原 白秋
61 稚子ヶ淵 小川 未明
62 稚子法師 国枝 史郎
63 地山謙 片山 広子
64 知識と政治との遊離 中井 正一
65 地軸作戦 ——金博士シリーズ・9—— 海野 十三
66 痴日 牧野 信一
67 地上 地に潜むもの 島田 清次郎
68 地上組織 中原 中也
69 『地上に待つもの』に寄せて 宮本 百合子
70 痴人と死と ホーフマンスタール フーゴー・フォン(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
71 痴人の愛 谷崎 潤一郎
72 痴人の復讐 小酒井 不木
73 地図 太宰 治
74 地水火風空 豊島 与志雄
75 痴酔記 牧野 信一
76 地図に出てくる男女 吉行 エイスケ
77 地図にない島 蘭 郁二郎
78 地図にない街 橋本 五郎
79 地図をながめて 寺田 寅彦
80 知性の開眼 宮本 百合子
81 痴想 牧野 信一
82 金子 ふみ子
83 芥川 竜之介
84 矢田 津世子
85 横光 利一
86 太宰 治
87 チチアンの死 ホーフマンスタール フーゴー・フォン(著者) / 木下 杢太郎(翻訳者)
88 乳色の靄 葉山 嘉樹
89 父親と自転車 小川 未明
90 父が生んだ赤ん坊 原 民喜
91 父帰る 小林 多喜二
92 父帰る 菊池 寛
93 父杉山茂丸を語る 夢野 久作
94 父と子供たち 豊島 与志雄
95 父の俤 佐藤 垢石
96 父の怪談 岡本 綺堂
97 父の形見 豊島 与志雄
98 父の帰宅 小寺 菊子
99 父の婚礼 上司 小剣
100 父の死 久米 正雄
101 父の出郷 葛西 善蔵
102 父の葬式 葛西 善蔵
103 父の手紙 宮本 百合子
104 父の手帳 宮本 百合子
105 乳の匂ひ 加能 作次郎
106 父の墓 田山 花袋
107 父の墓 岡本 綺堂
108 父の墓に詣でて 萩原 朔太郎
109 父の百ヶ日前後 牧野 信一
110 チチハルまで 黒島 伝治
111 知々夫紀行 幸田 露伴
112 秩父の奥山 木暮 理太郎
113 秩父のおもいで 木暮 理太郎
114 秩父の渓谷美 木暮 理太郎
115 秩父宮殿下に侍して槍ヶ岳へ 木暮 理太郎
116 地中魔 海野 十三
117 父を失う話 渡辺 温
118 父を売る子 牧野 信一
119 乳を刺す 黒門町伝七捕物帳 邦枝 完二
120 地底戦車の怪人 海野 十三
121 知と疑い 寺田 寅彦
122 千鳥 鈴木 三重吉
123 血ぬられた懐刀 国枝 史郎
124 血の盃 小酒井 不木
125 地の塩文学の塩 宮本 百合子
126 血の文字 黒岩 涙香
127 千早館の迷路 海野 十三
128 千葉夜行記 大町 桂月
129 地は饒なり 宮本 百合子
130 チビの魂 徳田 秋声
131 乳房 宮本 百合子
132 「乳房」創作メモ 宮本 百合子
133 チベット旅行記 河口 慧海
134 地方主義篇 (散文詩) 福士 幸次郎
135 地方の青年についての報告 中井 正一
136 地方文化運動報告 ——尾道市図書館より—— 中井 正一
137 地方文学の曙光 岸田 国士
138 地方文化の確立について 坂口 安吾
139 地方文化の新建設 岸田 国士
140 地方文化・文学運動にのぞむもの 宮本 百合子
141 巷の子 室生 犀星
142 巷の声 永井 荷風
143 血曼陀羅紙帳武士 国枝 史郎
144 チャアリイは何処にいる 牧 逸馬
145 チャールズ・デクスター・ウォードの事件 ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
146 チャイコフスキイのトリオ 竹内 浩三
147 茶色っぽい町 宮本 百合子
148 茶粥の記 矢田 津世子
149 茶立虫 薄田 泣菫
150 「チャタレー夫人の恋人」の起訴につよく抗議する 宮本 百合子
151 茶漬三略 吉川 英治
152 茶の本 01 はしがき 岡倉 由三郎
153 茶の本 02 訳者のことば 村岡 博
154 茶の本 03 改版に際して 村岡 博
155 茶の本 04 茶の本 岡倉 覚三(著者) / 岡倉 天心(著者) / 村岡 博(翻訳者)
156 茶の湯の手帳 伊藤 左千夫
157 茶話 01 大正四(一九一五)年 薄田 泣菫
158 茶話 02 大正五(一九一六)年 薄田 泣菫
159 茶話 03 大正六(一九一七)年 薄田 泣菫
160 茶話 04 大正七(一九一八)年 薄田 泣菫
161 茶話 05 大正八(一九一九)年 薄田 泣菫
162 茶話 06 大正十一(一九二二)年 薄田 泣菫
163 茶話 07 大正十四(一九二五)年 薄田 泣菫
164 茶話 08 大正十五(一九二六)年 薄田 泣菫
165 茶話 09 昭和二(一九二七)年 薄田 泣菫
166 茶話 10 昭和三(一九二八)年 薄田 泣菫
167 茶話 11 昭和五(一九三〇)年 薄田 泣菫
168 茶話 12 初出未詳 薄田 泣菫
169 茶番に寄せて 坂口 安吾
170 茶番に寄せて 坂口 安吾
171 茶美生活 北大路 魯山人
172 茶屋知らず物語 岡本 かの子
173 茶碗の曲線 ——茶道精進の或る友人に—— 中谷 宇吉郎
174 茶わんの湯 寺田 寅彦
175 「茶碗の湯」のことなど 中谷 宇吉郎
176 茶碗蒸し 北大路 魯山人
177 チャンス 太宰 治
178 長長秋夜 小熊 秀雄
179 チャンプルー 山之口 貘
180 チューインガム 寺田 寅彦
181 中学へ上がった日 小川 未明
182 忠義 芥川 竜之介
183 忠義な犬 楠山 正雄
184 中宮寺の春 薄田 泣菫
185 中元祝酒の記 福沢 諭吉
186 忠告 富永 太郎
187 中国怪奇小説集 01 凡例 岡本 綺堂
188 中国怪奇小説集 02 開会の辞 岡本 綺堂
189 中国怪奇小説集 03 捜神記(六朝) 岡本 綺堂
190 中国怪奇小説集 04 捜神後記(六朝) 岡本 綺堂
191 中国怪奇小説集 05 酉陽雑爼(唐) 岡本 綺堂
192 中国怪奇小説集 06 宣室志(唐) 岡本 綺堂
193 中国怪奇小説集 07 白猿伝・其他(唐) 岡本 綺堂
194 中国怪奇小説集 08 録異記(五代) 岡本 綺堂
195 中国怪奇小説集 09 稽神録(宋) 岡本 綺堂
196 中国怪奇小説集 10 夷堅志(宋) 岡本 綺堂
197 中国怪奇小説集 11 異聞総録・其他(宋) 岡本 綺堂
198 中国怪奇小説集 12 続夷堅志・其他(金・元) 岡本 綺堂
199 中国怪奇小説集 13 輟耕録(明) 岡本 綺堂
200 中国怪奇小説集 14 剪灯新話(明) 岡本 綺堂
201 中国怪奇小説集 15 池北偶談(清) 岡本 綺堂
202 中国怪奇小説集 16 子不語(清) 岡本 綺堂
203 中国怪奇小説集 17 閲微草堂筆記(清) 岡本 綺堂
204 中国に於ける二人のアメリカ婦人 アグネス・スメドレーとパァル・バック 宮本 百合子
205 中国文化をちゃんと理解したい 宮本 百合子
206 中支生活者 豊島 与志雄
207 註釈与謝野寛全集 与謝野 晶子
208 中支遊記 上村 松園
209 中条精一郎の「家信抄」まえがきおよび註 宮本 百合子
210 中世の文学伝統 風巻 景次郎
211 中尊寺〔二〕 宮沢 賢治
212 チユウちやんのおたんじやう日 村山 籌子
213 偸盗 芥川 竜之介
214 偸桃 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
215 中毒 織田 作之助
216 厨房日記 横光 利一
217 忠僕 池谷 信三郎
218 註文帳 泉 鏡花
219 注文の多い料理店 宮沢 賢治
220 注文の多い料理店 宮沢 賢治
221 『注文の多い料理店』広告文 宮沢 賢治
222 『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
223 『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
224 『注文の多い料理店』新刊案内 宮沢 賢治
225 中庸 坂口 安吾
226 チユーリツプ 新美 南吉
227 チュウリップの幻術 宮沢 賢治
228 ヂユパンの癖とヴァンスの癖 平林 初之輔
229 春桃 宮本 百合子
230 一寸怪 泉 鏡花
231 正岡 子規
232 聴雨 織田 作之助
233 蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ 河井 寛次郎
234 澄江堂雑記 芥川 竜之介
235 長江游記 芥川 竜之介
236 張紅倫 新美 南吉
237 彫刻家の見たる美人 荻原 守衛
238 調査機関 中井 正一
239 長詩 バイロン・ハイネ——獄中の一断想—— 槙村 浩
240 長者 田中 貢太郎
241 聴衆0の講演会 中井 正一
242 鳥獣剥製所 一報告書 富永 太郎
243 長寿恥あり 宮本 百合子
244 『長女』について 宮本 百合子
245 超人鬚野博士 夢野 久作
246 釣聖伝 佐藤 垢石
247 朝鮮の友に贈る書 柳 宗悦
248 ちょうせんぶなと美しい小箱 小川 未明
249 調帯 野村 吉哉
250 提灯 田中 貢太郎
251 提灯 田中 貢太郎
252 ちょうと怒濤 小川 未明
253 ちょうと三つの石 小川 未明
254 町内の二天才 坂口 安吾
255 超人間X号 海野 十三
256 長篇作家としてのマクシム・ゴーリキイ 宮本 百合子
257 長篇小説私見 豊島 与志雄
258 長篇小説時評 坂口 安吾
259 眺望する 萩原 朔太郎
260 諜報中継局 海野 十三
261 兆民居士安くにかある 北村 透谷
262 長吏名称考 喜田 貞吉
263 蝶を夢む 萩原 朔太郎
264 千代紙の春 小川 未明
265 樗牛の事 芥川 竜之介
266 千世子 宮本 百合子
267 千世子(三) 宮本 百合子
268 千世子(二) 宮本 百合子
269 著作権の精神的擁護 岸田 国士
270 著作権の問題 伊丹 万作
271 著作者側の一私見 ——出版権法案について—— 岸田 国士
272 千代次の驚き 豊島 与志雄
273 著者小伝 直木 三十五
274 著者の言葉(『新しきシベリアを横切る』) 宮本 百合子
275 千代女 太宰 治
276 ちょびひげサミュエルのはなし まきまきパンのまき ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
277 ちらちら光れ小い星 テーラー ジェーン(著者) / 新美 南吉(翻訳者)
278 夢野 久作
279 縮緬のこころ 岡本 かの子
280 ちるちる・みちる 山村 暮鳥
281 散る日本 坂口 安吾
282 「チロルの秋」以来 岸田 国士
283 「チロルの秋」上演当時の思ひ出 岸田 国士
284 チロルの秋(一幕) 岸田 国士
285 チロルの古城にて 岸田 国士
286 チロルの旅 岸田 国士
287 血を越えてゆく 松本 淳三
288 血を吐く 葛西 善蔵
289 地を掘る人達に 百田 宗治
290 鎮魂歌 原 民喜
291 鎮魂歌 原 民喜
292 陳情書 西尾 正
293 枕上浮雲 河上 肇
294 鎮西八郎 楠山 正雄
295 珍重すべき国際感覚 ——芥川賞(第二十六回)選後評—— 岸田 国士
296 闖入者 大阪 圭吉
297 陳宝祠 田中 貢太郎
298 沈没男 海野 十三
299 沈黙の水平線 牧 逸馬
300 沈黙の塔 森 鴎外
301 沈黙の扉 吉田 絃二郎
302 「沈黙」の話 豊島 与志雄