1 闥の響 北村 四海
2 独逸の範とすべき点 国枝 史郎
3 問に答えて 宮本 百合子
4 ドイルを宗とす 甲賀 三郎
5 トイレット 片山 広子
6 答案落第 太宰 治
7 同一事件 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 加藤 朝鳥(翻訳者)
8 ドゥイノ悲歌 リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
9 動員挿話[第一稿] 岸田 国士
10 動員挿話(二幕) 岸田 国士
11 動員令 波立 一
12 凍雨と雨氷 寺田 寅彦
13 凍雲 矢田 津世子
14 東奥異聞 佐々木 喜善
15 東海道五十三次 岡本 かの子
16 道学先生の旅 戸川 秋骨
17 桃花源記序 狩野 直喜
18 灯火節 片山 広子
19 「灯火節」あとがき 片山 広子
20 同感 豊島 与志雄
21 「どう考えるか」に就て 宮本 百合子
22 東漢の班超 桑原 隲蔵
23 道灌山 宮本 百合子
24 闘牛 野上 豊一郎
25 撞球室の七人 橋本 五郎
26 東京 竹内 浩三
27 道鏡 坂口 安吾
28 東京 桜間 中庸
29 東京朝日新聞の劇評 岸田 国士
30 東京駅にて感想 牧野 信一
31 東京景物詩及其他 北原 白秋
32 道鏡皇胤論について 喜田 貞吉
33 東京市騒擾中の釣 石井 研堂
34 東京小品 芥川 竜之介
35 東京人の堕落時代 杉山 萠円(著者) / 夢野 久作(著者)
36 東京青年 片岡 義男
37 東京宝塚劇場の再開に憶う 小林 一三
38 東京だより 太宰 治
39 東京で自慢の鮑 北大路 魯山人
40 東京に生れて 長谷川 時雨
41 東京に生れて 芥川 竜之介
42 道教に就いて 幸田 露伴
43 東京の近郊 大町 桂月
44 東京の羽根 小川 未明
45 東京の風俗 木村 荘八
46 東京の風俗 序 木村 荘八
47 東京八景 (苦難の或人に贈る) 太宰 治
48 『東京八景』あとがき 太宰 治
49 東京文壇に与う 織田 作之助
50 東京へ近づく一時間 宮本 百合子
51 東京万花鏡 正岡 容
52 東京要塞 海野 十三
53 「東京恋慕帖」自序 正岡 容
54 東京ロマンティック恋愛記 吉行 エイスケ
55 東京湾怪物譚 佐藤 垢石
56 道具と餌と天候 佐藤 垢石
57 藤九郎の島 久生 十蘭
58 桜間 中庸
59 土田 耕平
60 木暮 理太郎
61 陶芸家を志す者のために ——芸術における人と作品の関係について—— 北大路 魯山人
62 道化芝居 北条 民雄
63 「峠」という字 中里 介山
64 道化とヸナス ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
65 峠に関する二、三の考察 柳田 国男
66 道化の華 太宰 治
67 道化者 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
68 道化役 豊島 与志雄
69 東光院 上司 小剣
70 東郷大将と彼 今野 大力
71 透谷全集を読む 山路 愛山
72 当今の劇壇をこのままに 岡本 綺堂
73 東西相触れて 新渡戸 稲造
74 東西伊呂波短歌評釈 幸田 露伴
75 東西交通史上より観たる日本の開発 桑原 隲蔵
76 東西南北序 正岡 子規
77 東西ほくろ考 堀口 九万一
78 東西問答 芥川 竜之介
79 竇氏 田中 貢太郎
80 童子 室生 犀星
81 冬至 桜間 中庸
82 同志下司順吉 槙村 浩
83 同志小林多喜二の業績 作品を中心として 宮本 百合子
84 同志小林の業績の評価によせて 四月の二三の作品 宮本 百合子
85 同志小林の業績の評価に寄せて 誤れる評価との闘争を通じて 宮本 百合子
86 同志古味峯次郎 ——現在高知牢獄紙折工なる同氏に—— 槙村 浩
87 同志たちは無罪なのです 宮本 百合子
88 どうしたら私は憐れな彼女を悸さずに済せるだらう 牧野 信一
89 冬日抄 牧野 信一
90 闘士の恋の歌 今野 大力
91 『同志の人々』 岸田 国士
92 藤十郎の恋 菊池 寛
93 藤十郎の恋 菊池 寛
94 東上記 寺田 寅彦
95 道成寺(一幕劇) 郡 虎彦
96 道成寺不見記 夢野 久作
97 塔上の奇術師 江戸川 乱歩
98 瞳人語 田中 貢太郎
99 〔同人雑記〕 牧野 信一
100 党生活者 小林 多喜二
101 当世女装一斑 泉 鏡花
102 当世二人娘 清水 紫琴
103 当世らくがき帖 坂口 安吾
104 銅銭会事変 国枝 史郎
105 当選作所感 平林 初之輔
106 闘戦勝仏 牧野 信一
107 当選の日 太宰 治
108 闘争 小酒井 不木
109 道祖問答 芥川 竜之介
110 藤村詩抄 島崎藤村自選 島崎 藤村
111 藤村の個性 和辻 哲郎
112 藤村の文学にうつる自然 宮本 百合子
113 灯台鬼 大阪 圭吉
114 東大での話の原稿 一九五〇・十二月八日 宮本 百合子
115 道中記 種田 山頭火
116 童貞 豊島 与志雄
117 童貞記 北条 民雄
118 道徳の観念 戸坂 潤
119 凍土を噛む 今野 大力
120 盗難 宮本 百合子
121 盗難 佐藤 垢石
122 頭髪の故事 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
123 道標 宮本 百合子
124 道標 ——近代説話—— 豊島 与志雄
125 「道標」創作メモ 宮本 百合子
126 「道標」を書き終えて 宮本 百合子
127 豆腐買い 岡本 かの子
128 〔同腹異腹〕 牧野 信一
129 動物愛護デー 宮本 百合子
130 動物園 芥川 竜之介
131 動物園の一夜 平林 初之輔
132 動物界における善と悪 丘 浅次郎
133 動物物語 狼の王ロボ シートン アーネスト・トンプソン(著者) / 薄田 斬雲(翻訳者)
134 動物列車 桜間 中庸
135 同胞 豊島 与志雄
136 同胞沖縄の芸能の為に 折口 信夫
137 東宝争議について 宮本 百合子
138 東方の窓辺にて 今野 大力
139 東北の家 片山 広子
140 灯明之巻 泉 鏡花
141 透明怪人 江戸川 乱歩
142 透明な輪 原 民喜
143 透明人間 ウェルズ ハーバート・ジョージ(著者) / 海野 十三(翻訳者)
144 透明猫 海野 十三
145 洞爺湖の伝説 知里 真志保
146 童謡 小川 未明
147 東洋史上より観たる明治時代の発展 桑原 隲蔵
148 東洋人の発明 桑原 隲蔵
149 東洋の秋 芥川 竜之介
150 『東洋美術図譜』 夏目 漱石
151 東洋文化史における仏教の地位 高楠 順次郎
152 東洋文化、東洋思想、東洋史 津田 左右吉
153 道楽と職業 夏目 漱石
154 道理の前で カフカ フランツ(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
155 当流比較言語学 森 鴎外(著者) / 森 林太郎(著者)
156 灯籠 太宰 治
157 討論に即しての感想 新日本文学会第四回大会最終日に 宮本 百合子
158 童話 原 民喜
159 童話 室生 犀星
160 童話と教育について 萩原 朔太郎
161 童話における物語性の喪失 新美 南吉
162 童話の詩的価値 小川 未明
163 童話を書く時の心 小川 未明
164 遠い願い 宮本 百合子
165 ドーヴィル物語 岡本 かの子
166 十日間 長塚 節
167 十日の菊 永井 荷風
168 遠くで鳴る雷 小川 未明
169 遠野の奇聞 泉 鏡花
170 遠野へ 水野 葉舟
171 遠野物語 柳田 国男
172 通り雨 宮本 百合子
173 通魔 田中 貢太郎
174 都会地図の膨脹 佐左木 俊郎
175 都会で 芥川 竜之介
176 都会と田舎 萩原 朔太郎
177 都会と田園 野口 雨情
178 都会に於ける中流婦人の生活 豊島 与志雄
179 都会の中の孤島 坂口 安吾
180 都会の幽気 豊島 与志雄
181 とかげ 室生 犀星
182 トカトントン 太宰 治
183 解かれた象 寺田 寅彦
184 鷹野 つぎ
185 時男さんのこと 土田 耕平
186 時子 田山 花袋(著者) / 田山 録弥(著者)
187 時と永遠 波多野 精一
188 時 処 人 ——年頭雑感—— 岸田 国士
189 「時・処・人」まへがき 岸田 国士
190 時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ 寺田 寅彦
191 時の流れ 鈴木 大拙
192 徳育如何 福沢 諭吉
193 毒蛾 宮沢 賢治
194 毒瓦斯発明官 ——金博士シリーズ・5—— 海野 十三
195 徳川氏時代の平民的理想 北村 透谷
196 毒気 牧野 信一
197 独絃哀歌 蒲原 有明
198 独語 ——癩文学といふこと—— 北条 民雄
199 読者の感想 宮本 百合子
200 独愁 相馬 御風
201 「特殊部落研究号」発行の辞 喜田 貞吉
202 特殊部落ということについて まず部落としての集団的取扱いを廃せよ 喜田 貞吉
203 「特殊部落」と云う名称について 喜田 貞吉
204 特殊部落と細民部落・密集部落 喜田 貞吉
205 特殊部落と寺院 喜田 貞吉
206 特殊部落と通婚問題 喜田 貞吉
207 特殊部落の言語 喜田 貞吉
208 特殊部落の人口増殖 喜田 貞吉
209 特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ 喜田 貞吉
210 特殊部落の犯罪 豊島 与志雄
211 読書 西田 幾多郎
212 独笑記 大町 桂月
213 読書雑感 岡本 綺堂
214 読書子に寄す 岩波文庫発刊に際して 岩波 茂雄
215 読書と生活 牧野 信一
216 読書と著書 矢内原 忠雄
217 読書の今昔 寺田 寅彦
218 読書八境 市島 春城
219 読書弁 正岡 子規
220 読書遍歴 三木 清
221 読書法 戸坂 潤
222 独身 森 鴎外
223 独慎〔扉の言葉〕 種田 山頭火
224 独断一束 岸田 国士
225 独断三幅対 岸田 国士
226 毒と迷信 小酒井 不木
227 徳永直の「はたらく人々」 宮本 百合子
228 特に感想なし 宮本 百合子
229 独房 小林 多喜二
230 独本土上陸作戦 ——金博士シリーズ・3—— 海野 十三
231 毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治
232 独楽園 薄田 泣菫
233 ドグラ・マグラ 夢野 久作
234 読倫理教科書 福沢 諭吉
235 時計 宮本 百合子
236 時計とステッキ 岸田 国士
237 時計のない村 小川 未明
238 時計屋敷の秘密 海野 十三
239 土下座 和辻 哲郎
240 どこで笛吹く 小川 未明
241 床屋 宮沢 賢治
242 トコヨゴヨミ 田山 花袋
243 「とこよ」と「まれびと」と 折口 信夫
244 土佐日記 紀 貫之
245 土佐の地名 寺田 寅彦
246 登山談義 木暮 理太郎
247 登山の朝 辻村 伊助
248 杜子春 芥川 竜之介
249 杜子春 芥川 竜之介
250 歳棚に祭る神 柳田 国男
251 年ちゃんとハーモニカ 小川 未明
252 都市文化の危機 岸田 国士
253 豊島ヶ岡 大町 桂月
254 途上 谷崎 潤一郎
255 泥鰌 小熊 秀雄
256 途上 嘉村 礒多
257 どじょうと金魚 小川 未明
258 途上日記 牧野 信一
259 途上の犯人 浜尾 四郎
260 図書館 宮本 百合子
261 図書館通い ——私の中学時代—— 知里 真志保
262 図書館協会六十周年に寄せて ——大衆に奉仕する一大組織体へ 中井 正一
263 図書館幻想 宮沢 賢治
264 図書館に生きる道 中井 正一
265 図書館の未来像 中井 正一
266 図書館法楽屋話 中井 正一
267 図書館法ついに通過せり 中井 正一
268 図書館法と出版界 中井 正一
269 図書館法の成立 ——燃えひろがる火は点ぜられた—— 中井 正一
270 図書館法を地方の万人の手に 中井 正一
271 トスカニニのエロイカ 竹内 浩三
272 ドストイェフスキーに就いて 片上 伸
273 「ドストエーフスキイ全集」推薦の辞 岸田 国士
274 ドストエフスキーとバルザック 坂口 安吾
275 渡舟場 ——近代説話—— 豊島 与志雄
276 土俗玩具の話 淡島 寒月
277 土足のままの文学 織田 作之助
278 土地 豊島 与志雄
279 土地兼併の罪悪 田中 正造
280 土地に還る ——近代説話—— 豊島 与志雄
281 橡の花 梶井 基次郎
282 栃の実 泉 鏡花
283 突貫 島崎 藤村
284 突貫紀行 幸田 露伴
285 「吶喊」原序 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
286 特許多腕人間方式 海野 十三
287 特攻隊に捧ぐ 坂口 安吾
288 とっこべとら子 宮沢 賢治
289 突堤 宮本 百合子
290 凸面鏡 牧野 信一
291 徒弟 今野 大力
292 徒党について 太宰 治
293 とと屋禅譚 岡本 かの子
294 ドナウ源流行 斎藤 茂吉
295 隣組長として 岸田 国士
296 隣組の文化運動 岸田 国士
297 隣の家 与謝野 晶子
298 隣の花 岸田 国士
299 隣の花 岸田 国士
300 隣の嫁 伊藤 左千夫
301 隣村の子 小川 未明
302 斗南先生 中島 敦
303 トニオ・クレエゲル マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
304 利根川水源地の山々 木暮 理太郎
305 利根川の鮎 佐藤 垢石
306 利根川の一夜 長塚 節
307 利根川の岸辺より 萩原 朔太郎
308 利根の尺鮎 佐藤 垢石
309 殿さまの茶わん 小川 未明
310 戸の外まで 与謝野 晶子
311 賭博の負債 田中 貢太郎
312 鳥羽家の子供 田畑 修一郎
313 鳥羽伏見の戦 菊池 寛
314 トビアス・ミンデルニッケル マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
315 翔び去る印象 宮本 百合子
316 鳶と柿と鶏 豊島 与志雄
317 飛沙魚 佐藤 垢石
318 土俵の夢 尾崎 士郎
319 扉の彼方へ 岡本 かの子
320 扉は語らず (又は二直線の延長に就て) 小舟 勝二
321 どぶろく幻想 豊島 与志雄
322 濁酒を恋う 佐藤 垢石
323 徒歩 片山 広子
324 徒歩旅行を読む 正岡 子規
325 富岡先生 国木田 独歩
326 富籤 チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
327 土民生活 石川 三四郎
328 とむらい機関車 大阪 圭吉
329 とも喰い 本庄 陸男
330 ともしい日の記念 片山 広子
331 友だちどうし 小川 未明
332 友と二人の夜 今野 大力
333 ドモ又の死 有島 武郎
334 土曜夫人 織田 作之助
335 土用干ノ記 成島 柳北(著者) / 濹上漁史 (著者)
336 豊島与志雄氏の事 芥川 竜之介
337 豊島与志雄著『高尾ざんげ』解説 太宰 治
338 豊竹呂昇 長谷川 時雨
339 トヨタ自動車一周年を迎へて 豊田 喜一郎
340 トヨタ電気自動車試作 ——副社長豊田喜一郎氏抱負を語る—— 豊田 喜一郎
341 久米 正雄
342 岡本 綺堂
343 どらが鳴る 新美 南吉
344 虎狩 中島 敦
345 どら猫観察記 柳田 国男
346 虎の牙 江戸川 乱歩
347 虎の話 芥川 竜之介
348 寅彦の遺跡 中谷 宇吉郎
349 ドラムガニョールの白い猫 レ・ファニュ ジョゼフ・シェリダン(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
350 囚われ 豊島 与志雄
351 囚われたる現文壇 小川 未明
352 囚われ人 豊島 与志雄
353 萩原 朔太郎
354 横光 利一
355 鳥井さんのことなど 中谷 宇吉郎
356 鳥右ヱ門諸国をめぐる 新美 南吉
357 取返し物語 岡本 かの子
358 鳥影 石川 啄木
359 鳥影 石川 啄木
360 鳥影 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
361 取舵 泉 鏡花
362 トリスタン マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
363 トリスタン・コルビエールを紹介す 中原 中也
364 トリスタン・ベルナアルに就いて 岸田 国士
365 鳥鳴く朝のちい子ちゃん 小川 未明
366 鳥箱先生とフウねずみ 宮沢 賢治
367 取引にあらず 岸田 国士
368 鳥辺山心中 岡本 綺堂
369 取り交ぜて 水野 葉舟
370 捕物小説のむずかしさ 野村 胡堂
371 努力論 幸田 露伴
372 鳥料理 堀 辰雄
373 鳥料理 A Parody 堀 辰雄
374 鳥をとるやなぎ 宮沢 賢治
375 トルストイ翁論文 石川 啄木
376 トルストイ伯 北村 透谷
377 『トルストーイ伝』 ビリューコフ著・原久一郎訳 宮本 百合子
378 奴隷根性論 大杉 栄
379 トレドの風景 リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
380 ドレフュー大疑獄とエミール・ゾーラ 幸徳 秋水
381 佐藤 垢石
382 トロッコ 芥川 竜之介
383 トロツコ 芥川 竜之介
384 泥沼呪文 細井 和喜蔵
385 泥の雨 下村 千秋
386 泥坊 豊島 与志雄
387 どろぼう猫 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
388 十和田湖 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
389 十和田の夏霧 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
390 ドン 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
391 トンカトントンカッタカッタ 今野 大力
392 どんぐり 寺田 寅彦
393 どんぐりと山猫 宮沢 賢治
394 どんぐりと山猫 宮沢 賢治
395 豚群 黒島 伝治
396 鈍・根・録 宮本 百合子
397 遁走 葛西 善蔵
398 鈍走記 竹内 浩三
399 鈍走記(草稿) 竹内 浩三
400 「どん底」の演出 岸田 国士
401 『どん底』ノート 岸田 国士
402 どんたく 絵入り小唄集 竹久 夢二
403 とんだ屋の客 田中 貢太郎
404 どんづまり 宮本 百合子
405 曇天 原 民喜
406 曇天 宮本 百合子
407 トントンピーピ 村山 籌子
408 隧道内の怪火 田中 貢太郎
409 ドン・バス炭坑区の「労働宮」 ソヴェト同盟の労働者はどんな文化設備をもっているか 宮本 百合子
410 山村 暮鳥
411 とんびと油揚 寺田 寅彦
412 蜻蛉返り 佐藤 垢石
413 とんまの六兵衛 下村 千秋
414 問屋種切れ 岸田 国士
415 貪婪禍 太宰 治