1 横光 利一
2 ピアノ 芥川 竜之介
3 P丘の殺人事件 松本 泰
4 B教授の死 寺田 寅彦
5 ピークハンティングに帰れ 松濤 明
6 ピーター・パン 中谷 宇吉郎
7 柊の垣のうちから 北条 民雄
8 ビール会社征伐 夢野 久作
9 ヒウザン会とパンの会 高村 光太郎
10 比叡 横光 利一
11 比叡山 若山 牧水
12 Pierre Philosophale 坂口 安吾
13 ピエル・フオン訪問記 牧野 信一
14 ピエロ伝道者 坂口 安吾
15 ピエロ伝道者 坂口 安吾
16 美音会 佐藤 垢石
17 比較科学論 中谷 宇吉郎
18 比較言語学における統計的研究法の可能性について 寺田 寅彦
19 比較神話学 高木 敏雄
20 美学入門 中井 正一
21 日蔭の街 松本 泰
22 日がさとちょう 小川 未明
23 東旭川村にて 島木 健作
24 東中野にて 牧野 信一
25 東の渚 伊藤 野枝
26 東山時代における一縉紳の生活 原 勝郎
27 ぴかぴかする夜 小川 未明
28 新美 南吉
29 光り合ういのち 倉田 百三
30 光と風と夢 中島 敦
31 陽に酔つた風景 牧野 信一
32 ひかりの素足 宮沢 賢治
33 光のない朝 宮本 百合子
34 光の中に 金 史良
35 光ノミ 北原 白秋
36 光は影を 岸田 国士
37 光よあれ 今野 大力
38 光をかかぐる人々 徳永 直
39 ひかる 新美 南吉
40 光る生物 神田 左京
41 光る風景 萩原 朔太郎
42 彼岸過迄 夏目 漱石
43 悲願に就て ——「文芸」の作品批評に関聯して—— 坂口 安吾
44 悲願に就て ——「文芸」の作品批評に関聯して—— 坂口 安吾
45 北原 白秋
46 蝦蟇を食べた話 北大路 魯山人
47 「抽斗にない言葉」 岸田 国士
48 「引札」のはなし 久保田 万太郎
49 秘境 宮沢 賢治
50 卑怯な毒殺 小酒井 不木
51 卑怯者 有島 武郎
52 樋口一葉 長谷川 時雨
53 「樋口一葉全集第二巻」後記 久保田 万太郎
54 〔卑屈の友らをいきどほろしく〕 宮沢 賢治
55 「悲劇喜劇」広告 岸田 国士
56 「悲劇喜劇」の編輯者として 岸田 国士
57 「悲劇喜劇」発刊について 岸田 国士
58 髯籠の話 折口 信夫
59 髭の謎 小酒井 不木
60 ひこうかばん アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
61 飛行機から墜ちるまで 吉行 エイスケ
62 飛行機に乗る怪しい紳士 田中 貢太郎
63 飛行機の下の村 宮本 百合子
64 英彦山に登る 杉田 久女
65 彦六大いに笑ふ 三好 十郎
66 瓢作り 杉田 久女
67 氷雨 葉山 嘉樹
68 眉山 太宰 治
69 ひしがれた女性と語る 近頃思った事 宮本 百合子
70 ビジテリアン大祭 宮沢 賢治
71 毘沙門の名号に就いて 南方 熊楠
72 美醜 豊島 与志雄
73 『美術運動』への答え 宮本 百合子
74 美術学校時代 高村 光太郎
75 美術曲芸しん粉細工 阿部 徳蔵
76 美術上の婦人 岸田 劉生
77 美女 西東 三鬼
78 微笑 横光 利一
79 微笑 豊島 与志雄
80 微笑 芥川 竜之介
81 美少女 太宰 治
82 非常歎願書 田中 正造
83 非情の愛 豊島 与志雄
84 美食多産期の腹構え 北大路 魯山人
85 美食と人生 北大路 魯山人
86 美食七十年の体験 北大路 魯山人
87 美女を盗む鬼神 田中 貢太郎
88 ひじりの家 柳田 国男
89 聖の行くべき道 今野 大力
90 美人鷹匠 大倉 燁子
91 非人道的な講和条件 与謝野 晶子
92 ピストルの使い方 ——(前題——楊弓) 泉 鏡花
93 尾生の信 芥川 竜之介
94 備前天一坊 江見 水蔭
95 「額の男」を読む 夏目 漱石
96 日高十勝の記憶 岩野 泡鳴
97 ピタゴラスと豆 寺田 寅彦
98 飛騨の怪談 岡本 綺堂
99 飛騨の顔 坂口 安吾
100 左ぎっちょの正ちゃん 小川 未明
101 美男子と煙草 太宰 治
102 美談附近 岸田 国士
103 棺の後ろから 三好 十郎
104 ピックマンのモデル ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
105 日付のない日記 堀 辰雄
106 火つけ彦七 伊藤 野枝
107 びっこのお馬 小川 未明
108 〈ピツコロさん〉 村山 籌子
109 羊飼いハイタ ビアス アンブローズ(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
110 ひつじさんと あひるさん 村山 籌子
111 ピッチの様に 宮本 百合子
112 投手殺人事件 坂口 安吾
113 必要以上のもの 豊島 与志雄
114 美的生活論とニイチエ 登張 竹風
115 美的生活を論ず 高山 樗牛
116 秀吉・家康二英雄の対南洋外交 国枝 史郎
117 ひでり狐 豊島 与志雄
118 秘伝の名訳 ——ボーマルシエ、辰野隆訳『フィガロの結婚』 岸田 国士
119 一足お先に 夢野 久作
120 比島投降記 ある新聞記者の見た敗戦 石川 欣一
121 人馬 楠山 正雄
122 人及び芸術家としての薄田泣菫氏 薄田泣菫氏及び同令夫人に献ず 芥川 竜之介
123 一癖あるどじょう 北大路 魯山人
124 一塊の土 芥川 竜之介
125 日時計の天使 堀 辰雄
126 火と氷のシャスタ山 小島 烏水
127 一言(『岸田秋子』について) 岸田 国士
128 ひとごとではない ソヴェト勤労婦人の現状 宮本 百合子
129 一言二言三言 岸田 国士
130 一言(「道遠からん」について) 岸田 国士
131 一条の縄 宮本 百合子
132 人魂火 長谷川 時雨
133 人魂の一つの場合 寺田 寅彦
134 一つの愛情 豊島 与志雄
135 一つのエチケット 松濤 明
136 一つの感想 宮本 百合子
137 一つの境涯 ——世の母びと達に捧ぐ—— 中原 中也
138 一つの作が出来上るまで ——「枯野抄」——「奉教人の死」—— 芥川 竜之介
139 一つの試案 ——「列」解消のために 岸田 国士
140 一つの思考実験 寺田 寅彦
141 一つの世界 ——私信—— 伊丹 万作
142 一つの挿話 岸田 国士
143 一つの出来事 宮本 百合子
144 一つの灯 私の書いた頃 宮本 百合子
145 ひとつの火 新美 南吉
146 ひとつの道 草野 天平
147 一つの芽生 宮本 百合子
148 一つの約束 太宰 治
149 一粒の粟 宮本 百合子
150 一粒の真珠 小川 未明
151 一坪館 海野 十三
152 一つ枕 柳川 春葉
153 ひととき 宮本 百合子
154 一握の髪の毛 田中 貢太郎
155 人のいない飛行機 田中 貢太郎
156 人の顔 夢野 久作
157 人の国 豊島 与志雄
158 人の首 高村 光太郎
159 人の言葉——自分の言葉 寺田 寅彦
160 人の子の親となりて 坂口 安吾
161 人柱築島由来 藤野 古白(著者) / 藤井 英男(翻訳者)
162 人柱の話 南方 熊楠
163 人々に答ふ 正岡 子規
164 〔ひとひははかなくことばをくだし〕 宮沢 賢治
165 一房の葡萄 有島 武郎
166 人真似鳥 室生 犀星
167 人麿の妻 斎藤 茂吉
168 人身御供と人柱 喜田 貞吉
169 灯ともし頃 岸田 国士
170 ヒトラーの健全性 国枝 史郎
171 独り碁 中 勘助
172 ひとりごと 牧野 信一
173 ひとりすまう 織田 作之助
174 独り旅 若杉 鳥子
175 一人の芭蕉の問題 江戸川 乱歩
176 一人の無名作家 芥川 竜之介
177 一人の無名作家 中谷 宇吉郎
178 一人舞台 ストリンドベリ アウグスト(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
179 一人二役 江戸川 乱歩
180 一人 二人 村山 籌子
181 ひと吾を公式主義者と呼ぶ 戸坂 潤
182 人を殺す犬 小林 多喜二
183 人を呪わば 国枝 史郎
184 芥川 竜之介
185 雛がたり 泉 鏡花
186 雛菊と雲雀と少年の話 牧野 信一
187 ひなた 新美 南吉
188 雛鳥の夢 素木 しづ
189 雛祭りの話 折口 信夫
190 ひな勇はん 宮本 百合子
191 火に追われて 岡本 綺堂
192 日の当たる門 小川 未明
193 ヒノエウマの話 坂口 安吾
194 緋のエチュード ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
195 火の踵 原 民喜
196 ひのきとひなげし 宮沢 賢治
197 火の唇 原 民喜
198 火の唇 原 民喜
199 美の国と民芸 柳 宗悦
200 火の子供 原 民喜
201 火の島 宮沢 賢治
202 火の玉を見たこと 牧野 富太郎
203 火のついた踵 宮本 百合子
204 日の出 国木田 独歩
205 火の扉 岸田 国士
206 火の鳥 太宰 治
207 火の鳥 太宰 治
208 美の日本的源泉 高村 光太郎
209 火の柱 木下 尚江
210 日の果て 梅崎 春生
211 日の光を浴びて 水野 仙子
212 火の用心の事 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
213 日は輝けり 宮本 百合子
214 ひばりのおじさん 小川 未明
215 雲雀病院 原 民喜
216 水野 仙子
217 被尾行者 小酒井 不木
218 日々の映り 宮本 百合子
219 避病院 正宗 白鳥
220 批評家・作家・劇場人 岸田 国士
221 批評は解放の組織者である 宮本 百合子
222 秘仏 萩原 朔太郎
223 皮膚と心 太宰 治
224 碑文 横光 利一
225 碑文 ——近代伝説—— 豊島 与志雄
226 非文学的文士 中原 中也
227 非暴力 ガンジー マハトマ(著者) / 福永 渙(翻訳者)
228 備忘録 寺田 寅彦
229 非凡人と凡人の遺書 岡本 一平
230 非凡なる凡人 国木田 独歩
231 日輪草 日輪草は何故枯れたか 竹久 夢二
232 向日葵の眼 野村 胡堂
233 卑弥呼考 内藤 湖南
234 秘密 谷崎 潤一郎
235 秘密 竹久 夢二
236 秘密 平林 初之輔
237 秘密の相似 小酒井 不木
238 秘密の代償 岸田 国士
239 秘密の庭 チェスタートン ギルバート・キース(著者) / 直木 三十五(翻訳者)
240 秘密の風景画 佐左木 俊郎
241 美味放談 北大路 魯山人
242 美妙斎美妙 内田 魯庵
243 微妙な人間的交錯 雑誌ジャーナリズムの理想性と現実性 宮本 百合子
244 ピムキン、でかした! 宮本 百合子
245 姫たちばな 室生 犀星
246 姫柚子の讃 佐藤 垢石
247 干物 中原 中也
248 百日紅 高浜 虚子
249 冷かされた桃割娘 上村 松園
250 百三十二番地の貸家 岸田 国士
251 百姓日記 石川 三四郎
252 百姓仁平 今野 大力
253 百姓の足、坊さんの足 新美 南吉
254 百姓の夢 小川 未明
255 百姓マレイ ドストエフスキー フィヨードル・ミハイロヴィチ(著者) / 神西 清(翻訳者)
256 百姓弥之助の話 01 第一冊 植民地の巻 中里 介山
257 百唇の譜 野村 胡堂
258 百銭 宮本 百合子
259 百万人のそして唯一人の文学 青野 季吉
260 百万人の文学 坂口 安吾
261 百面相役者 江戸川 乱歩
262 百物語 岡本 綺堂
263 百物語 森 鴎外
264 百喩経 岡本 かの子
265 百花園 宮本 百合子
266 百花園 永井 荷風
267 百科事典美談 中谷 宇吉郎
268 百鬼園讃 百田 宗治
269 白光 魯迅 (著者) / 井上 紅梅(翻訳者)
270 比喩 原 民喜
271 ヒューマニズムの諸相 宮本 百合子
272 ヒューマニズムへの道 文芸時評 宮本 百合子
273 HUMAN LOST 太宰 治
274 ヒューメーンということに就て 豊島 与志雄
275 葬送行進曲 野村 胡堂
276 病院の窓 石川 啄木
277 病院の窓 南部 修太郎
278 病院の窓 石川 啄木
279 病院の夜明けの物音 寺田 寅彦
280 病院風景 寺田 寅彦
281 病院横町の殺人犯 ポー エドガー・アラン(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
282 氷河 黒島 伝治
283 氷河期の怪人 海野 十三
284 氷河鼠の毛皮 宮沢 賢治
285 病菌とたたかう人々 宮本 百合子
286 表現 宮本 百合子
287 表現論随筆 豊島 与志雄
288 氷湖の公魚 佐藤 垢石
289 病室の幻影 豊島 与志雄
290 病室の花 寺田 寅彦
291 病室より 石川 啄木
292 病状 牧野 信一
293 病牀苦語 正岡 子規
294 病牀瑣事 正岡 子規
295 病牀雑記 芥川 竜之介
296 病床生活からの一発見 萩原 朔太郎
297 病牀譫語 正岡 子規
298 病牀六尺 正岡 子規
299 猫性 豊島 与志雄
300 標題のつけ方 岸田 国士
301 病中記 寺田 寅彦
302 病中幻想 宮沢 賢治
303 病中雑記 芥川 竜之介
304 氷島 萩原 朔太郎
305 漂泊 石川 啄木
306 漂泊 石川 啄木
307 屏風祭 上村 松園
308 病房にたわむ花 岡本 かの子
309 ひょっとこ 芥川 竜之介
310 ひよりげた 新美 南吉
311 日和下駄 一名 東京散策記 永井 荷風
312 平泉紀行 ──専攻科第一類歴史部── 村山 俊太郎
313 平賀源内捕物帳 山王祭の大像 久生 十蘭
314 平賀源内捕物帳 萩寺の女 久生 十蘭
315 平賀源内捕物帳 長崎ものがたり 久生 十蘭
316 平ヶ岳登攀記 高頭 仁兵衛
317 ひらきぶみ 与謝野 晶子
318 平田先生の翻訳 芥川 竜之介
319 平塚明子(らいてう) 長谷川 時雨
320 平塚さんと私の論争 与謝野 晶子
321 平塚・山川・山田三女史に答う 与謝野 晶子
322 平野義太郎宛書簡 01 一九三一年九月二十日 野呂 栄太郎
323 平野義太郎宛書簡 02 一九三一年十二月二十四日 野呂 栄太郎
324 平野義太郎宛書簡 03 一九三二年二月二十六日 野呂 栄太郎
325 平野義太郎宛書簡 04 一九三二年四月三十日 野呂 栄太郎
326 平野義太郎宛書簡 05 一九三二年五月二十三日 野呂 栄太郎
327 平野義太郎宛書簡 06 一九三二年六月六日 野呂 栄太郎
328 平野義太郎宛書簡 07 一九三二年九月八日 野呂 栄太郎
329 平野義太郎宛書簡 08 一九三三年三月 野呂 栄太郎
330 ひらめの学校 林 芙美子
331 平山婆 田中 貢太郎
332 ビルヂングと月 牧野 信一
333 びるぜん祈祷 ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
334 ビルディング 夢野 久作
335 昼のお月さま 小川 未明
336 ヒルベルト訪問記 1932年10月8日,ゲッチンゲンに於て 高木 貞治
337 ヒルミ夫人の冷蔵鞄 海野 十三(著者) / 丘 丘十郎(著者)
338 疲労 国木田 独歩
339 拾うた冠 宮原 晃一郎
340 天鵞絨 石川 啄木
341 天鵞絨 石川 啄木
342 拡がる視野 今日の婦人作家 宮本 百合子
343 比呂志との問答 芥川 竜之介
344 「ヒロシマ」と「アダノの鐘」について 宮本 百合子
345 ヒロシマの声 豊島 与志雄
346 ヒロシマの声 原 民喜
347 広瀬河畔を逍遥しつつ 萩原 朔太郎
348 広津氏に答う 有島 武郎
349 拾った詩 ——或る人に告ぐる—— 今野 大力
350 ヒロツタ ラツパ 新美 南吉
351 広場 宮本 百合子
352 「広場」について 宮本 百合子
353 広場のベンチ 豊島 与志雄
354 山村 暮鳥
355 琵琶湖 横光 利一
356 火渡り 宮沢 賢治
357 琵琶伝 泉 鏡花
358 日を愛しむ 外村 繁
359 火を喰つた鴉 逸見 猶吉
360 火を点ず 小川 未明
361 ピンカンウーリの阿媽 豊島 与志雄
362 備後より 中村 憲吉
363 便乗型の暴力 ——競輪その他—— 坂口 安吾
364 便乗の図絵 宮本 百合子
365 貧書生 内田 魯庵
366 ヒンセザレバドンス 坂口 安吾
367 瓶詰地獄 夢野 久作
368 ヒント 織田 作之助
369 便なき幼児のうたへる歌 萩原 朔太郎
370 貧農のうたえる詩 長沢 佑
371 貧乏 幸田 露伴
372 貧乏一期、二期、三期 わが落魄の記 直木 三十五
373 貧乏神物語 田中 貢太郎
374 貧乏線に終始して 小川 未明
375 貧乏物語 河上 肇
376 貧乏を売る 山之口 貘
377 貧を記す 堺 利彦