1 宮本 百合子
2 宝永噴火 岡本 かの子
3 法悦クラブ 野村 胡堂
4 放翁鑑賞 06 その六 ——放翁絶句十三首和訳(つけたり、雑詩七首)—— 河上 肇
5 放翁鑑賞 07 その七 ——放翁詩話三十章—— 河上 肇
6 法王の祈祷 シュウォッブ マルセル(著者) / 上田 敏(翻訳者)
7 忘恩 田中 貢太郎
8 報恩記 芥川 竜之介
9 望岳都東京 木暮 理太郎
10 法学とは何か ——特に入門者のために 末弘 厳太郎
11 防火栓 ヒルシュフェルド ゲオルヒ(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
12 幇間 谷崎 潤一郎
13 判官三郎の正体 野村 胡堂
14 傍観者の言 岸田 国士
15 防寒戸 中谷 宇吉郎
16 ほうき一本 宮本 百合子
17 彗星の話 豊島 与志雄
18 望郷 竹内 浩三
19 望郷 ——北海道初行脚—— 服部 之総
20 奉教人の死 芥川 竜之介
21 方言 折口 信夫
22 方言について 岸田 国士
23 方言について 岸田 国士
24 亡国に至るを知らざれば之即ち亡国の儀に付質問 田中 正造
25 封三娘 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
26 帽子のない水兵 田中 貢太郎
27 バウシ ノ ユクヘ 村山 籌子
28 報酬 織田 作之助
29 房州紀行 大町 桂月
30 房州の一夏 大町 桂月
31 忘春詩集 01 『忘春詩集』に 佐藤 春夫
32 忘春詩集 02 忘春詩集 室生 犀星
33 方丈記 鴨 長明
34 放生津物語 田中 貢太郎
35 北條より一ノ宮へ 大町 桂月
36 傍人の言 豊島 与志雄
37 放水路 永井 荷風
38 宝石商 小川 未明
39 宝石の序曲 松本 泰
40 防雪林 小林 多喜二
41 放送された遺言 海野 十三
42 宝蔵の短刀 田中 貢太郎
43 法窓夜話 01 序 穂積 重遠
44 法窓夜話 02 法窓夜話 穂積 陳重
45 方則について 寺田 寅彦
46 亡弟 中原 中也
47 放蕩の虫 萩原 朔太郎
48 ほうとする話 祭りの発生 その一 折口 信夫
49 法然行伝 中里 介山
50 忙ノ説 成島 柳北(著者) / 濹上漁史 (著者)
51 ポウの本質 平林 初之輔
52 防備隊 黒島 伝治
53 暴風雨に終わった一日 松本 泰
54 暴風への郷愁 山之口 貘
55 放免考 喜田 貞吉
56 葬られたる秘密 小泉 八雲(著者) / 戸川 明三(翻訳者)
57 泡鳴五部作 01 発展 岩野 泡鳴
58 泡鳴五部作 02 毒薬を飲む女 岩野 泡鳴
59 泡鳴五部作 03 放浪 岩野 泡鳴
60 泡鳴五部作 04 断橋 岩野 泡鳴
61 泡鳴五部作 05 憑き物 岩野 泡鳴
62 坊や 中原 中也
63 鳳来寺紀行 若山 牧水
64 「ほ」・「うら」から「ほがひ」へ 折口 信夫
65 法律的独立人格の承認 宮本 百合子
66 法隆寺再建非再建論の回顧 喜田 貞吉
67 菠薐草 長塚 節
68 放浪 織田 作之助
69 放浪 織田 作之助
70 放浪記(初出) 林 芙美子
71 放浪作家の冒険 西尾 正
72 放浪者 岸田 国士
73 崩浪亭主人 林 芙美子
74 放浪の宿 里村 欣三
75 吠える 宮本 百合子
76 酸漿 原 民喜
77 ポオとルヴェル 小酒井 不木
78 朴の咲く頃 堀 辰雄
79 ポーの片影 芥川 竜之介
80 ホオムズの探偵法 平林 初之輔
81 頬よせてホノルル 片岡 義男
82 ポオル・エルヴィユウ 岸田 国士
83 ボールの行方 小川 未明
84 (ポオル・モオランの「タンドル・ストック」) 堀 辰雄
85 帆影 坂口 安吾
86 僕がかわいがるから 小川 未明
87 北斎と幽霊 国枝 史郎
88 墨子 幸田 露伴
89 北支点描 豊島 与志雄
90 北支の旅 岸田 国士
91 北支物情 岸田 国士
92 墨汁一滴 正岡 子規
93 北守将軍と三人兄弟の医者 宮沢 賢治
94 牧場の音楽師 北条 民雄
95 北信早春譜 野上 豊一郎
96 朴水の婚礼 坂口 安吾
97 北総の十六島 大町 桂月
98 僕たちは愛するけれど 小川 未明
99 濹東綺譚 永井 荷風
100 北斗帖 違星 北斗
101 北斗と南斗星 田中 貢太郎
102 僕の運動 牧野 信一
103 僕の国 スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 新美 南吉(翻訳者)
104 僕の孤独癖について 萩原 朔太郎
105 僕の孤独癖について 萩原 朔太郎
106 僕の酒 牧野 信一
107 僕の読書法 織田 作之助
108 僕の友だち二三人 芥川 竜之介
109 僕の帽子のお話 有島 武郎
110 僕の昔 夏目 漱石
111 僕は 芥川 竜之介
112 僕は精神が好きだ 大杉 栄
113 僕は兄さんだ 小川 未明
114 北派の書論 内藤 湖南
115 僕はもう治っている 坂口 安吾
116 ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内 浩三
117 牧羊神 上田 敏
118 北朗来庵 尾崎 放哉
119 保久呂天皇 坂口 安吾
120 反古 小山内 薫
121 母校を去るにのぞみて 槙村 浩
122 反古しらべ 樋口 一葉
123 「矜り」と「嗜み」 岸田 国士
124 塵埃は語る 小酒井 不木
125 岡本 かの子
126 寺田 寅彦
127 国木田 独歩
128 星あかり 泉 鏡花
129 星あかり 泉 鏡花
130 乾あんず 片山 広子
131 母子叙情 岡本 かの子
132 星女郎 泉 鏡花
133 母子像 久生 十蘭
134 星と過去 今野 大力
135 星と柱を数えたら 小川 未明
136 星とピエロ 中原 中也
137 星の女 鈴木 三重吉
138 星の銀貨 グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
139 星の劇場 織田 作之助
140 星の子 小川 未明
141 星の世界から 小川 未明
142 星のわななき 原 民喜
143 母子ホームの子供たち 槙本 楠郎
144 露肆 泉 鏡花
145 星めぐりの歌 宮沢 賢治
146 蒲寿庚の事蹟 桑原 隲蔵
147 暮春詠嘆調 萩原 朔太郎
148 歩哨戦 今村 恒夫
149 ポスト 槙村 浩
150 母性愛の蟹 中谷 宇吉郎
151 母性偏重を排す 与謝野 晶子
152 穂高岳槍ヶ岳縦走記 鵜殿 正雄
153 ぼたもち 三好 十郎
154 萩原 朔太郎
155 上村 松園
156 牧野 信一
157 織田 作之助
158 槙村 浩
159 ——童話風景—— 桜間 中庸
160 蛍狩 萩原 朔太郎
161 蛍の灯台 野口 雨情
162 牡丹 宮本 百合子
163 牡丹灯記 田中 貢太郎
164 牡丹灯籠 牡丹灯記 田中 貢太郎
165 墓地 桜間 中庸
166 墓地展望亭 久生 十蘭
167 墓地の殺人 小酒井 不木
168 墓地へゆく道 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
169 北海道開発に消えた八百億円 中谷 宇吉郎
170 北海道に就いての印象 有島 武郎
171 北海道の「俊寛」 小林 多喜二
172 北海道の性格 岸田 国士
173 北海に 竹内 浩三
174 北海の白鳥 小川 未明
175 北海の夜 今野 大力
176 ホッキ巻 知里 真志保
177 卜居 津村信夫に 堀 辰雄
178 北極星 片山 広子
179 北極のアムンセン 豊島 与志雄
180 法句経 作者不詳 (著者) / 荻原 雲来(翻訳者)
181 発句私見 芥川 竜之介
182 ポックリ キノクツ 村山 籌子
183 法華僧の怪異 田中 貢太郎
184 発端・電話事件 式場 隆三郎
185 坊っちゃん 夏目 漱石
186 北氷洋の氷の割れる音 寺田 寅彦
187 ぽつぽのお手帳 鈴木 三重吉
188 ボデー意匠審査会 美術の粋を蒐め独特の形態美へ ——豊田常務の挨拶—— 豊田 喜一郎
189 舗道 宮本 百合子
190 ほととぎす 堀 辰雄
191 程よい人 豊島 与志雄
192 有島 武郎
193 骨のうたう(原型) 竹内 浩三
194 骨を削りつつ歩む ——文壇苦行記—— 佐左木 俊郎
195 原 民喜
196 焔の中に歌う 野村 胡堂
197 炎の人——ゴッホ小伝—— 三好 十郎
198 ボヘミアの醜聞 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
199 微笑 夢野 久作
200 歩々到着 種田 山頭火
201 「保姆」の印象 宮本 百合子
202 頌歌 クローデル ポール(著者) / 上田 敏(翻訳者)
203 ポラーノの広場 宮沢 賢治
204 洞熊学校を卒業した三人 宮沢 賢治
205 ポランの広場 宮沢 賢治
206 堀切橋の怪異 田中 貢太郎
207 ポルト・リシュとクウルトリイヌ 岸田 国士
208 ボルネオ ダイヤ 林 芙美子
209 亡び行く江戸趣味 淡島 寒月
210 亡びゆく花 岡本 綺堂
211 亡びゆく森 小島 烏水
212 ぼろぼろな駝鳥 高村 光太郎
213 ほろほろほろりん 桜間 中庸
214 ボロ家の春秋 梅崎 春生
215 本困坊・呉清源十番碁観戦記 坂口 安吾
216 本因坊と私 関根 金次郎
217 梵雲庵漫録 淡島 寒月
218 盆踊り 田畑 修一郎
219 盆踊りと祭屋台と 折口 信夫
220 盆踊りの話 折口 信夫
221 凡愚姐御考 長谷川 時雨
222 本郷の並木道 坂口 安吾
223 本郷の名物 宮本 百合子
224 □本居士 本田 親二
225 本州横断 癇癪徒歩旅行 押川 春浪
226 本州における蝦夷の末路 喜田 貞吉
227 本所両国 芥川 竜之介
228 本所両国 芥川 竜之介
229 凡人凡語 梅崎 春生
230 本棚 宮本 百合子
231 本朝変態葬礼史 中山 太郎
232 本当の愛嬌ということ 宮本 百合子
233 本土の港を指して 今野 大力
234 煩悩秘文書 林 不忘
235 本のこと 堀 辰雄
236 本の事 芥川 竜之介
237 本の装釘 木下 杢太郎
238 本の未来 富田 倫生
239 本部の段々で 槙本 楠郎
240 孟買挿話 吉行 エイスケ
241 ボン・ボヤージ! 渡米水泳選手におくる 宮本 百合子
242 焼き林檎を投げる 岸田 国士
243 翻訳劇と翻案劇 岸田 国士
244 翻訳小品 芥川 竜之介
245 〔翻訳〕ステファヌ・マラルメ ヴァレリー ポール(著者) / 坂口 安吾(翻訳者)
246 翻訳製造株式会社 戸川 秋骨
247 翻訳遅疑の説 神西 清
248 翻訳に就いて 森 鴎外(著者) / 森 林太郎(著者)
249 翻訳について 岸田 国士
250 翻訳の価値 「ゴロヴリョフ家の人々」にふれて 宮本 百合子
251 翻訳の苦心 幸徳 秋水
252 翻訳の生理・心理 神西 清
253 翻訳のむずかしさ 神西 清