1 マーカス・ショーとレビュー式教育 寺田 寅彦
2 麻雀殺人事件 海野 十三
3 麻雀を語る 南部 修太郎
4 マードック先生の『日本歴史』 夏目 漱石
5 まあまあ居士の弁 私の歩いてきた道 浅沼 稲次郎
6 マイクロフォン 「新青年」一九三三年七月 国枝 史郎
7 マイクロフォン 「新青年」一九二七年三月 国枝 史郎
8 マイクロフォン 「新青年」一九二七年五月 国枝 史郎
9 マイクロフォン 「新青年」一九二八年一一月 国枝 史郎
10 マイクロフォン 「新青年」一九二八年二月 国枝 史郎
11 マイクロフォン 「新青年」一九二六年一一月 国枝 史郎
12 マイクロフォン 「新青年」一九二六年三月 国枝 史郎
13 マイクロフォン 「新青年」一九二六年二月 国枝 史郎
14 マイクロフォン—雑感— 「新青年」一九二五年一二月 国枝 史郎
15 マイクロフォン—八月増刊『陰獣』を中心にして— 「新青年」一九二八年一〇月 国枝 史郎
16 迷子 泉 鏡花
17 迷子になつた上等兵(ラヂオドラマ) 岸田 国士
18 迷子ノジヤガイモ 村山 籌子
19 舞子より須磨へ 小川 未明
20 舞じたく 上村 松園
21 舞姫 石橋 忍月
22 舞姫 森 鴎外
23 舞姫 永井 荷風
24 舞姫 与謝野 晶子
25 舞姫 森 鴎外
26 まえがき(『真実に生きた女性たち』) 宮本 百合子
27 魔王物語 田中 貢太郎
28 マカーガー峡谷の秘密 ビアス アンブローズ(著者) / 妹尾 アキ夫(翻訳者)
29 まかないの棒 黒島 伝治
30 曲れる者 ドイル アーサー・コナン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
31 牧野さんの祭典によせて 坂口 安吾
32 牧野さんの死 坂口 安吾
33 牧野富太郎自叙伝 01 第一部 牧野富太郎自叙伝 牧野 富太郎
34 牧野富太郎自叙伝 02 第二部 混混録 牧野 富太郎
35 間木老人 北条 民雄
36 幕間 岸田 国士
37 幕が下りて 岸田 国士
38 マクシム・ゴーリキイについて 宮本 百合子
39 マクシム・ゴーリキイによって描かれた婦人 宮本 百合子
40 マクシム・ゴーリキイの伝記 幼年時代・少年時代・青年時代 宮本 百合子
41 マクシム・ゴーリキイの発展の特質 宮本 百合子
42 マクシム・ゴーリキイの人及び芸術 宮本 百合子
43 マグノリアの木 宮沢 賢治
44 幕は開かない 岸田 国士
45 枕物狂 川田 順
46 鮪の茶漬け 北大路 魯山人
47 鮪を食う話 北大路 魯山人
48 上村 松園
49 負けない少年 吉田 甲子太郎
50 斎藤 茂吉
51 孫だち 正宗 白鳥
52 まざあ・ぐうす 作者不詳 (著者) / 北原 白秋(翻訳者)
53 正岡子規 芥川 竜之介
54 正岡子規 夏目 漱石
55 〔ま青きそらの風をふるはし〕 宮沢 賢治
56 方子と末起 小栗 虫太郎
57 政ちゃんと赤いりんご 小川 未明
58 正に芸術の試煉期 小川 未明
59 正宗谷崎両氏の批評に答う 永井 荷風
60 正夢 萠円 (著者) / 夢野 久作(著者)
61 まじなひの一方面 折口 信夫
62 摩周湖紀行 ——北海道の旅より—— 林 芙美子
63 魔術 芥川 竜之介
64 魔女 小熊 秀雄
65 魔性の女 大倉 燁子
66 魔女の家で見た夢 ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
67 まじょりか皿 寺田 寅彦
68 麻酔剤 ルヴェル モーリス(著者) / 田中 早苗(翻訳者)
69 貧しき信徒 八木 重吉
70 貧しき日録 牧野 信一
71 貧しき人々の群 宮本 百合子
72 貧しき文学的経験(文壇へ出るまで) 牧野 信一
73 先づ脱却すべきは 岸田 国士
74 鱒の卵 佐藤 垢石
75 鱒の話 今野 大力
76 ますます確りやりましょう 宮本 百合子
77 魔像 蘭 郁二郎
78 魔像 新版大岡政談 林 不忘
79 又、家 宮本 百合子
80 又一説? 芥川 竜之介
81 亦一説? 芥川 竜之介
82 又三郎の学校 小穴 隆一
83 マダム貞奴 長谷川 時雨
84 まだらのひも ドイル アーサー・コナン(著者) / 海野 十三(翻訳者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
85 宮本 百合子
86 桜間 中庸
87 まちがい 宮本 百合子
88 街角 牧野 信一
89 街角の飯屋で 竹内 浩三
90 町中の月 永井 荷風
91 まちねずジョニーのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
92 町の踊り場 徳田 秋声
93 町のお姫さま 小川 未明
94 街の子 竹久 夢二
95 街の乞食 今野 大力
96 街の子等 今野 大力
97 街の少年 豊島 与志雄
98 街の底 横光 利一
99 街の探偵 海野 十三
100 街の断片 原 民喜
101 町の展望 宮本 百合子
102 街の灯 桜間 中庸
103 町はずれの空き地 小川 未明
104 街はふるさと 坂口 安吾
105 「街はふるさと」作者の言葉 坂口 安吾
106 待呆け議会風景 宮本 百合子
107 まちむすめ 上田 敏
108 街を行くまゝに感ず 小川 未明
109 待つ 太宰 治
110 松井須磨子 長谷川 時雨
111 松江印象記 芥川 竜之介
112 松風の音 和辻 哲郎
113 真紅な帆の帆前船 田中 貢太郎
114 松島に於て芭蕉翁を読む 北村 透谷
115 マッチ売りの少女 アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
116 待っていた一つの風景 今野 大力
117 松と藤芸妓の替紋 三遊亭 円朝
118 松の影 槙村 浩
119 松の葉 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
120 松の操美人の生埋 01 序 宇田川 文海
121 松の操美人の生埋 02 侠骨今に馨く賊胆猶お腥し 三遊亭 円朝
122 松のや露八 吉川 英治
123 松虫草 長塚 節
124 待つ者 豊島 与志雄
125 松山鏡 楠山 正雄
126 松山日記 種田 山頭火
127 松浦あがた 蒲原 有明
128 寺田 寅彦
129 祭のこと 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
130 祭のさまざま 柳田 国男
131 祭の晩 宮沢 賢治
132 祭の夜 平林 初之輔
133 祭りの夜 豊島 与志雄
134 リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
135 堀 辰雄
136 鷹野 つぎ
137 ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
138 岡本 かの子
139 芥川 竜之介
140 堀 辰雄
141 魔都 久生 十蘭
142 惑ひ 伊藤 野枝
143 惑ひ 伊藤 野枝
144 まといの話 折口 信夫
145 窓からの風景(六月——) 宮本 百合子
146 窓にさす影 豊島 与志雄
147 窓にて 山村 暮鳥
148 まどはしの四月 片山 広子
149 窓を開く 桜間 中庸
150 砂子屋 太宰 治
151 砂子屋 太宰 治
152 真夏の朝のひとゝき 牧野 信一
153 真夏の幻影 豊島 与志雄
154 真夏の幻覚 岡本 かの子
155 真夏の日本海 中谷 宇吉郎
156 真夏の日本海 中谷 宇吉郎
157 真夏の夢 ストリンドベリ アウグスト(著者) / 有島 武郎(翻訳者)
158 真夏の夜の夢 牧野 信一
159 真夏の夜の夢 宮本 百合子
160 真夏日の散歩 原 民喜
161 まなづるとダァリヤ 宮沢 賢治
162 馬庭念流のこと 坂口 安吾
163 魔の退屈 坂口 安吾
164 魔の退屈 坂口 安吾
165 魔の電柱 田中 貢太郎
166 魔のひととき 原 民喜
167 魔のひととき 原 民喜
168 間引菜 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
169 間人考 喜田 貞吉
170 〔まひるつとめにまぎらひて〕 宮沢 賢治
171 真昼のお化け 小川 未明
172 瞼の母 長谷川 伸
173 魔法探し 豊島 与志雄
174 魔法修行者 幸田 露伴
175 魔法の笛 ブラウニング ロバート(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
176 魔法博士 江戸川 乱歩
177 魔法罎 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
178 まほうやしき 江戸川 乱歩
179 まぼろし 牧野 信一
180 まぼろし 国木田 独歩
181 幻の彼方 豊島 与志雄
182 幻の園 豊島 与志雄
183 幻影の盾 夏目 漱石
184 真間・蘆屋の昔がたり 折口 信夫
185 継子 夢野 久作
186 ママ先生とその夫 岸田 国士
187 真間の手古奈 国枝 史郎
188 真間名所 阪井 久良伎
189 魔味洗心 佐藤 垢石
190 豆小僧の冒険 宮原 晃一郎
191 豆自伝 堀 辰雄
192 豆潜水艇の行方 海野 十三
193 眉かくしの霊 泉 鏡花
194 眉の記 上村 松園
195 「迷いの末は」 横光氏の「厨房日記」について 宮本 百合子
196 迷い路 小川 未明
197 真夜中から黎明まで 豊島 与志雄
198 まよわし 漢那 浪笛
199 マリア・バシュキルツェフの日記 宮本 百合子
200 「マリー・ロオジェ事件」の研究 小酒井 不木
201 マリー・ロジェエの怪事件 ポー エドガー・アラン(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
202 マリヴロンと少女 宮沢 賢治
203 マリゴールド・ガーデン グリーナウェイ ケイト(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
204 満里子のこと 牧野 信一
205 マリ・デル チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
206 マル及ムレについて 木暮 理太郎
207 マルクス主義と唯物論 三木 清
208 マルクスの審判 横光 利一
209 マルコポロから 寺田 寅彦
210 丸善と三越 寺田 寅彦
211 円卓子での話 牧野 信一
212 「マルテの手記」 堀 辰雄
213 「マルテ・ロオリッツ・ブリッゲの手記」から リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
214 丸の内 高浜 虚子
215 丸之内点景 ‥‥東京の盛り場を巡る‥‥ 小津 安二郎
216 マルは しあわせ 小川 未明
217 ○○獣 海野 十三
218 マレー俳優の死 岡本 綺堂
219 まれびとの歴史 折口 信夫
220 漫画と科学 寺田 寅彦
221 満願 太宰 治
222 満韓ところどころ 夏目 漱石
223 漫言一則 北村 透谷
224 谷崎 潤一郎
225 「満洲国各民族創作選集」選者のことば 岸田 国士
226 曼珠沙華 斎藤 茂吉
227 万の死 小川 未明
228 漫罵 北村 透谷
229 万福追想 葉山 嘉樹
230 満蒙遊記 附 満蒙の歌 与謝野 晶子(著者) / 与謝野 寛(著者)
231 万葉秀歌 斎藤 茂吉
232 万葉集研究 折口 信夫
233 万葉集に現れた古代信仰 ——たまの問題—— 折口 信夫
234 万葉集の解題 折口 信夫
235 万葉集の恋歌に就て 三好 達治
236 万葉集のなり立ち 折口 信夫
237 万葉集巻十六 正岡 子規
238 万葉集を読む 正岡 子規
239 万葉の手古奈とうなひ処女 杉田 久女
240 万葉びとの生活 折口 信夫
241 まんりやう 薄田 泣菫