1 リアルな方法とは 宮本 百合子
2 リイズ 太宰 治
3 理科教育の根底 丘 浅次郎
4 リギ山上の一夜 斎藤 茂吉
5 利休と遠州 薄田 泣菫
6 鯉魚 岡本 かの子
7 陸軍士官から 岸田 国士
8 陸判 田中 貢太郎
9 離婚について 宮本 百合子
10 離婚について 与謝野 晶子
11 離魂病 岡本 綺堂
12 リシダス ミルトン ジョン(著者) / 上田 敏(翻訳者)
13 利尻山とその植物 牧野 富太郎
14 リズム(詩の)に就いての再考察 桜間 中庸
15 リズムの構造 中井 正一
16 理想的団体生活 丘 浅次郎
17 理想の女 坂口 安吾
18 理想の女 豊島 与志雄
19 リチャード・バートン訳「一千一夜物語」に就いて 芥川 竜之介
20 律子と貞子 太宰 治
21 立秋 萩原 朔太郎
22 立秋 ——大沼竹太郎氏ニ捧グル詩—— 萩原 朔太郎
23 立春開門 河井 寛次郎
24 立春の卵 中谷 宇吉郎
25 掠奪した短刀 田中 貢太郎
26 掠奪せられたる男 豊島 与志雄
27 涼亭 ——序に代へて—— 田中 貢太郎
28 芥川 竜之介
29 柳営秘録かつえ蔵 国枝 史郎
30 劉海石 田中 貢太郎
31 柳毅伝 田中 貢太郎
32 琉球の宗教 折口 信夫
33 「琉球の宗教」の中の一つの正誤 折口 信夫
34 竜宮 豊島 与志雄
35 竜宮の犬 宮原 晃一郎
36 流言蜚語 中谷 宇吉郎
37 流言蜚語 寺田 寅彦
38 流行暗殺節 佐々木 味津三
39 流行歌曲について 萩原 朔太郎
40 流行作家の死 野村 胡堂
41 『劉生画集及芸術観』について 和辻 哲郎
42 竜舌蘭 寺田 寅彦
43 流線間諜 海野 十三
44 竜潭譚 泉 鏡花
45 竜潭譚 泉 鏡花
46 龍土会の記 蒲原 有明
47 龍と詩人 宮沢 賢治
48 俚謡一 坂本 竜馬
49 猟官運動 勝 海舟
50 良寛様の書 北大路 魯山人
51 猟奇歌 夢野 久作
52 猟奇の街 佐左木 俊郎
53 両国界隈 木村 荘八
54 両国今昔 木村 荘八
55 両国の秋 岡本 綺堂
56 両国橋の欄干 木村 荘八
57 『聊斎志異』より 蒲原 有明
58 両座の「山門」評 三木 竹二
59 漁師 マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
60 猟師と薬屋の話 小川 未明
61 漁師の冒険 宮原 晃一郎
62 旅上 萩原 朔太郎
63 梁上の足 若杉 鳥子
64 猟色の果 野村 胡堂
65 良書紹介 宮本 百合子
66 「良書普及運動」に寄せて 中井 正一
67 猟人 津村 信夫
68 良心・第一義 夢野 久作
69 量的と質的と統計的と 寺田 寅彦
70 俚謡二 坂本 竜馬
71 亮の追憶 寺田 寅彦
72 涼味数題 寺田 寅彦
73 良夜 饗庭 篁村
74 良夜 徳冨 蘆花
75 良友悪友 久米 正雄
76 料理一夕話 北大路 魯山人
77 料理芝居 北大路 魯山人
78 料理する心 北大路 魯山人
79 料理と食器 北大路 魯山人
80 料理の第一歩 北大路 魯山人
81 料理の秘訣 北大路 魯山人
82 料理の妙味 北大路 魯山人
83 料理は道理を料るもの 北大路 魯山人
84 料理番と婢の姿 田中 貢太郎
85 料理メモ 北大路 魯山人
86 料理も創作である 北大路 魯山人
87 両輪 創造と評論活動の問題 宮本 百合子
88 旅客機事件 大庭 武年
89 緑衣人伝 田中 貢太郎
90 緑衣の女 松本 泰
91 緑蔭叢書創刊期 蒲原 有明
92 緑葉歎 堀 辰雄
93 旅行に就いて 長塚 節
94 旅行の今昔 幸田 露伴
95 旅愁 横光 利一
96 「リラ」の女達 林 芙美子
97 リラの手紙 豊田 三郎
98 李陵 中島 敦
99 リルケ書翰(ロダン宛) リルケ ライネル・マリア(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
100 リルケ年譜 堀 辰雄
101 林檎 豊島 与志雄
102 林檎のうた 片山 広子
103 りんごの車 新美 南吉
104 〔りんごのみきのはひのひかり〕 宮沢 賢治
105 臨時急行列車の紛失 ドイル アーサー・コナン(著者) / 新青年編輯局 (翻訳者)
106 隣室の客 長塚 節
107 臨終の田中正造 木下 尚江
108 臨終まで 梶井 久
109 吝嗇神の宿 人生オペラ 第二回 坂口 安吾
110 鱗粉 蘭 郁二郎
111 淪落 林 芙美子
112 淪落の女の日記 牧野 信一
113 淪落の青春 坂口 安吾