1 老嫗面 坂口 安吾
2 狼園 坂口 安吾
3 老猾抄 牧野 信一
4 老妓抄 岡本 かの子
5 老境 河井 酔茗
6 老境なるかな 吉井 勇
7 老犬の怪 田中 貢太郎
8 牢獄の花嫁 吉川 英治
9 牢獄の半日 葉山 嘉樹
10 老狐の怪 田中 貢太郎
11 老残 宮地 嘉六
12 老子化胡経 桑原 隲蔵
13 狼疾記 中島 敦
14 老獣医 伊藤 左千夫
15 老中の眼鏡 佐々木 味津三
16 老主の一時期 岡本 かの子
17 老巡査 夢野 久作
18 老将軍と大学教授 今野 大力
19 老人 リルケ ライネル・マリア(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
20 老人と海 ヘミングウェイ アーネスト・ミラー(著者) / 石波 杏(翻訳者)
21 濫僧考 河原者・坂の者・宿の者・非人法師 喜田 貞吉
22 ろうそくと貝がら 小川 未明
23 労働祭歌(Ⅰ) 松本 淳三
24 労働者大会 根岸 正吉
25 労働者の居ない船 葉山 嘉樹
26 労働者農民の国家とブルジョア地主の国家 ソヴェト同盟の国家体制と日本の国家体制 宮本 百合子
27 『労働戦線』小説選後評 宮本 百合子
28 労働の精神 百田 宗治
29 老年 芥川 竜之介
30 老年と人生 萩原 朔太郎
31 老婆 小川 未明
32 臘梅 芥川 竜之介
33 老病について 岸田 国士
34 老夫婦 黒島 伝治
35 浪曼的月評 牧野 信一
36 浪曼的時評 牧野 信一
37 ロウモン街の自殺ホテル 牧 逸馬
38 老狸伝 佐藤 垢石
39 ローマ字論者への質疑 萩原 朔太郎
40 ローマ法王と外交 国枝 史郎
41 録音集 豊島 与志雄
42 六月 相馬 泰三
43 六月十九日 太宰 治
44 六月十九日 太宰 治
45 六号記 岸田 国士
46 六号室 チェーホフ アントン(著者) / 瀬沼 夏葉(翻訳者)
47 六号室 チェーホフ アントン(著者) / 瀬沼 夏葉(翻訳者)
48 鹿山庵居 鈴木 大拙
49 六三制を活かす道 中谷 宇吉郎
50 六の宮の姫君 芥川 竜之介
51 轆轤首 田中 貢太郎
52 ろくろ首 小泉 八雲(著者) / 田部 隆次(翻訳者)
53 六羽の白鳥 グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
54 ロザリオの鎖 永井 隆
55 路地 永井 荷風
56 ロシア革命は婦人を解放した 口火を切った婦人デーの闘い 宮本 百合子
57 ロシアの過去を物語る革命博物館を観る 宮本 百合子
58 露西亜の言葉 ツルゲーネフ イワン(著者) / 上田 敏(翻訳者)
59 露西亜の実生活 宮本 百合子
60 ロシアの旅より 宮本 百合子
61 露西亜よ汝は飛ぶ 百田 宗治
62 露路の友 牧野 信一
63 ロシヤに行く心 宮本 百合子
64 露宿 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
65 路上 芥川 竜之介
66 路上 梶井 基次郎
67 魯迅さん 内山 完造
68 LOS CAPRICHOS 芥川 竜之介
69 蘆声 幸田 露伴
70 六白金星 織田 作之助
71 ロツパの「楽天公子」 岸田 国士
72 六百句 高浜 虚子
73 驢馬の びっこ 新美 南吉
74 露伴先生 斎藤 茂吉
75 露伴先生と神仙道 中谷 宇吉郎
76 露伴先生の思い出 和辻 哲郎
77 露伴の出世咄 内田 魯庵
78 ロビンソン・クルソオ (序に代ふる会話) 森 鴎外(著者) / 森 林太郎(著者)
79 ロプ・ノールその他 寺田 寅彦
80 炉辺 堀 辰雄
81 炉辺 堀 辰雄
82 路傍の草 寺田 寅彦
83 路傍の雑草 島崎 藤村
84 路傍の木乃伊 夢野 久作
85 人造人間殺害事件 海野 十三
86 ロボットとベッドの重量 直木 三十五
87 ロマネスク 太宰 治
88 浪漫趣味者として —— Ibi omnis effusus labor ! —— 渡辺 温
89 ろまん灯籠 太宰 治
90 『ろまん灯籠』序 太宰 治
91 ロミオとヂュリエット 01 新修「ロミオとヂュリエット」の序 坪内 逍遥
92 ロミオとヂュリエット 03 ロミオとヂュリエット シェークスピア ウィリアム(著者) / 坪内 逍遥(翻訳者)
93 露訳短篇集の序 芥川 竜之介
94 論語とバイブル 正宗 白鳥
95 論語物語 下村 湖人
96 倫敦消息 夏目 漱石
97 ロンドン一九二九年 宮本 百合子
98 倫敦塔 夏目 漱石
99 倫敦の一夜 岡本 綺堂
100 論理と直観 三木 清