1 アルチバシェッフ ミハイル・ペトローヴィチ(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
2 石川 啄木
3 字余りの和歌俳句 正岡 子規
4 思案の敗北 太宰 治
5 「詩歌の午後」について 岸田 国士
6 ジーキル博士とハイド氏の怪事件 スティーブンソン ロバート・ルイス(著者) / 佐々木 直次郎(翻訳者)
7 ジイクフリードについて 岸田 国士
8 じいさんばあさん 森 鴎外
9 ぢいさんばあさん 森 鴎外
10 C先生への手紙 宮本 百合子
11 椎茸と雄弁 岸田 国士
12 椎茸の話 北大路 魯山人
13 ジイドとそのソヴェト旅行記 宮本 百合子
14 シートンの「動物記」 宮本 百合子
15 椎の木 豊島 与志雄
16 椎の木 豊島 与志雄
17 椎の実 橋本 多佳子
18 椎の若葉 葛西 善蔵
19 椎の若葉 葛西 善蔵
20 ジーブルグ著「神はフランスにゐるか」 岸田 国士
21 死因の疑問 豊島 与志雄
22 寺院の右にて 今野 大力
23 シェイクスピアの郷里 野上 豊一郎
24 J・D・カーの密室犯罪の研究 井上 良夫
25 ジェイン・グレイ遺文 神西 清
26 ヂェラルド・ド・ネルヴァル 中原 中也
27 ジェンナー伝 小酒井 不木
28 潮風 ——「小悪魔の記録」—— 豊島 与志雄
29 「汐くみ」の画に就いて 上村 松園
30 塩昆布の茶漬け 北大路 魯山人
31 塩鮭・塩鱒の茶漬け 北大路 魯山人
32 塩に関する迷信 南方 熊楠
33 塩花 豊島 与志雄
34 塩原多助一代記 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
35 塩原多助旅日記 三遊亭 円朝
36 塩原日記 岩野 泡鳴
37 潮干狩 原 民喜
38 塩を載せた船 小川 未明
39 塩を撒く 小熊 秀雄
40 紫外線 小酒井 不木
41 市街を散歩する人の心持 木下 杢太郎
42 鹿狩り 国木田 独歩
43 刺客蚊公之墓碑銘 柩に収めて東都の俳人に送る 正岡 子規
44 自覚について 宮本 百合子
45 しかし昔にはかえらない 宮本 百合子
46 自画像 寺田 寅彦
47 自画像 黒島 伝治
48 四月五日 原 民喜
49 四月号の創作三つ 平林 初之輔
50 四月馬鹿 渡辺 温
51 四月馬鹿 織田 作之助
52 志賀直哉氏の作品 菊池 寛
53 志賀直哉に文学の問題はない 坂口 安吾
54 自我の足かせ 宮本 百合子
55 鹿の印象 木暮 理太郎
56 爾雅の新研究 内藤 湖南
57 ジガ蜂 島木 健作
58 「屍の街」 原 民喜
59 死屍を食う男 葉山 嘉樹
60 柵草紙の山房論文 森 鴎外
61 しかられて 竹内 浩三
62 時間 横光 利一
63 時間からの影 ラヴクラフト ハワード・フィリップス(著者) / The Creative CAT (翻訳者)
64 四季 槙村 浩
65 子規居士と余 高浜 虚子
66 色彩 今野 大力
67 色彩映画の思い出 中井 正一
68 色彩映画のシナリオ 中井 正一
69 子規自筆の根岸地図 寺田 寅彦
70 直訴状 田中 正造
71 鴫突き 寺田 寅彦
72 鴫つき 寺田 寅彦
73 四季とその折々 黒島 伝治
74 子規と野球 斎藤 茂吉
75 子規の画 夏目 漱石
76 子規の画 夏目 漱石
77 子規の追憶 寺田 寅彦
78 式部小路 泉 鏡花
79 色盲検査表の話 石原 忍
80 シグナルとシグナレス 宮沢 賢治
81 時雨 山村 暮鳥
82 死刑 上司 小剣
83 死刑囚最後の日 ユゴー ヴィクトル(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
84 死刑囚最後の日解説 豊島 与志雄
85 死刑の前 幸徳 秋水
86 自警録 新渡戸 稲造
87 詩劇「水仙と木魚」 ——一少女の歌える—— 三好 十郎
88 試験管 寺田 寅彦
89 死剣と生縄 江見 水蔭
90 時限爆弾奇譚 ——金博士シリーズ・8—— 海野 十三
91 死後 正岡 子規
92 死後 芥川 竜之介
93 地獄 神西 清
94 地獄街道 海野 十三
95 地獄の使者 海野 十三
96 地獄の使 田中 貢太郎
97 二黒の巳 平出 修
98 地獄の門 原 民喜
99 地獄変 芥川 竜之介
100 地獄変 芥川 竜之介
101 四国遍路日記 種田 山頭火
102 自刻木版画に就いて 岡本 帰一
103 自己紹介 牧野 信一
104 詩語としての日本語 折口 信夫
105 詩語としての日本語 折口 信夫
106 四五ニズム述懐 原 民喜
107 死後の恋 夢野 久作
108 自己の肯定と否定と 和辻 哲郎
109 死後の世界は有るか無いか 宮本 百合子
110 自己を中心に 三木 清
111 紫紺染について 宮沢 賢治
112 思索者の日記 三木 清
113 自作肖像漫談 高村 光太郎
114 自作を語る 太宰 治
115 自殺 蘭 郁二郎
116 自殺か他殺か 小酒井 不木
117 自殺を買う話 橋本 五郎
118 時差のないふたつの島 片岡 義男
119 鹿踊りのはじまり 宮沢 賢治
120 鹿踊りのはじまり 宮沢 賢治
121 時事雑感 寺田 寅彦
122 時事雑評二三 内村 鑑三
123 事実と感想 小川 未明
124 事実にたって 一月六日アカハタ「火ばな」の投書について 宮本 百合子
125 SISIDO 宮本 百合子
126 志士と経済 服部 之総
127 四時の変化と関りのない書斎 宮本 百合子
128 獅子は死せるに非ず 終刊の辞に代えて 小栗 虫太郎
129 死児変相 神西 清
130 獅子舞雑考 中山 太郎
131 「しゞま」から「ことゝひ」へ 折口 信夫
132 梅崎 春生
133 死者の権利 浜尾 四郎
134 死者の書 折口 信夫
135 死者の書 折口 信夫
136 死者の書 折口 信夫(著者) / 釈 迢空(著者)
137 死者の書 折口 信夫
138 死者の書 ——初稿版—— 折口 信夫
139 死者の書 続編(草稿) 折口 信夫
140 刺繍 島崎 藤村
141 詩集 芥川 竜之介
142 詩集 浚渫船 中原 中也
143 詩集『戦争』 梶井 基次郎
144 詩集夏花 伊東 静雄
145 四十年前のエキスカージョン 和辻 哲郎
146 四十年前の袋田の瀑 木暮 理太郎
147 詩集の後に 薄田 泣菫
148 四八 黄泉路 宮沢 賢治
149 詩集『花電車』序 横光 利一
150 詩集「窓」 堀 辰雄
151 四十余日 水野 仙子
152 辞書 折口 信夫
153 四条通附近 上村 松園
154 四条畷の戦 菊池 寛
155 私娼の撲滅について 与謝野 晶子
156 自叙伝 大杉 栄
157 辞書と新聞紙 牧野 信一
158 自序にかえて ——読売文学賞受賞の言葉—— 蔵原 伸二郎
159 辞書の客観性 三木 清
160 死児を産む 葛西 善蔵
161 私信 太宰 治
162 私信 太宰 治
163 私信 ——野上彌生様へ 伊藤 野枝
164 地震雑感 寺田 寅彦
165 詩人といふ者 草野 天平
166 自信のあるなし 宮本 百合子
167 自信の無さ 太宰 治
168 自信の無さ 太宰 治
169 地震の話 今村 明恒
170 詩人は辛い 中原 中也
171 詩人も計算する 堀 辰雄
172 詩人論 山路 愛山
173 静岡地震被害見学記 寺田 寅彦
174 賤ヶ岳合戦 菊池 寛
175 静かな歩み 酒井 嘉七
176 静かな日曜 宮本 百合子
177 『静かなる愛』と『諸国の天女』 竹内てるよ氏と永瀬清子氏の詩集 宮本 百合子
178 静かなる羅列 横光 利一
179 詩好の王様と棒縛の旅人 三遊亭 円朝
180 刺青 谷崎 潤一郎
181 死生 幸徳 秋水
182 市井閑談 坂口 安吾
183 市井喧争 太宰 治
184 「刺青殺人事件」を評す 坂口 安吾
185 時勢と道徳観念 大賊小賊・名誉の悪党 喜田 貞吉
186 死せる魂 01 または チチコフの遍歴 第一部 第一分冊 ゴーゴリ ニコライ(著者) / 平井 肇(翻訳者)
187 死せる魂 02 または チチコフの遍歴 第一部 第二分冊 ゴーゴリ ニコライ(著者) / 平井 肇(翻訳者)
188 「自然」 豊島 与志雄
189 自然界の縞模様 寺田 寅彦
190 自然教徒 今野 大力
191 自然現象の予報 寺田 寅彦
192 自然と人 有島 武郎
193 自然に学べ 宮本 百合子
194 自然描写における社会性について 宮本 百合子
195 「自然を写す文章」 夏目 漱石
196 「自然」を深めよ 和辻 哲郎
197 詩想 国木田 独歩
198 思想議会たるを知れ 戸坂 潤
199 思想動員論 戸坂 潤
200 思想としての文学 戸坂 潤
201 思想と風俗 戸坂 潤
202 思想と文学 坂口 安吾
203 思想なき眼 ——「危険な関係」に寄せて—— 坂口 安吾
204 思想の聖殿 北村 透谷
205 士族の商法 三遊亭 円朝
206 原 民喜
207 死体室 岩村 透
208 時代・児童・作品 小川 未明
209 時代色 ——歪んだポーズ 岡本 かの子
210 時代と人々 宮本 百合子
211 屍体と民俗 中山 太郎
212 死体の匂い 田中 貢太郎
213 時代閉塞の現状 (強権、純粋自然主義の最後および明日の考察) 石川 啄木
214 死体蝋燭 小酒井 不木
215 死体を喫う学生 田中 貢太郎
216 舌打する 蘭 郁二郎
217 舌切りすずめ 楠山 正雄
218 「下じき」の問題 こんにちの文学への疑い 宮本 百合子
219 親しく見聞したアイヌの生活 宮本 百合子
220 舌のすさび 吉川 英治
221 下町歳事記 正岡 容
222 下町娘 長谷川 時雨
223 下谷練塀小路 正岡 容
224 したゆく水 清水 紫琴
225 舌を噛み切った女 またはすて姫 室生 犀星
226 祭舌文 成島 柳北
227 詩壇への願ひ 中原 中也
228 詩壇への抱負 中原 中也
229 七月七日 蒲原 有明
230 七月の水玉 片岡 義男
231 七代目坂東三津五郎 久保田 万太郎
232 七福神詣 三遊亭 円朝
233 『七面鳥』と『忘れ褌』 佐藤 垢石
234 七面鳥のこゑ 桜間 中庸
235 質屋の小僧 宇野 浩二
236 質屋の主人 宇野 浩二
237 質屋の通帳 薄田 泣菫
238 しっかり者のすずの兵隊 アンデルセン ハンス・クリスチャン(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
239 実感 織田 作之助
240 疾患光路 萩原 朔太郎
241 実感への求め 宮本 百合子
242 実験室の記憶 中谷 宇吉郎
243 実行的道徳 北村 透谷
244 十歳以前に読んだ本 ——明治四十五年六月『少年世界』の為に—— 坪内 逍遥
245 実際に役立つ国民の書棚として図書館の改良 宮本 百合子
246 失策記 豊島 与志雄
247 実践について ——馬になった話—— 中井 正一
248 失題 牧野 信一
249 執達吏 与謝野 寛
250 疾中 宮沢 賢治
251 嫉妬する夫の手記 二葉亭 四迷
252 失念術講義 井上 円了
253 失敗園 太宰 治
254 実物と模型 相馬 御風
255 七宝の柱 泉 鏡花
256 十本の針 芥川 竜之介
257 質問へのお答え 宮本 百合子
258 失楽 与謝野 寛
259 失楽園殺人事件 小栗 虫太郎
260 姉弟と新聞配達 犬養 健
261 字で書いた漫画 谷 譲次
262 自伝 三島 霜川
263 辞典 戸坂 潤
264 自伝 黒島 伝治
265 自伝 山之口 貘
266 自転車嬢の危難 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
267 自転車日記 夏目 漱石
268 辞典のすすめ 吉川 英治
269 死と愛と孤独 原 民喜
270 指導者としての寺田先生 中谷 宇吉郎
271 児童の解放擁護 小川 未明
272 指導物語 或る国鉄機関士の述懐 上田 広
273 死と影 坂口 安吾
274 詩と官能 寺田 寅彦
275 詩と現代 中原 中也
276 詩と散文との間を行く発想法 折口 信夫
277 詩と詩集 仲村 渠
278 詩と詩人 中原 中也
279 詩と其の伝統 中原 中也
280 死と鼻唄 坂口 安吾
281 詩とはなにか 山之口 貘
282 シナーニ書店のベンチ 宮本 百合子
283 寺内の奇人団 淡島 寒月
284 支那近世の国粋主義 狩野 直喜
285 支那研究に就て 狩野 直喜
286 支那古典学の研究法に就きて 内藤 湖南
287 支那史学史概要 ——史記より清初まで—— 内藤 湖南
288 支那史上の偉人(孔子と孔明) 桑原 隲蔵
289 〔『支那思想と日本』初版〕まえがき 津田 左右吉
290 支那人間に於ける食人肉の風習 桑原 隲蔵
291 支那人研究 岸田 国士
292 支那人心の新傾向 狩野 直喜
293 支那人の食人肉風習 桑原 隲蔵
294 支那人の妥協性と猜疑心 桑原 隲蔵
295 支那人の文弱と保守 桑原 隲蔵
296 支那人弁髪の歴史 桑原 隲蔵
297 支那に於ける史の起源 内藤 湖南
298 支那の画 芥川 竜之介
299 支那の思出 国枝 史郎
300 支那の宦官 桑原 隲蔵
301 支那の孝道殊に法律上より観たる支那の孝道 桑原 隲蔵
302 支那の古代法律 桑原 隲蔵
303 信濃桜の話 柳田 国男
304 支那の書目に就いて 内藤 湖南
305 支那の狸汁 佐藤 垢石
306 信濃国 明治三十二年 浅井 洌
307 信濃の山女魚の魅力 葉山 嘉樹
308 支那の明器 会津 八一
309 支那米の袋 夢野 久作
310 支那目録学 内藤 湖南
311 「支那游記」自序 芥川 竜之介
312 支那歴史的思想の起源 内藤 湖南
313 支那猥談 桑原 隲蔵
314 支那を識るの途 橘 樸
315 死神 岡崎 雪声
316 詩に関する話 中原 中也
317 死に対して 宮本 百合子
318 死について 原 民喜
319 詩について語らず ——編集子への手紙—— 高村 光太郎
320 死人の手 田中 貢太郎
321 死ぬる迄土地を守るのだ 今村 恒夫
322 死ね! 豊島 与志雄
323 地熱 三好 十郎
324 「地熱」について 三好 十郎
325 詩ノート 宮沢 賢治
326 死の快走船 大阪 圭吉
327 詩の原理 萩原 朔太郎
328 篠笹の陰の顔 坂口 安吾
329 篠笹の陰の顔 坂口 安吾
330 詩の将来について 蒲原 有明
331 詩の精神は移動す 小川 未明
332 死の接吻 小酒井 不木
333 死の接吻 スウェーデンの殺人鬼 南部 修太郎
334 死の前後 豊島 与志雄
335 信太妻の話 折口 信夫
336 死の素描 堀 辰雄
337 死のなかの風景 原 民喜
338 死の復讐 国枝 史郎
339 死の淵より 高見 順
340 詩の翻訳について 萩原 朔太郎
341 「市の無料産院」と「身の上相談」 宮本 百合子
342 「死」の問題に対して 新渡戸 稲造
343 死の予告 野村 胡堂
344 芝、麻布 小山内 薫
345 芝居狂冒険 夢野 久作
346 芝居と見物 売笑的舞台への攻撃 岸田 国士
347 芝居と生活 岸田 国士
348 芝居と僕 岸田 国士
349 芝刈り 寺田 寅彦
350 司馬遷の生年に関する一新説 桑原 隲蔵
351 芝の芽 土田 耕平
352 暫く黙せしめよ 岸田 国士
353 縛られたあひる 小川 未明
354 慈悲 岡本 かの子
355 慈悲心鳥 岡本 綺堂
356 強ひられた感想 岸田 国士
357 詩諷 大江鉄麿諷射宣言 槙村 浩
358 渋江抽斎 森 鴎外
359 渋温泉の秋 小川 未明
360 詩二つ 梶井 基次郎
361 渋民村より 石川 啄木
362 支部図書館三周年に寄せて 中井 正一
363 渋谷家の始祖 宮本 百合子
364 自分自分の心と云うもの 宮本 百合子
365 自分だけの世界 辻 潤
366 自分で困った百姓 小川 未明
367 自分と詩との関係 高村 光太郎
368 自分のこと 南部 修太郎
369 自分の変態心理的経験 南部 修太郎
370 自分は見た 千家 元麿
371 自分を鞭打つ感激より 小川 未明
372 紙幣 小熊 秀雄
373 死別の翌日 中原 中也
374 シベリヤに近く 里村 欣三
375 シベリヤの三等列車 林 芙美子
376 事変記念日 岸田 国士
377 事変第三年を迎へて 岸田 国士
378 私本太平記 01 あしかが帖 吉川 英治
379 私本太平記 02 婆娑羅帖 吉川 英治
380 私本太平記 03 みなかみ帖 吉川 英治
381 私本太平記 04 帝獄帖 吉川 英治
382 私本太平記 05 世の辻の帖 吉川 英治
383 私本太平記 06 八荒帖 吉川 英治
384 私本太平記 07 千早帖 吉川 英治
385 私本太平記 08 新田帖 吉川 英治
386 私本太平記 09 建武らくがき帖 吉川 英治
387 私本太平記 10 風花帖 吉川 英治
388 私本太平記 11 筑紫帖 吉川 英治
389 私本太平記 12 湊川帖 吉川 英治
390 私本太平記 13 黒白帖 吉川 英治
391 新美 南吉
392 新美 南吉
393 姉妹 若山 牧水
394 島木赤彦氏 芥川 竜之介
395 島木赤彦臨終記 斎藤 茂吉
396 島国的僻見 岸田 国士
397 島津斉彬公 中谷 宇吉郎
398 死までを語る 直木 三十五
399 島の暮れ方の話 小川 未明
400 島原一揆異聞 坂口 安吾
401 島原心中 菊池 寛
402 島原の夢 岡本 綺堂
403 島原の乱 菊池 寛
404 島原の乱雑記 坂口 安吾
405 島守 中 勘助
406 〔島わにあらき潮騒を〕 宮沢 賢治
407 蠹魚 宮本 百合子
408 紙魚こぼれ 木暮 理太郎
409 沁々した愛情と感謝と 宮本 百合子
410 清水幾太郎さんへの手紙 三好 十郎
411 市民の生活と科学 宮本 百合子
412 地虫 小栗 虫太郎
413 ジムバリストを聴いて 宮本 百合子
414 金田 千鶴
415 〔霜枯れのトマトの気根〕 宮沢 賢治
416 耳目記 芥川 竜之介
417 霜凍る宵 近松 秋江
418 霜柱 宮本 百合子
419 霜柱と白粉の話 中谷 宇吉郎
420 「霜柱の研究」について 中谷 宇吉郎
421 〔霧降る萱の細みちに〕 宮沢 賢治
422 霜夜 芥川 竜之介
423 指紋 宮本 百合子
424 自問自答 ——所謂「新感覚派」の為めに—— 岸田 国士
425 ジャーナリズム雑感 寺田 寅彦
426 ジャーナリズムの航路 宮本 百合子
427 蛇怨 田中 貢太郎
428 社会事情と科学的精神 石原 純
429 社会時評 戸坂 潤
430 社会主義者に非ず —江戸川乱歩氏へ— 国枝 史郎
431 社会主義リアリズムの問題について 宮本 百合子
432 社会生活の純潔性 宮本 百合子
433 社会的分業論 石川 三四郎
434 社会と人間の成長 宮本 百合子
435 邪教問答 坂口 安吾
436 弱者の糧 太宰 治
437 釈迢空 斎藤 茂吉
438 釈迢空に与ふ 斎藤 茂吉
439 射撃について 竹内 浩三
440 斜坑 夢野 久作
441 車室 漢那 浪笛
442 邪宗門 芥川 竜之介
443 邪宗門 北原 白秋
444 車上の春光 正岡 子規
445 写真 宮本 百合子
446 写真と思ひ出 ——私の写真修行—— 南部 修太郎
447 写真と暮らした三十年 中谷 宇吉郎
448 写真に添えて 宮本 百合子
449 写真に添えて (都の友へ送つた手紙) 牧野 信一
450 写真(一幕) 岸田 国士
451 写真(北満の土産)その一 今野 大力
452 写真(北満の土産)その二 今野 大力
453 しゃしんやさん 小川 未明
454 ジャズ狂時代 小野 佐世男
455 写生紀行 寺田 寅彦
456 写生紀行 寺田 寅彦
457 写生断片 長塚 節
458 写生帖の思ひ出 上村 松園
459 写生に出かけた少年 小川 未明
460 蛇性の婬  雷峰怪蹟 田中 貢太郎
461 蛇性の執念 大倉 燁子
462 写生文 夏目 漱石
463 社大党はファッショ化したか? 戸坂 潤
464 車中も亦愉し 小津 安二郎
465 車中有感 上村 松園
466 ジャック・コポオの印象 岸田 国士
467 ジャックと豆の木 楠山 正雄
468 射的場と墓地 ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
469 社日桜 河井 寛次郎
470 仙人掌の花 山本 禾太郎
471 シャボン玉 豊島 与志雄
472 三味線の胴 上村 松園
473 ジャム、君の家は ゲラン シャルル(著者) / 堀 辰雄(翻訳者)
474 しゃもじ(杓子) 佐藤 垢石
475 沙門と屠児 喜田 貞吉
476 斜陽 太宰 治
477 シャリアピン 小熊 秀雄
478 しゃりこうべ 室生 犀星
479 シャルル・ヴィルドラックについて 岸田 国士
480 シャロットの妖姫 テニソン アルフレッド(著者) / 坪内 逍遥(翻訳者)
481 ジャン・クリストフ ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
482 ジャン・クリストフ 01 序 豊島 与志雄
483 ジャン・クリストフ 02 改訳について ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
484 ジャン・クリストフ 03 第一巻 曙 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
485 ジャン・クリストフ 04 第二巻 朝 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
486 ジャン・クリストフ 05 第三巻 青年 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
487 ジャン・クリストフ 06 第四巻 反抗 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
488 ジャン・クリストフ 07 第五巻 広場の市 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
489 ジャン・クリストフ 08 第六巻 アントアネット ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
490 ジャン・クリストフ 09 第七巻 家の中 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
491 ジャン・クリストフ 10 第八巻 女友達 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
492 ジャン・クリストフ 11 第九巻 燃ゆる荊 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
493 ジャン・クリストフ 12 第十巻 新しき日 ロラン ロマン(著者) / 豊島 与志雄(翻訳者)
494 ジャン・クリストフ 13 後記 豊島 与志雄(著者) / ロラン ロマン(著者)
495 ジャングル頭 豊島 与志雄
496 ジヤン・コクトオ作「恐るべき子供たち」 岸田 国士
497 ジャンの物語 宮本 百合子
498 上海 横光 利一
499 上海された男 牧 逸馬
500 上海で戦死した友田恭助君 岸田 国士
501 上海の渋面 豊島 与志雄
502 上海游記 芥川 竜之介
503 三鞭酒 宮本 百合子
504 寿阿弥の手紙 森 鴎外
505 シュアレスの「三人」(宮崎嶺雄君訳) 岸田 国士
506 樹蔭雑記 宮本 百合子
507 周一と空気銃とハーモニカ 牧野 信一
508 十一谷義三郎を語る 豊島 与志雄
509 周囲に聴く 岸田 国士
510 驟雨(一幕) 岸田 国士
511 重右衛門の最後 田山 花袋
512 十円札 芥川 竜之介
513 秋果 林 芙美子
514 自由画稿 寺田 寅彦
515 十月革命と婦人の解放 野呂 栄太郎
516 十月の末 宮沢 賢治
517 十月の末 宮沢 賢治
518 十月の文芸時評 宮本 百合子
519 終刊に寄す 宮本 百合子
520 住居 長谷川 時雨
521 宗教と科学についての所感 岸田 国士
522 十九の秋 永井 荷風
523 従軍紀事 正岡 子規
524 従軍五十日 岸田 国士
525 十五年 山本 実彦
526 十五年 岸田 国士
527 十五年間 太宰 治
528 十五夜お月さん 野口 雨情
529 十五夜のお月様 村山 籌子
530 十三時 ポー エドガー・アラン(著者) / 森 鴎外(翻訳者) / 森 林太郎(翻訳者)
531 秋山図 芥川 竜之介
532 十三夜 樋口 一葉
533 十三夜 樋口 一葉
534 十三夜 樋口 一葉
535 秋日行語 〔ちまた、ちまたを歩むとも〕 萩原 朔太郎
536 秋日行語 〔菊もうららに〕 萩原 朔太郎
537 十姉妹 山本 勝治
538 自由主義私見 豊島 与志雄
539 蒐書 芥川 竜之介
540 就職 林 芙美子
541 修身 宮本 百合子
542 自由人 豊島 与志雄
543 「修身は復興すべきでしょうか」に答えて 宮本 百合子
544 修身要領 慶應義塾 (著者) / 福沢 諭吉(著者)
545 鞦韆考 原 勝郎
546 終戦前後 織田 作之助
547 秋窓雑記 北村 透谷
548 集団文化と読書 中井 正一
549 集団見合 坂口 安吾
550 酋長 岡本 かの子
551 終電車に乗る妖婆 田中 貢太郎
552 修道院の秋 南部 修太郎
553 姑と嫁について 与謝野 晶子
554 姑と嫁に就て(再び) 与謝野 晶子
555 自由なる空想 小川 未明
556 十二ヶ月 竹内 浩三
557 『十二月』 岸田 国士
558 十二月的感想 岸田 国士
559 十二月八日 太宰 治
560 十二花の雪 中谷 宇吉郎
561 十二支考 01 虎に関する史話と伝説民俗 南方 熊楠
562 十二支考 02 兎に関する民俗と伝説 南方 熊楠
563 十二支考 03 田原藤太竜宮入りの話 南方 熊楠
564 十二支考 04 蛇に関する民俗と伝説 南方 熊楠
565 十二支考 05 馬に関する民俗と伝説 南方 熊楠
566 十二支考 06 羊に関する民俗と伝説 南方 熊楠
567 十二支考 07 猴に関する伝説 南方 熊楠
568 十二支考 08 鶏に関する伝説 南方 熊楠
569 十二支考 09 犬に関する伝説 南方 熊楠
570 十二支考 10 猪に関する民俗と伝説 南方 熊楠
571 十二支考 11 鼠に関する民俗と信念 南方 熊楠
572 十二年文壇に対する要求 結局は「自分の道」 牧野 信一
573 十年 中島 敦
574 十年…… 久保田 万太郎
575 十年後の映画界 渡辺 温
576 十年後のラジオ界 海野 十三(著者) / 佐野 昌一(著者)
577 十年の思い出 宮本 百合子
578 十年の足跡 岸田 国士
579 十年ひと昔 牧野 信一
580 私有農場から共産農団へ 有島 武郎
581 自由の使徒・島田三郎 木下 尚江
582 自由の真髄 新渡戸 稲造
583 十八時の音楽浴 海野 十三
584 『十八時の音楽浴』の作者の言葉 海野 十三
585 十八歳の花嫁 織田 作之助
586 十番雑記 岡本 綺堂
587 重病室日誌 北条 民雄
588 秋旻 原 民喜
589 秋風記 太宰 治
590 醜婦を呵す 泉 鏡花
591 重兵衛さんの一家 寺田 寅彦
592 十万石 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
593 十万石の怪談 佐々木 味津三
594 醜面女人 今野 大力
595 ジュウル・ルナアル 岸田 国士
596 十六、七のころ 永井 荷風
597 十六日 宮沢 賢治
598 樹園 宮沢 賢治
599 酒渇記 佐藤 垢石
600 珠玉の如き 牧野 信一
601 熟語構成法から観察した語根論の断簡 折口 信夫
602 熟語本位英和中辞典 25 Y 斎藤 秀三郎
603 縮図 徳田 秋声
604 宿酔 萩原 朔太郎
605 縮図帖 上村 松園
606 宿題 小川 未明
607 祝福された星の歌 An episode from the forest 牧野 信一
608 宿命 萩原 朔太郎
609 宿命の CANDIDE 坂口 安吾
610 手芸について 宮本 百合子
611 朱絃舎浜子 長谷川 時雨
612 受験生の手記 久米 正雄
613 呪詞及び祝詞 折口 信夫
614 手術 小酒井 不木
615 侏儒の言葉 芥川 竜之介
616 侏儒の言葉 芥川 竜之介
617 「侏儒の言葉」の序 芥川 竜之介
618 修善寺漱石詩碑碑陰に記せる文 狩野 亨吉
619 修禅寺物語 岡本 綺堂
620 修禅寺物語 岡本 綺堂
621 修禅寺物語 ——明治座五月興行—— 岡本 綺堂
622 呪咀 土谷 麓
623 酒虫 芥川 竜之介
624 酒中日記 国木田 独歩
625 繻珍のズボン 宮本 百合子
626 述懐 岸田 国士
627 述懐 種田 山頭火
628 出家とその弟子 倉田 百三
629 『出家とその弟子』の追憶 倉田 百三
630 出家物語 坂口 安吾
631 術三則 泉 鏡花
632 出世 菊池 寛
633 出征 槙村 浩
634 出発 原 民喜
635 出発 島崎 藤村
636 出発 牧野 信一
637 出発点 岸田 国士
638 出帆 芥川 竜之介
639 出奔 伊藤 野枝
640 受動的抵抗の理論と実行 ガンジー マハトマ(著者) / 福永 渙(翻訳者)
641 酒徒漂泊 佐藤 垢石
642 受難日 萩原 朔太郎
643 朱日記 泉 鏡花
644 主のつとめ 北村 透谷
645 ヂュパンとカリング 小酒井 不木
646 樹氷 三好 十郎
647 樹氷の科学 中谷 宇吉郎
648 主婦意識の転換 宮本 百合子
649 主婦と新聞 宮本 百合子
650 趣味としての読書 平田 禿木
651 趣味に関して 牧野 信一
652 趣味の遺伝 夏目 漱石
653 「趣味」の草原へ ——「アナトオル・フランス短篇小説全集」推薦の辞—— 岸田 国士
654 樹木とその葉 01 序文に代へてうたへる歌十首 若山 牧水
655 樹木とその葉 02 草鞋の話旅の話 若山 牧水
656 樹木とその葉 03 島三題 若山 牧水
657 樹木とその葉 04 木槿の花 若山 牧水
658 樹木とその葉 05 夏を愛する言葉 若山 牧水
659 樹木とその葉 06 四辺の山より富士を仰ぐ記 若山 牧水
660 樹木とその葉 07 野蒜の花 若山 牧水
661 樹木とその葉 08 若葉の頃と旅 若山 牧水
662 樹木とその葉 09 枯野の旅 若山 牧水
663 樹木とその葉 10 冷たさよわが身を包め 若山 牧水
664 樹木とその葉 11 夏の寂寥 若山 牧水
665 樹木とその葉 12 夏のよろこび 若山 牧水
666 樹木とその葉 13 釣 若山 牧水
667 樹木とその葉 14 虻と蟻と蝉と 若山 牧水
668 樹木とその葉 15 空想と願望 若山 牧水
669 樹木とその葉 16 酒の讃と苦笑 若山 牧水
670 樹木とその葉 17 歌と宗教 若山 牧水
671 樹木とその葉 18 自己を感ずる時 若山 牧水
672 樹木とその葉 19 なまけ者と雨 若山 牧水
673 樹木とその葉 20 貧乏首尾無し 若山 牧水
674 樹木とその葉 21 若葉の山に啼く鳥 若山 牧水
675 樹木とその葉 22 秋風の音 若山 牧水
676 樹木とその葉 23 梅の花桜の花 若山 牧水
677 樹木とその葉 24 温泉宿の庭 若山 牧水
678 樹木とその葉 25 或る日の昼餐 若山 牧水
679 樹木とその葉 26 桃の実 若山 牧水
680 樹木とその葉 27 春の二三日 若山 牧水
681 樹木とその葉 28 青年僧と叡山の老爺 若山 牧水
682 樹木とその葉 29 東京の郊外を想ふ 若山 牧水
683 樹木とその葉 30 駿河湾一帯の風光 若山 牧水
684 樹木とその葉 31 故郷の正月 若山 牧水
685 樹木とその葉 32 伊豆西海岸の湯 若山 牧水
686 樹木とその葉 33 海辺八月 若山 牧水
687 樹木とその葉 34 地震日記 若山 牧水
688 樹木とその葉 35 火山をめぐる温泉 若山 牧水
689 樹木とその葉 36 自然の息自然の声 若山 牧水
690 樹木とその葉 37 跋 若山 牧水
691 酒友 田中 貢太郎
692 酒友列伝 山之口 貘
693 種梨 田中 貢太郎
694 じゅりあの・吉助 芥川 竜之介
695 シュリーマン夫人を憶ふ 浜田 青陵
696 首里城 世礼 国男
697 シュレジェンの織工によせて 槙村 浩
698 棕梠のそよぎ 漢那 浪笛
699 〔棕梠の葉やゝに痙攣し〕 宮沢 賢治
700 巡回書庫と町村図書館と 佐野 友三郎
701 俊寛 菊池 寛
702 俊寛 芥川 竜之介
703 俊寛 倉田 百三
704 春琴抄 谷崎 潤一郎
705 純銀の賽 萩原 朔太郎
706 巡査辞職 夢野 久作
707 荀子解題 服部 宇之吉
708 春日 萩原 朔太郎
709 春日詠嘆調 萩原 朔太郎
710 春日雑記 岸田 国士
711 春日遅々 堀 辰雄
712 春秋座の「父帰る」 岸田 国士
713 春宵因縁談 佐藤 垢石
714 春宵戯語 長谷川 時雨
715 春章作中判 宮沢 賢治
716 純情主義を想う 小川 未明
717 純情小曲集 萩原 朔太郎
718 純情狸 佐藤 垢石
719 純真 太宰 治
720 純真 太宰 治
721 春心 田中 貢太郎
722 純粋演劇の問題 ——わが新劇壇に寄す—— 岸田 国士
723 純粋戯曲への道 岸田 国士
724 純粋経済学要論 01 上巻 ワルラス マリー・エスプリ・レオン(著者) / 手塚 寿郎(翻訳者)
725 純粋小説論 横光 利一
726 春水と三馬 桑木 厳翼
727 純粋な動機なら好い 宮本 百合子
728 純粋の声 宮城 道雄
729 春雪 久生 十蘭
730 浚渫船 葉山 嘉樹
731 春雪の出羽路の三日 喜田 貞吉
732 春昼 太宰 治
733 春昼 太宰 治
734 春昼 泉 鏡花
735 春昼 ——敍情小曲—— 萩原 朔太郎
736 春昼後刻 泉 鏡花
737 春鳥集 蒲原 有明
738 春泥 久保田 万太郎
739 春泥 『白鳳』第一部 神西 清
740 準備は出来たトヨタは邁進します 豊田 喜一郎
741 春盲 豊島 与志雄
742 春夜 ミュッセ アルフレッド(著者) / 上田 敏(翻訳者)
743 巡礼紀行 萩原 朔太郎
744 情意の干満 豊島 与志雄
745 松園女史の思い出 金子 薫園
746 小園の記 正岡 子規
747 上演目録 岸田 国士
748 上演料の話(仏蘭西) 岸田 国士
749 頌歌 富永 太郎
750 唱歌 石川 啄木(著者) / 斎藤 三郎(編者)
751 場外 根岸 正吉
752 小学教育の事 福沢 諭吉
753 「小学生全集」について 菊池 寛
754 小学生全集に就て(再び) 菊池 寛
755 章学誠の史学 内藤 湖南
756 小学生のとき与へられた教訓 岡本 かの子
757 正覚坊 豊島 与志雄
758 城ヶ島の春 牧野 信一
759 城ヶ島の春 牧野 信一
760 正月とソヴェト勤労婦人 宮本 百合子
761 正月の思い出 岡本 綺堂
762 しようがない、だろうか? 宮本 百合子
763 銷夏漫筆 辰野 隆
764 商機 長塚 節
765 将棋 菊池 寛
766 情鬼 大倉 燁子
767 将棋の鬼 坂口 安吾
768 将棋の話 外村 繁
769 小曲 橋本 五郎
770 小曲集 〔ほほづきよ〕 萩原 朔太郎
771 小曲集 〔千鳥あし〕 萩原 朔太郎
772 小曲二十篇 漢那 浪笛
773 将軍 芥川 竜之介
774 小景 ふるき市街の回想 宮本 百合子
775 情景(秋) 宮本 百合子
776 小劇場記念公演 「ハムレット」を観る 岸田 国士
777 条件反射 豊島 与志雄
778 小公女 バーネット フランシス・ホジソン・エリザ(著者) / 菊池 寛(翻訳者)
779 小国寡民 河上 肇
780 商賈聖母 芥川 竜之介
781 正午の殺人 坂口 安吾
782 小志 太宰 治
783 小祠 宮沢 賢治
784 常識 豊島 与志雄
785 常識家の非常識 萩原 朔太郎
786 正直ノオト 太宰 治
787 正二くんの時計 小川 未明
788 障子のある家 尾形 亀之助
789 障子の落書 寺田 寅彦
790 上州の古図と山名 木暮 理太郎
791 少女 渡辺 温
792 小照 太宰 治
793 少将滋幹の母 谷崎 潤一郎
794 尚書稽疑 内藤 湖南
795 少女地獄 夢野 久作
796 少女時代 片岡 義男
797 少女受胎 今野 大力
798 少女と海鬼灯 野口 雨情
799 少女と老兵士 小川 未明
800 『尚書』の高等批評 特に堯舜禹に就いて 白鳥 庫吉
801 少女病 田山 花袋
802 小翠 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
803 松翠深く蒼浪遥けき逗子より 泉 鏡花
804 少数と多数 ゴールドマン エマ(著者) / 伊藤 野枝(翻訳者)
805 小生のあけくれ 北大路 魯山人
806 小説 平山 千代子
807 饒舌 芥川 竜之介
808 小説 円朝 正岡 容
809 小説 円朝 あとがき 正岡 容
810 小説家たらんとする青年に与う 菊池 寛
811 小説家の俳句 俳人としての芥川竜之介と室生犀星 萩原 朔太郎
812 小説作法 永井 荷風
813 小説作法十則 芥川 竜之介
814 小説集「白い朝」後記 豊島 与志雄
815 小説集「秦の憂愁」後記 豊島 与志雄
816 小説集「聖女人像」後記 豊島 与志雄
817 小説集「白蛾」後記 豊島 与志雄
818 小説集「白塔の歌」後記 豊島 与志雄
819 小説集「山吹の花」後記 豊島 与志雄
820 小説総論 二葉亭 四迷
821 小説中の女 豊島 与志雄
822 小説と現実 小沢清の「軍服」について 宮本 百合子
823 小説に用ふる天然 泉 鏡花
824 小説の面白さ 太宰 治
825 正雪の遺書 国枝 史郎
826 小説の戯曲化 芥川 竜之介
827 小説のことなど 堀 辰雄
828 小説の選を終えて 宮本 百合子
829 小説のタネ 吉川 英治
830 小説の読者 芥川 竜之介
831 小説の内容論 豊島 与志雄
832 正雪の二代目 岡本 綺堂
833 小説の予言者 折口 信夫
834 小説の読みどころ 宮本 百合子
835 小説「墓場」に現れたる著者木下氏の思想と平民社一派の消息 石川 啄木
836 小説・評論集「文学母胎」後記 豊島 与志雄
837 小説文体 泉 鏡花
838 小説 不如帰  徳冨 蘆花
839 省線電車の射撃手 海野 十三
840 焦燥 富永 太郎
841 正倉院展を観る 吉川 英治
842 消息 石川 啄木
843 消息一通 一九二四年一月一日マールブルク 三木 清
844 消息抄(近頃書いた或る私の手紙から。) 牧野 信一
845 妾宅 永井 荷風
846 序(『歌声よ、おこれ』) 宮本 百合子
847 冗談に殺す 夢野 久作
848 松竹座を見て(延若のこと) 牧野 信一
849 正ちゃんとおかいこ 小川 未明
850 唱導文学 ——序説として—— 折口 信夫
851 唱導文芸序説 折口 信夫
852 (上等兵安藤孝雄を憶ふ) 森川 義信
853 聖徳太子 内藤 湖南
854 小豆島 黒島 伝治
855 衝突心理 夢野 久作
856 焦土に残る怪 田中 貢太郎
857 情熱 北村 透谷
858 少年 谷崎 潤一郎
859 少年 原 民喜
860 少年 芥川 竜之介
861 少年 神西 清
862 『少年科学探偵』序 小酒井 不木
863 少年時代 幸田 露伴
864 少年少女におくる言葉 会津 八一
865 少年たち チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
866 少年探偵呉田博士と与一 平林 初之輔
867 少年探偵団 江戸川 乱歩
868 少年探偵長 海野 十三
869 少年と秋の日 小川 未明
870 少年と海 加能 作次郎
871 少年に文化を嗣ぐこゝろを 中井 正一
872 少年の死 木下 杢太郎
873 少年の死 豊島 与志雄
874 少年の食物 木村 荘八
875 少年の日の悲哀 小川 未明
876 少年・春 竹久 夢二
877 少年文学私見 豊島 与志雄
878 少年連盟 佐藤 紅緑
879 勝敗 渡辺 温
880 商売の繁昌する家 田中 貢太郎
881 商売は道によってかしこし 宮本 百合子
882 小爆発二件 寺田 寅彦
883 蒸発皿 寺田 寅彦
884 小波瀾 チェーホフ アントン(著者) / 神西 清(翻訳者)
885 沼畔小話集 犬田 卯
886 常磐の山水 大町 桂月
887 商品としての近代小説 平林 初之輔
888 勝負事 菊池 寛
889 勝負師 坂口 安吾
890 勝負師 織田 作之助
891 娼婦美と冒険 芥川 竜之介
892 「娼婦マヤ」評 岸田 国士
893 小フリイデマン氏 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
894 正坊とクロ 新美 南吉
895 醤油仏 吉川 英治
896 乗用車発表に際して ——豊田常務のメッセージ—— 豊田 喜一郎
897 情慾 萩原 朔太郎
898 将来の日本 01 三版序 新島 襄
899 将来の日本 02 序 田口 卯吉
900 将来の日本 03 再版の序 中江 兆民(著者) / 中江 篤介(著者)
901 将来の日本 04 将来の日本 徳富 蘇峰
902 勝利したプロレタリアのメーデー モスクワの五月一日 宮本 百合子
903 昭和五年に発表せる創作・評論に就て 「吊籠と月光と」その他 牧野 信一
904 昭和十五年度の文学様相 現代文学の多難性 宮本 百合子
905 昭和十年度劇界への指針 岸田 国士
906 昭和十年度に於いて最も印象に残つたもの ——創作・演劇・音楽・絵画・映画その他—— 牧野 信一
907 昭和二年の二科会と美術院 寺田 寅彦
908 昭和の劇文学の全貌 岸田 国士
909 昭和の十四年間 宮本 百合子
910 昭和遊撃隊 平田 晋策
911 昭和四年に発表せる創作・評論に就て 「山彦の街」について 牧野 信一
912 昭和四年の文壇の概観 平林 初之輔
913 女王 野口 雨情
914 女王スカァアの笑い マクラウド フィオナ(著者) / 松村 みね子(翻訳者)
915 ジヨオジ・ムウア 蒲原 有明
916 初夏 牧野 信一
917 女学生だけの天幕生活 アメリカの夏季休暇の思い出 宮本 百合子
918 初夏(一九二二年) 宮本 百合子
919 初夏通信 牧野 信一
920 初夏に座す 岡本 かの子
921 初夏の祈祷 萩原 朔太郎
922 諸家の芸術価値理論の批判 平林 初之輔
923 初夏の不思議 小川 未明
924 所感 夢野 久作
925 書簡 家族・親族宛 原 民喜
926 書簡(Ⅰ) 寺田 寅彦
927 書簡 大杉栄宛 (一九一六年七月一五日 一信) 伊藤 野枝
928 書簡 大杉栄宛 (一九一六年七月一五日 二信) 伊藤 野枝
929 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月一日) 伊藤 野枝
930 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月七日 一信) 伊藤 野枝
931 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月七日 二信) 伊藤 野枝
932 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月三〇日) 伊藤 野枝
933 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月三一日) 伊藤 野枝
934 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月三日) 伊藤 野枝
935 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月九日 一信) 伊藤 野枝
936 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月九日 二信) 伊藤 野枝
937 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月二七日) 伊藤 野枝
938 書簡 大杉栄宛 (一九一六年五月二日) 伊藤 野枝
939 書簡 大杉栄宛 (一九一六年六月一日) 伊藤 野枝
940 書簡 大杉栄宛 (一九一六年六月二二日) 伊藤 野枝
941 書簡 大杉栄宛 (一九一六年六月六日) 伊藤 野枝
942 書簡 大杉栄宛 (一九一六年四月三〇日 一信) 伊藤 野枝
943 書簡 大杉栄宛 (一九一六年四月三〇日 二信) 伊藤 野枝
944 書簡 蒲原房枝宛 (一九一五年頃) 伊藤 野枝
945 書簡 木村荘太宛 (一九一三年六月二四日) 伊藤 野枝
946 書簡箋 宮本 百合子
947 書簡 武部ツタ宛 (一九一七年一〇月一日) 伊藤 野枝
948 書簡 武部ツタ宛 (一九一七年八月一三日) 伊藤 野枝
949 書簡(Ⅱ) 寺田 寅彦
950 書簡 山田邦子宛 (一九一五年七月一一日) 伊藤 野枝
951 書記官 川上 眉山
952 初期詩篇 原口 統三
953 女給 細井 和喜蔵
954 女侠伝 岡本 綺堂
955 職員室 宮沢 賢治
956 職業の苦痛 若杉 鳥子
957 職業のふしぎ 宮本 百合子
958 職業婦人気質 吉行 エイスケ
959 職業婦人に生理休暇を! 自然なことを自然なように 宮本 百合子
960 職業(教訓劇) 岸田 国士
961 食指談 佐藤 垢石
962 織成 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
963 食通 太宰 治
964 食堂 森 鴎外
965 食堂 島崎 藤村
966 食道楽 冬の巻 村井 弦斎
967 食道楽 春の巻 村井 弦斎
968 食道楽 秋の巻 村井 弦斎
969 職場の歌 ——遠き地にいったるあいつにおくる—— 大江 鉄麿
970 植物医師 郷土喜劇 宮沢 賢治
971 植物一日一題 牧野 富太郎
972 植物記 牧野 富太郎
973 植物知識 牧野 富太郎
974 植物人間 蘭 郁二郎
975 食魔 岡本 かの子
976 蝕眠譜 蘭 郁二郎
977 食物として 芥川 竜之介
978 食慾 豊島 与志雄
979 食糧騒動について 与謝野 晶子
980 諸君の位置 太宰 治
981 叙景詩の発生 折口 信夫
982 処刑の話 カフカ フランツ(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
983 諸国の玩具 ——浅草奥山の草分—— 淡島 寒月
984 書斎 辻 潤
985 書斎と星 北原 白秋
986 書斎の条件 宮本 百合子
987 書斎を棄てゝ 牧野 信一
988 書斎を中心にした家 宮本 百合子
989 女子教育に就て 新渡戸 稲造
990 女子の独立自営 与謝野 晶子
991 女子文壇の人々 横瀬 夜雨
992 初秋海浜記 豊島 与志雄
993 初秋の浅間 堀 辰雄
994 初秋の一日 夏目 漱石
995 抒情詩に就て 蒲原 有明
996 敍情小曲 萩原 朔太郎
997 抒情小曲集 02 序 萩原 朔太郎
998 抒情小曲集 03 序 田辺 孝次
999 抒情小曲集 04 抒情小曲集 室生 犀星
1000 処女作前後の思ひ出 坂口 安吾
1001 処女作追懐談 夏目 漱石
1002 処女作の思い出 南部 修太郎
1003 処女作の新春 牧野 信一
1004 処女作より結婚まで 宮本 百合子
1005 「処女作」より前の処女作 宮本 百合子
1006 処女時代の追憶 断片三種 岡本 かの子
1007 書信 中原 中也
1008 女真種族の同源伝説 内藤 湖南
1009 女婿 佐々木 邦
1010 『女性』あとがき 太宰 治
1011 女性史研究の立場から 高群 逸枝
1012 女性週評 宮本 百合子
1013 女性崇拝 岡本 かの子
1014 女生徒 太宰 治
1015 女性と庭 岡本 かの子
1016 女性に薦める図書〔アンケート回答〕 坂口 安吾
1017 女性の書く本 宮本 百合子
1018 女性の教養と新聞 宮本 百合子
1019 女性の現実 宮本 百合子
1020 女性の諸問題 倉田 百三
1021 女性の生活態度 宮本 百合子
1022 女性の力 岸田 国士
1023 女性の不平とよろこび 岡本 かの子
1024 女性の歴史 文学にそって 宮本 百合子
1025 女性の歴史の七十四年 宮本 百合子
1026 女性風俗時評 岸田 国士
1027 女性へ 1 岸田 国士
1028 女性へ 2 岸田 国士
1029 書籍の風俗 恩地 孝四郎
1030 女賊記 田中 貢太郎
1031 初代桂春団治研究 正岡 容
1032 初代谷風梶之助 三木 貞一
1033 序(『乳房』) 宮本 百合子
1034 女中訓 羽仁 もと子
1035 序(『昼夜随筆』) 宮本 百合子
1036 触覚について 宮城 道雄
1037 触覚の世界 高村 光太郎
1038 食器は料理のきもの 北大路 魯山人
1039 職工と微笑 松永 延造
1040 女盗 南部 修太郎
1041 初冬の日記から 寺田 寅彦
1042 女難 国木田 独歩
1043 序に代えて 北大路 魯山人
1044 序に代えて人生観上の自然主義を論ず 島村 抱月
1045 女肉を料理する男 牧 逸馬
1046 序〔『逃げたい心』〕 坂口 安吾
1047 書について 高村 光太郎
1048 序(『日本の青春』) 宮本 百合子
1049 序(『伸子』) 宮本 百合子
1050 諸物転身の抄 宮本 百合子
1051 序文 岸田 国士
1052 序(『文学の進路』) 宮本 百合子
1053 「序文」まへがき 岸田 国士
1054 処方秘箋 泉 鏡花
1055 庶民生活 豊島 与志雄
1056 書物の倫理 三木 清
1057 書物を愛する道 柳田 国男
1058 女優 牧野 信一
1059 所有 今野 大力
1060 女優と劇作家 岸田 国士
1061 女優の親 岸田 国士
1062 女優リイヌ・ノロのこと 岸田 国士
1063 女流作家多難 創作上の諸問題 宮本 百合子
1064 女流作家として私は何を求むるか 宮本 百合子
1065 女流俳句を味読す 杉田 久女
1066 女類 太宰 治
1067 ジヨルジュ・クウルトリイヌに就いて 岸田 国士
1068 女郎買の歌 石川 啄木
1069 書狼書豚 辰野 隆
1070 書を愛して書を持たず 小川 未明
1071 白井明先生に捧ぐる言葉 坂口 安吾
1072 自来也の話 岡本 綺堂
1073 白髪小僧 杉山 萠円(著者) / 夢野 久作(著者)
1074 白菊 夢野 久作
1075 しらくちの花 長塚 節
1076 知らずや肝の美味 北大路 魯山人
1077 知らない人 太宰 治
1078 白峰山脈縦断記 小島 烏水
1079 白峰の麓 大下 藤次郎
1080 『シラノ』雑感 岸田 国士
1081 白南風 北原 白秋
1082 白南風 北原 白秋
1083 白藤 宮本 百合子
1084 白藤 ——近代説話—— 豊島 与志雄
1085 素面の管 岸田 国士
1086 芥川 竜之介
1087 虱とるひと ランボー ジャン・ニコラ・アルチュール(著者) / 上田 敏(翻訳者)
1088 白雪姫 グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 菊池 寛(翻訳者)
1089 知られざる漱石 小宮 豊隆
1090 自力更生より自然力更生へ 三沢 勝衛
1091 市立共同宿泊所 大江 鉄麿
1092 支流 斎藤 茂吉
1093 子良の昇天 宮原 晃一郎
1094 シルクハット 渡辺 温
1095 しるこ 芥川 竜之介
1096 自烈亭 牧野 信一
1097 芥川 竜之介
1098 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
1099 和辻 哲郎
1100 リルケ ライネル・マリア(著者) / 森 鴎外(翻訳者)
1101 白蟻 小栗 虫太郎
1102 白い朝 ——「正夫の童話」—— 豊島 与志雄
1103 白い影 小川 未明
1104 白い壁 本庄 陸男
1105 白い蚊帳 宮本 百合子
1106 白い雲 小川 未明
1107 白い雲 竹内 浩三
1108 白い小犬を抱いた女 田中 貢太郎
1109 白い呼吸 原 民喜
1110 白い独楽 仲村 渠
1111 白い下地 泉 鏡花
1112 白いシヤツの群 田中 貢太郎
1113 白い蝶 岡田 三郎助
1114 白い月の世界 中谷 宇吉郎
1115 白い翼 宮本 百合子
1116 白い鳥 楠山 正雄
1117 白い花 種田 山頭火
1118 白い花赤い茎 田中 貢太郎
1119 白い光と上野の鐘 沼田 一雅
1120 「白い蛇、赤い蛇」 岸田 国士
1121 白い魔の手 長沢 佑
1122 白い路 種田 山頭火
1123 白い道 徳永 直
1124 白い雌鷄の行方 水野 仙子
1125 白い門のある家 小川 未明
1126 『素人演劇運動の理念と方策』の序 岸田 国士
1127 『素人演劇講座』の序 岸田 国士
1128 四郎と口笛 牧野 信一
1129 素人製陶本窯を築くべからず ——製陶上についてかつて前山久吉さんを激怒せしめた私のあやまち—— 北大路 魯山人
1130 白馬岳 木暮 理太郎
1131 次郎物語 01 第一部 下村 湖人
1132 次郎物語 02 第二部 下村 湖人
1133 次郎物語 03 第三部 下村 湖人
1134 次郎物語 04 第四部 下村 湖人
1135 次郎物語 05 第五部 下村 湖人
1136 白瓜と青瓜 長塚 節
1137 白蛾 ——近代説話—— 豊島 与志雄
1138 白金之絵図 泉 鏡花
1139 白銀の失踪 ドイル アーサー・コナン(著者) / 三上 於菟吉(翻訳者)
1140 治郎吉格子 吉川 英治
1141 しろくまの 子 小川 未明
1142 白くれない 夢野 久作
1143 シロ・クロ物語 豊島 与志雄
1144 白すみれとしいの木 小川 未明
1145 白椿 海若 藍平(著者) / 夢野 久作(著者)
1146 白っぽい洋服 田中 貢太郎
1147 城のある町にて 梶井 基次郎
1148 城の石垣 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
1149 白花の朝顔 泉 鏡花
1150 白蛇の死 海野 十三
1151 白ホテル 桜間 中庸
1152 白甜瓜 長塚 節
1153 城山城趾にて 桜間 中庸
1154 城山のことなど 桜間 中庸
1155 ジロリの女 坂口 安吾
1156 詩論 中原 中也
1157 史論の流行 津田 左右吉
1158 吝嗇家 三遊亭 円朝
1159 塵埃、空、花 宮本 百合子
1160 塵埃と光 寺田 寅彦
1161 新アラビヤ夜話 序 佐藤 緑葉
1162 新案探偵法 小酒井 不木
1163 新女大学 福沢 諭吉
1164 人外魔境 01 有尾人 小栗 虫太郎
1165 人外魔境 03 天母峰 小栗 虫太郎
1166 人外魔境 05 水棲人 小栗 虫太郎
1167 人外魔境 08 遊魂境 小栗 虫太郎
1168 人外魔境 10 地軸二万哩 小栗 虫太郎
1169 進化学より見たる哲学 加藤 弘之
1170 人格の養成 新渡戸 稲造
1171 人格を認知せざる国民 新渡戸 稲造
1172 新学期行進曲 海野 十三
1173 新カナヅカヒの問題 坂口 安吾
1174 心眼 三遊亭 円朝
1175 新感覚派とコンミニズム文学 横光 利一
1176 新感覚論 感覚活動と感覚的作物に対する非難への逆説 横光 利一
1177 新官制擬定書 慶応三年十月十六日 坂本 竜馬
1178 心願の国 原 民喜
1179 真鬼偽鬼 岡本 綺堂
1180 心悸亢進が回復す 牧野 信一
1181 真吉とお母さん 小川 未明
1182 信義について 宮本 百合子
1183 信疑の魔女 今野 大力
1184 心機妙変を論ず 北村 透谷
1185 新協劇団を観る 岸田 国士
1186 新疆所感 日野 強
1187 神曲 01 地獄 ダンテ アリギエリ(著者) / 山川 丙三郎(翻訳者)
1188 神曲 02 浄火 ダンテ アリギエリ(著者) / 山川 丙三郎(翻訳者)
1189 神曲 03 天堂 ダンテ アリギエリ(著者) / 山川 丙三郎(翻訳者)
1190 蜃気楼 芥川 竜之介
1191 「親近」と「拒絶」 梶井 基次郎
1192 神経 織田 作之助
1193 真景累ヶ淵 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
1194 神経質に対する余の特殊療法 森田 正馬
1195 神経衰弱的野球美学論 坂口 安吾
1196 新劇運動の一考察 岸田 国士
1197 新劇運動の二つの道 岸田 国士
1198 新劇界の昨今 岸田 国士
1199 新劇界の分野 岸田 国士
1200 新劇協会公演に先だつて 岸田 国士
1201 新劇協会の更生について 岸田 国士
1202 新劇協会の舞台稽古 岸田 国士
1203 新劇倶楽部創立に際して 岸田 国士
1204 新劇雑誌 岸田 国士
1205 新劇自活の道 岸田 国士
1206 新劇衰微の兆 天才俳優出でよ 岸田 国士
1207 新劇と娘今日子 岸田 国士
1208 新劇の行くべき途 岸田 国士
1209 新劇の殻 岸田 国士
1210 新劇の観客諸君へ 岸田 国士
1211 新劇の危機 岸田 国士
1212 新劇の自活 岸田 国士
1213 新劇の始末 岸田 国士
1214 新劇の大衆化 岸田 国士
1215 新劇のために 岸田 国士
1216 新劇の拓く道 岸田 国士
1217 新劇の分類 岸田 国士
1218 新劇の黎明 岸田 国士
1219 新劇復興の兆 岸田 国士
1220 新憲法に関する演説草稿 幣原 喜重郎
1221 信仰個条なかるべからず 山路 愛山
1222 新興芸術派に就ての雑談 牧野 信一
1223 人工心臓 小酒井 不木
1224 人工天国 J.G.F.に ボードレール シャルル・ピエール(著者) / 富永 太郎(翻訳者)
1225 人口論 00 訳序/凡例/解説/序言/前書 マルサス トマス・ロバート(著者) / 吉田 秀夫(翻訳者)
1226 人口論 01 第一篇 世界の未開国及び過去の時代における人口に対する妨げについて マルサス トマス・ロバート(著者) / 吉田 秀夫(翻訳者)
1227 人口論 02 第二篇 近代ヨオロッパ諸国における人口に対する妨げについて マルサス トマス・ロバート(著者) / 吉田 秀夫(翻訳者)
1228 人口論 03 第三篇 人口原理より生ずる害悪を除去する目的をもってかつて社会に提案または実施された種々の制度または方策について マルサス トマス・ロバート(著者) / 吉田 秀夫(翻訳者)
1229 深呼吸 新美 南吉
1230 新国劇の「屋上庭園」を観て 岸田 国士
1231 新古細句銀座通 岸田 劉生
1232 新婚旅行 正宗 白鳥
1233 震災日記より 寺田 寅彦
1234 新西遊記 久生 十蘭
1235 神鑿 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
1236 新作いろは加留多 坂口 安吾
1237 深山の秋 小川 未明
1238 秦始皇帝 桑原 隲蔵
1239 新時代女性問答 岡本 かの子
1240 新時代の「童話」 豊島 与志雄
1241 真実 北原 白秋
1242 晋室の南渡と南方の開発 桑原 隲蔵
1243 新詩発生時代の思ひ出 土井 晩翠
1244 ジンジャー&ピクルスのはなし ポター ビアトリクス(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
1245 新釈諸国噺 太宰 治
1246 神社合祀に関する意見 南方 熊楠
1247 真珠 坂口 安吾
1248 心中 森 鴎外
1249 神州纐纈城 国枝 史郎
1250 心中浪華の春雨 岡本 綺堂
1251 真珠抄 北原 白秋
1252 新種族ノラ 吉行 エイスケ
1253 真珠塔の秘密 甲賀 三郎
1254 真珠の首飾り ——クリスマスの物語—— レスコーフ ニコライ・セミョーノヴィチ(著者) / 神西 清(翻訳者)
1255 新樹の言葉 太宰 治
1256 真珠夫人 菊池 寛
1257 真珠夫人 菊池 寛
1258 新春偶語 寺田 寅彦
1259 新春・日本の空を飛ぶ 坂口 安吾
1260 新頌 北原 白秋
1261 新頌 北原 白秋
1262 尋常一様 北大路 魯山人
1263 心象風景 牧野 信一
1264 心象風景(続篇) 牧野 信一
1265 新女性のルポルタージュより 宮本 百合子
1266 新書太閤記 01 第一分冊 吉川 英治
1267 新書太閤記 02 第二分冊 吉川 英治
1268 新書太閤記 03 第三分冊 吉川 英治
1269 新書太閤記 04 第四分冊 吉川 英治
1270 新書太閤記 05 第五分冊 吉川 英治
1271 新書太閤記 06 第六分冊 吉川 英治
1272 新書太閤記 07 第七分冊 吉川 英治
1273 新書太閤記 08 第八分冊 吉川 英治
1274 新書太閤記 09 第九分冊 吉川 英治
1275 新書太閤記 10 第十分冊 吉川 英治
1276 新書太閤記 11 第十一分冊 吉川 英治
1277 新人紹介 堀 辰雄
1278 新人の諸作一括 平林 初之輔
1279 新人へ 坂口 安吾
1280 『新新訳源氏物語』あとがき 与謝野 晶子
1281 人生 竹内 浩三
1282 新生 島崎 藤村
1283 人生 夏目 漱石
1284 人生案内 坂口 安吾
1285 新世紀への伴奏 今野 大力
1286 人生終に奈何 高山 樗牛
1287 人生に相渉るとは何の謂ぞ 北村 透谷
1288 人生における離合について 倉田 百三
1289 人生の意義 北村 透谷
1290 人生の共感 求められる文学について 宮本 百合子
1291 人生のテーマ 宮本 百合子
1292 人生の風情 宮本 百合子
1293 新生の門 ——栃木の女囚刑務所を訪ねて 林 芙美子
1294 人生の楽事 福沢 諭吉
1295 新政府綱領八策 慶応三年十一月 坂本 竜馬
1296 人生・文章習練の書 恩地 孝四郎
1297 人生三つの愉しみ 坂口 安吾
1298 人生論ノート 三木 清
1299 人生を愛しましょう 宮本 百合子
1300 新世界の富 宮本 百合子
1301 新撰組 服部 之総
1302 新撰劇作叢書刊行について 岸田 国士
1303 神仙河野久 田中 貢太郎
1304 新鮮な魅力 ——「仏蘭西文学賞叢書」推薦の辞—— 岸田 国士
1305 真相かくの如し 坂口 安吾
1306 心臓盗難 烏啼天駆シリーズ・2 海野 十三
1307 人造人間 平林 初之輔
1308 人造人間エフ氏 海野 十三
1309 人造人間事件 海野 十三
1310 人造人間戦車の機密 ——金博士シリーズ・2—— 海野 十三
1311 人造人間の秘密 海野 十三
1312 人造物語 海野 十三
1313 人体解剖を看るの記 海野 十三
1314 身体検査 ソログープ フョードル(著者) / 米川 正夫(翻訳者)
1315 身体検査日 倉橋 潤一郎
1316 神代史の研究法 津田 左右吉
1317 死んだ妹に寄せて 今野 大力
1318 死んだ魂 ゴールドマン エマ(著者) / 伊藤 野枝(翻訳者)
1319 死んだ千鳥 吉川 英治
1320 新短歌に就いて 中原 中也
1321 新秩序の創造 評論の評論 大杉 栄
1322 新茶 岡本 かの子
1323 新茶のかおり 田山 花袋
1324 陣中日誌(遺稿) 附・戦線便り 山中 貞雄
1325 沈丁花 宮本 百合子
1326 『新潮』十月新人号小説評 梶井 基次郎
1327 新築地劇団に望む 岸田 国士
1328 新築地に与へて 岸田 国士
1329 新訂雲母阪 直木 三十五
1330 死んでいた狒狒 田中 貢太郎
1331 シンデレラ 水谷 まさる
1332 シンデレラ —ガラスのくつのものがたり— ラング アンドルー(著者) / 大久保 ゆう(翻訳者)
1333 新独逸語文法教程解説 関口 存男
1334 神童 マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
1335 神童でなかつたラムボオの詩 ——中原中也訳『学校時代の詩』に就て—— 坂口 安吾
1336 神道に現れた民族論理 折口 信夫
1337 神道の新しい方向 折口 信夫
1338 神童の死 北原 白秋
1339 神道の史的価値 折口 信夫
1340 人道の正体 丘 浅次郎
1341 振動魔 海野 十三
1342 新童話論 小川 未明
1343 身毒丸 折口 信夫
1344 新日本の進路 石原莞爾将軍の遺書 石原 莞爾
1345 「新日本文学全集第三集・岸田國士集」あとがき 岸田 国士
1346 新日本文学の端緒 宮本 百合子
1347 新入生 宮本 百合子
1348 真如 萩原 朔太郎
1349 新年狂想曲 岸田 国士
1350 新年号の『文学評論』その他 宮本 百合子
1351 新年雑俎 寺田 寅彦
1352 真の愛国心 新渡戸 稲造
1353 秦の出発 豊島 与志雄
1354 秦の憂愁 豊島 与志雄
1355 神馬 横光 利一
1356 心配 宮本 百合子
1357 しんばい 村山 籌子
1358 心配な写真 牧野 信一
1359 しんぱくの話 小川 未明
1360 新派劇と新派俳優 岸田 国士
1361 新橋 北原 白秋
1362 震は亨る 幸田 露伴
1363 新ハムレット 太宰 治
1364 審判 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
1365 新版 放浪記 林 芙美子
1366 神秘昆虫館 国枝 史郎
1367 神秘的半獣主義 岩野 泡鳴
1368 新婦人協会の請願運動 与謝野 晶子
1369 人物に就いて 太宰 治
1370 人物埴輪の眼 和辻 哲郎
1371 新文化建設の方向 岸田 国士
1372 新聞小説 岸田 国士
1373 新聞小説とは 岸田 国士
1374 身辺打明けの記 宮本 百合子
1375 身辺雑記 尾形 亀之助
1376 真坊と和尚さま 小川 未明
1377 人民詩人への戯詩 槙村 浩
1378 人民戦線への一歩 宮本 百合子
1379 人民のために捧げられた生涯 宮本 百合子
1380 新武蔵野の桜 大町 桂月
1381 人面凝視 今野 大力
1382 人面瘡物語 田中 貢太郎
1383 『新訳源氏物語』初版の序 森 鴎外(著者) / 森 林太郎(著者)
1384 『新訳源氏物語』初版の序 上田 敏
1385 深夜の客 大倉 燁子
1386 深夜の市長 海野 十三
1387 深夜の電話 小酒井 不木
1388 深夜の峠にて 中原 中也
1389 深夜の道士 富永 太郎
1390 深夜は睡るに限ること 坂口 安吾
1391 親友交歓 太宰 治
1392 深憂大患 竹越 三叉
1393 申陽洞記 田中 貢太郎
1394 親鸞 三木 清
1395 親鸞聖人について 吉川 英治
1396 親鸞の水脈 吉川 英治
1397 心理学 矢田部 達郎
1398 心理試験 江戸川 乱歩
1399 「心理試験」序 小酒井 不木
1400 『心理試験』を読む 平林 初之輔
1401 心理的と個性的 中原 中也
1402 心理の洞察 ——政治に求めるもの—— 岸田 国士
1403 新緑 宮本 百合子
1404 新緑の庭 芥川 竜之介
1405 真理を求めて ——平和祭に寄す 中井 正一
1406 森林と樹木と動物 本多 静六
1407 人類の誇大狂 丘 浅次郎
1408 人類の将来 丘 浅次郎
1409 人類の生存競争 丘 浅次郎
1410 心霊研究会の怪 海野 十三
1411 心霊殺人事件 坂口 安吾
1412 心霊の抱く金塊 大倉 燁子
1413 塵労 芥川 竜之介
1414 新郎 太宰 治
1415 人狼 岡本 綺堂
1416 神鷺之巻 泉 鏡花
1417 神話と青春との復活 豊島 与志雄
1418 神話と地球物理学 寺田 寅彦