1 泣いてゐるお猫さん 村山 籌子
2 内部生命論 北村 透谷
3 菜穂子 堀 辰雄
4 永井荷風 佐藤 春夫
5 長い名 楠山 正雄
6 ながうた勧進帳 (稽古屋殺人事件) 酒井 嘉七
7 長岡と寺田 中谷 宇吉郎
8 那珂川の鱸釣り 佐藤 垢石
9 長靴 槙村 浩
10 長ぐつの話 小川 未明
11 長崎 芥川 竜之介
12 長崎小品 芥川 竜之介
13 長崎の一瞥 宮本 百合子
14 長崎の印象 (この一篇をN氏、A氏におくる) 宮本 百合子
15 長崎の鐘 原 民喜
16 長崎の鐘 永井 隆
17 長崎の電話 田中 貢太郎
18 長崎留学 中谷 宇吉郎
19 中里介山の『大菩薩峠』 三田村 鳶魚
20 なかじきり 森 鴎外
21 長篠合戦 菊池 寛
22 長島の死 坂口 安吾
23 長島の死 坂口 安吾
24 那珂先生を憶う 桑原 隲蔵
25 長塚節歌集 1 上 長塚 節
26 長塚節歌集 2 中 長塚 節
27 長塚節歌集 3 下 長塚 節
28 長塚節句集 長塚 節
29 長塚節氏の小説「土」 夏目 漱石
30 中津留別の書 福沢 諭吉
31 仲々死なぬ彼奴 海野 十三
32 中西氏に答う 平林 初之輔
33 中野あるき 大町 桂月
34 中野重治氏に答ふ 岸田 国士
35 仲のわるい姉妹 野口 雨情
36 長彦と丸彦 豊島 与志雄
37 中味と形式 夏目 漱石
38 中村・阪中二君のこと 岸田 国士
39 中村地平著「長耳国漂流記」 坂口 安吾
40 中村彝氏の追憶 寺田 寅彦
41 中村仲蔵 山中 貞雄
42 中村伸郎 ——文学座のアルバム—— 岸田 国士
43 仲よしがけんかした話 小川 未明
44 〔ながれたり〕 宮沢 賢治
45 ナガレボシ 新美 南吉
46 流れ行く歴史の動力 津田 左右吉
47 室生 犀星
48 牧野 信一
49 原 民喜
50 山村 暮鳥
51 泣きながら眠った子 今野 大力
52 泣虫小僧 林 芙美子
53 泣き虫の小ぐまさん 村山 籌子
54 泣き笑ひ 牧野 信一
55 NAKIWARAI を読む 石川 啄木
56 泣きんぼうの話 小川 未明
57 “慰みの文学” 宮本 百合子
58 なくなった人形 小川 未明
59 なぐり合い マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
60 殴る 小熊 秀雄
61 嘆きの孔雀 牧野 信一
62 嘆きの谷で拾つた懐疑の花びら 牧野 信一
63 泣けよ恋人 ダンテ アリギエリ(著者) / 上田 敏(翻訳者)
64 名古屋スケッチ 小酒井 不木
65 名古屋の小酒井不木氏 国枝 史郎
66 梨の実 小山内 薫
67 那須、尾瀬、赤城、志賀高原 木暮 理太郎
68 茄子畑 片山 広子
69 なぜ作陶を志したか 北大路 魯山人
70 なぜソヴェト同盟に失業がないか? 宮本 百合子
71 なぜ、それはそうであったか 歴史・伝記について 宮本 百合子
72 謎の女 平林 初之輔
73 謎の咬傷 小酒井 不木
74 謎の街 松本 泰
75 ナチスの暴虐への抗議に関して 宮本 百合子
76 宮本 百合子
77 北原 白秋
78 寺田 寅彦
79 懐かし味気なし 五年振で見る故国の芝居 岸田 国士
80 なつかしい仲間 宮本 百合子
81 なつかしき挿話 牧野 信一
82 夏蚕時 金田 千鶴
83 夏ちかきころ 牧野 信一
84 納豆合戦 菊池 寛
85 納豆の茶漬け 北大路 魯山人
86 夏遠き山 宮本 百合子
87 夏と魚 佐藤 惣之助
88 夏と少年の短篇 片岡 義男
89 夏と人形 ——南国便り—— 坂口 安吾
90 夏と悲運 中原 中也
91 夏と私 中原 中也
92 夏の女 長谷川 時雨
93 夏の小半日 寺田 寅彦
94 夏の月 川端 茅舎
95 夏の手紙 立原道造に 堀 辰雄
96 夏の花 原 民喜
97 夏の花 原 民喜
98 夏の晩方あった話 小川 未明
99 夏の日のちぎれ雲 原 民喜
100 夏の町 永井 荷風
101 夏の夜 長谷川 時雨
102 夏の夜の音 正岡 子規
103 夏の夜の博覧会は、かなしからずや 中原 中也
104 夏の夜の冒険 平林 初之輔
105 夏の夜の夢 岡本 かの子
106 夏は青い空に…… 中原 中也
107 夏帽子 萩原 朔太郎
108 夏向きの一夜 山之口 貘
109 夏虫行燈 吉川 英治
110 夏目先生と滝田さん 芥川 竜之介
111 夏目先生の追憶 和辻 哲郎
112 夏目先生の俳句と漢詩 寺田 寅彦
113 夏目漱石先生の追憶 寺田 寅彦
114 夏目漱石論 森 鴎外
115 撫でられた象 中原 中也
116 七階の運動 横光 利一
117 七階の住人 宮本 百合子
118 奈々子 伊藤 左千夫
119 奈々子 伊藤 左千夫
120 七重文化の都市 野上 豊一郎
121 名なし指物語 新美 南吉
122 (七銭でバットを買つて) 中原 中也
123 何がお好き? 宮本 百合子
124 仲村 渠
125 なにか知らねど 萩原 朔太郎
126 何故の出兵か 与謝野 晶子
127 何を作品に求むべきか 小川 未明
128 菜の花 長塚 節
129 菜の花 小島 烏水
130 菜の花 ——春の新七草の賦のその一ツ—— 長谷川 時雨
131 菜の花月夜 片岡 鉄兵
132 菜の花は赤い 岸田 国士
133 菜の花物語 児玉 花外
134 鍋島甲斐守 吉川 英治
135 〔なべてはしけく よそほひて〕 宮沢 賢治
136 鍋料理の話 北大路 魯山人
137 ナポレオンと田虫 横光 利一
138 ナポレオンの遺書 豊島 与志雄
139 名前の話 萩原 朔太郎
140 なまけ者と雨 若山 牧水
141 怠惰屋の弟子入り 国木田 独歩
142 佐藤 垢石
143 生爪を剥ぐ 葉山 嘉樹
144 〔鉛のいろの冬海の〕 宮沢 賢治
145 鉛をかじる虫 寺田 寅彦
146 石川 三四郎
147 波荒くとも 小川 未明
148 並木 島崎 藤村
149 波子 坂口 安吾
150 涙のアリバイ ——手先表情映画—— 夢野 久作
151 波とかもめ 桜間 中庸
152 波の如く去来す 小川 未明
153 波の戯れ 牧野 信一
154 波乗りの島 片岡 義男
155 なめとこ山の熊 宮沢 賢治
156 滑川畔にて 嘉村 礒多
157 名もなき草 小川 未明
158 悩みと死の微笑 岸田 国士
159 悩みのひととき マン パウル・トーマス(著者) / 実吉 捷郎(翻訳者)
160 なよたけ 加藤 道夫
161 「なよたけ」の解釈 折口 信夫
162 寧楽 内藤 湖南
163 楢重雑筆 小出 楢重
164 「奈良」に遊びて 宮本 百合子
165 奈良二題 野上 豊一郎
166 楢ノ木大学士の野宿 宮沢 賢治
167 楢ノ木大学士の野宿 宮沢 賢治
168 楢の若葉 佐藤 垢石
169 伝不習乎 北大路 魯山人
170 なりひら小僧 山中 貞雄
171 業平文治漂流奇談 三遊亭 円朝(著者) / 鈴木 行三(校訂者)
172 ナリン殿下への回想 橘 外男
173 鳴門秘帖 01 上方の巻 吉川 英治
174 鳴門秘帖 02 江戸の巻 吉川 英治
175 鳴門秘帖 03 木曾の巻 吉川 英治
176 鳴門秘帖 04 船路の巻 吉川 英治
177 鳴門秘帖 05 剣山の巻 吉川 英治
178 鳴門秘帖 06 鳴門の巻 吉川 英治
179 南画を描く話 中谷 宇吉郎
180 南極の怪事 押川 春浪
181 南極・北極・熱帯の雪 中谷 宇吉郎
182 南京陥落の日に 萩原 朔太郎
183 南京の基督 芥川 竜之介
184 南京虫殺人事件 坂口 安吾
185 南京虫日記 斎藤 茂吉
186 楠公夫人 上村 松園
187 南国太平記 直木 三十五
188 汝自身を知れ ベルンにて 辰野 隆
189 南洲手抄言志録 01 詠詩 勝 海舟
190 南洲手抄言志録 02 南洲言志録手抄序 秋月 種樹
191 南洲手抄言志録 03 南洲手抄言志録 秋月 種樹(著者) / 佐藤 一斎(著者) / 西郷 隆盛(編者) / 山田 済斎(翻訳者)
192 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝 山田 済斎
193 南洲手抄言志録 05 秋月古香略伝 山田 済斎
194 南洲留魂祠 大町 桂月
195 難船 原 民喜
196 ナンセンス 夢野 久作
197 南窗集 三好 達治
198 南地心中 泉 鏡花
199 南島譚 01 幸福 中島 敦
200 南島譚 02 夫婦 中島 敦
201 南島譚 03 雞 中島 敦
202 なんとかせねばならぬ 岸田 国士
203 南蛮寺門前 木下 杢太郎
204 南蛮秘話森右近丸 国枝 史郎
205 南風譜 牧野 信一
206 南風譜 ——牧野信一へ—— 坂口 安吾
207 南風譜・梗概 牧野 信一
208 南方 田畑 修一郎
209 『南方絵筆紀行』の序 岸田 国士
210 南方郵信 中村 地平
211 南北 横光 利一
212 南北アルプス通説 木暮 理太郎
213 南北の東海道四谷怪談 田中 貢太郎
214 南洋館 与謝野 寛
215 南予枇杷行 河東 碧梧桐
216 南路 宮本 百合子