1 新美 南吉
2 平安朝時代の漢文学 内藤 湖南
3 兵営と文学 岸田 国士
4 兵営の桜 竹内 浩三
5 平家蟹 岡本 綺堂
6 「平家物語」ぬきほ(言文一致訳) 作者不詳 (著者) / 宮本 百合子(翻訳者)
7 閉戸閑詠 河上 肇
8 米国巡回文庫起源及び発達 佐野 友三郎
9 米国の松王劇 岡本 綺堂
10 平次と生きた二十七年 野村 胡堂
11 兵士と女優 渡辺 温(著者) / ワタナベ オン(著者)
12 兵士の綱 今野 大力
13 平次放談 野村 胡堂
14 Hasty Pudding 牧野 信一
15 平造とお鶴 岡本 綺堂
16 幣束から旗さし物へ 折口 信夫
17 兵隊さん 槙本 楠郎
18 兵隊の死 渡辺 温
19 兵隊の宿 上司 小剣
20 平坦ならぬ道 国民文学にふれて 宮本 百合子
21 兵馬倥偬の人 塚原 渋柿園(著者) / 塚原 蓼洲(著者)
22 平凡 二葉亭 四迷
23 平凡な女 林 芙美子
24 平馬と鶯 林 不忘
25 平民道 新渡戸 稲造
26 平民の娘 三島 霜川
27 平和運動と文学者 一九四八年十二月二十五日、新日本文学会主催「文芸講演会」における講演 宮本 百合子
28 平和の願いは厳粛である 宮本 百合子
29 「平和」発行之辞 北村 透谷
30 平和への意志 原 民喜
31 平和への荷役 宮本 百合子
32 平和を保つため 宮本 百合子
33 平和をわれらに 宮本 百合子
34 ベーシック英語 高田 力
35 ベースボール 正岡 子規
36 ペーチャの話 宮本 百合子
37 ベートーヴェンの生涯 01 凡例 片山 敏彦
38 ベートーヴェンの生涯 02 ベートーヴェンの生涯 ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
39 ベートーヴェンの生涯 03 ハイリゲンシュタットの遺書 ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン(著者) / ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
40 ベートーヴェンの生涯 04 ベートーヴェンの手紙 ヴェーゲラー フランツ・ゲルハルト(著者) / ブロイニング エレオノーレ・フォン(著者) / ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン(著者) / ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
41 ベートーヴェンの生涯 05 ベートーヴェンの思想断片 ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
42 ベートーヴェンの生涯 06 付録 ベートーヴェンへの感謝 ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
43 ベートーヴェンの生涯 07 ベートーヴェンの『手記』より(訳者抄) ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
44 ベートーヴェンの生涯 08 文献 ロラン ロマン(著者) / 片山 敏彦(翻訳者)
45 ベートーヴェンの生涯 09 訳者解説 片山 敏彦
46 ベエトォフェンの面 和辻 哲郎
47 〔ペーブメントからアスフアルトへ〕 桜間 中庸
48 碧眼托鉢 ——馬をさへ眺むる雪の朝かな—— 太宰 治
49 碧玉の環飾 田中 貢太郎
50 僻見 芥川 竜之介
51 碧蹄館の戦 菊池 寛
52 日置流系図 国枝 史郎
53 北京・青島・村落 豊島 与志雄
54 北京と巴里(覚書) 横光 利一
55 北京日記抄 芥川 竜之介
56 北京の生活 長谷川 時雨
57 仲村 渠
58 ペスをさがしに 小川 未明
59 下手の横好き —将棋いろいろ— 南部 修太郎
60 「別居」について 伊藤 野枝
61 別後 野口 雨情
62 ベツコウ蜂 牧野 信一
63 べつ甲蜂 横瀬 夜雨
64 別離 中原 中也
65 紅色ダイヤ 小酒井 不木
66 紅すずめ 小川 未明
67 森 鴎外
68 蛇苺 萩原 朔太郎
69 蛇いちご 宮原 晃一郎
70 蛇くひ 泉 鏡花(著者) / 泉 鏡太郎(著者)
71 蛇つかひ 鈴木 三重吉
72 蛇と蛙 土原 耕作(著者) / 夢野 久作(著者)
73 蛇の花嫁 大手 拓次
74 部屋 宮本 百合子
75 ヘヤーピン一本 豊島 与志雄
76 部屋の中 尾形 亀之助
77 室の中を歩く石 田中 貢太郎
78 ベリンスキーの眼力 宮本 百合子
79 ペルリ行 牧野 信一
80 ベルリン大学 寺田 寅彦
81 伯林の落葉 岡本 かの子
82 べんがら炬燵 吉川 英治
83 偏狂 萩原 朔太郎
84 勉強記 坂口 安吾
85 ペンクラブのパリ大会 議題の抜粋についての感想 宮本 百合子
86 変災序記 田中 貢太郎
87 返事 岸田 国士
88 返事 太宰 治
89 編輯後記(昭和二年一月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
90 編輯後記(大正十五年九月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
91 編輯後記(大正十五年三月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
92 編輯後記(大正十五年四月号) 『青空』記事 梶井 基次郎
93 編輯雑感 喜田 貞吉
94 〔編輯雑記〕 牧野 信一
95 編輯室より (一九一三年七月号) 伊藤 野枝
96 編輯室より (一九一三年六月号) 伊藤 野枝
97 編輯室より (一九一五年一月号) 伊藤 野枝
98 編輯室より (一九一五年七月号) 伊藤 野枝
99 編輯室より (一九一五年三月号) 伊藤 野枝
100 編輯室より (一九一五年二月号) 伊藤 野枝
101 編輯室より (一九一五年五月号) 伊藤 野枝
102 編輯室より (一九一五年六月号) 伊藤 野枝
103 編輯室より (一九一五年四月号) 伊藤 野枝
104 編輯室より (一九一六年一月号) 伊藤 野枝
105 編輯室より (一九一六年二月号) 伊藤 野枝
106 編輯室より (一九一四年一一月号) 伊藤 野枝
107 編輯室より (一九一四年一二月号) 伊藤 野枝
108 編輯室より (一九一四年一月号) 伊藤 野枝
109 編輯室より (一九一四年三月号) 伊藤 野枝
110 編輯だより (一九一五年九月号) 伊藤 野枝
111 編輯当番より 岸田 国士
112 〔編輯余話〕 牧野 信一
113 変身 カフカ フランツ(著者) / 原田 義人(翻訳者)
114 片信 有島 武郎
115 ヘンゼルとグレーテル グリム ヴィルヘルム・カール(著者) / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール(著者) / 楠山 正雄(翻訳者)
116 変遷その他 芥川 竜之介
117 変装綺譚 牧野 信一
118 鞭撻 牧野 信一
119 ペンとインキ 土原 耕作(著者) / 夢野 久作(著者)
120 変なあたま 最近の心境を語る 辻 潤
121 変な音 夏目 漱石
122 変な音 夏目 漱石
123 変な男 豊島 与志雄
124 変な恋 小酒井 不木
125 ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記 宮沢 賢治
126 ペンネンノルデはいまはいないよ 太陽にできた黒い棘をとりに行ったよ 宮沢 賢治
127 翩翩 蒲 松齢(著者) / 田中 貢太郎(翻訳者)
128 逸見猶吉詩集 逸見 猶吉
129 遍歴 原 民喜
130 遍路 斎藤 茂吉
131 遍路 斎藤 茂吉
132 遍路の正月 種田 山頭火